印刷専用ページへ

診療科・部門

診療科・部門

外来診療のご案内へ

呼吸器内科

コロナ病床確保のため、新規患者の受け入れ制限をしています
当院は、千葉県の病床確保計画に従い、新型コロナウイルス感染症の病床を確保するため、現在、呼吸器内科をはじめ、複数の診療科で新規患者さんの受け入れを制限しています。
患者様ならびに医療機関の皆様には、ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

診療体制

写真:鈴木拓児
鈴木 拓児 科長(教授)

常に先進かつ最良と考えられる呼吸器領域の医療を提供します

近年増加傾向にある呼吸器内科領域の外来及び入院診療を幅広く行っています。特に診断・治療の難しい肺線維症・サルコイドーシス・過敏性肺炎をはじめとする間質性肺炎、肺循環障害(肺血栓塞栓症、肺高血圧症)、肺癌、難治性気管支喘息や慢性閉塞性肺疾患(COPD)、睡眠時無呼吸症候群などの症例については、適切かつ迅速に解決の路を示せるよう専門外来を設けて対応させていただいております。また、肺移植適応の検討や移植後の全身管理へも対応しております。
先端分野の臨床と研究の実践、医師をはじめとする医療人の臨床教育、受診される患者様にとって安心できる呼吸器領域の医療の提供を心がけています。

主な対象疾患と診療内容

写真:カンファレンスの様子

肺炎などの肺感染症、気管支喘息などのアレルギー免疫疾患、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、慢性呼吸不全、肺線維症・過敏性肺炎などの間質性肺炎、肺高血圧症などの肺循環障害を来す疾患、睡眠時無呼吸症候群、肺がんを中心とした呼吸器悪性腫瘍。
現時点での医療では完治は望めない疾患は多いのですが、専門家として可能なかぎり解決の路を示すように努力しております。

主な対象疾患 診療内容
肺がん 画像診断、気管支鏡による確定診断、化学療法・放射線療法、中枢気道狭窄に対するステント留置など
肺高血圧症 急性/慢性肺血栓塞栓症の診断および治療、肺高血圧症の診断および肺血管拡張療法を主体とした内科的治療、慢性血栓塞栓性肺高血圧症のカテーテル治療(バルーン肺動脈形成術)施行、外科的治療(肺動脈内膜摘除術)の適応決定、肺動静脈奇形のコイル塞栓術など
睡眠時無呼吸症候群 診断と治療(CPAP治療、マウスピース作成など)
慢性閉塞性肺疾患 診断と呼吸リハビリテーションを含めた包括的内科治療
気管支喘息 ガイドラインに基づいた内科的治療、気管支温熱療法(サーモプラスティ)
間質性肺炎 気管支鏡などを用いた診断と内科的治療
難治性呼吸器疾患 肺移植適応評価、肺移植後の全身管理

診療・研究内容

分野 内容
間質性肺炎
(専門外来:月曜・水曜・木曜)
間質性肺炎は難治性の病気ですが、当院では通常の治療に加えて、新しい治療法の開発やバイオマーカーの研究にも積極的に取り組んでいます。
肺移植外来
(金曜日11時~)
千葉大学では、呼吸器外科吉野一郎教授、肺移植チームのもとで脳死肺移植・生体肺移植医療を提供しております。肺移植適応評価の窓口は、呼吸器内科外来が担当しております(毎週金曜11時~ 肺移植外来)。
受診後に肺移植適応の可能性が考慮される患者様には、原則として2週間程度入院いただき適応評価をしております(2021年4月現在:肺移植10名、肺移植待機14名(手続き中2名含む)、評価検討中6名)。
移植後の全身管理については呼吸器外科と連携して診療しております。
また、他施設にて肺移植された患者様の全身管理も移植施設と連携して担当しております。
【肺移植の適応となる対象は?】
60歳未満で、最大限の内科的治療にもかかわらず進行性の経過を呈する場合に適応が考慮されます。肺移植を考えるべきタイミングは、個々の病状経過などをふまえた判断を要しますので、上記を満たす場合には当科へお尋ねください。対象疾患は、主に以下のような疾患となります。
  • 原発性肺高血圧症(特発性肺動脈性肺高血圧)
  • 特発性肺線維症(特発性間質性肺炎)
  • 肺気腫
  • 気管支拡張症
  • 肺サルコイドーシス
  • 肺リンパ脈管筋腫症
  • アイゼンメンジャー症候群
  • その他の間質性肺炎
  • 閉塞性細気管支炎
  • 肺好酸菌性肉芽腫症
  • びまん性汎細気管支炎
  • 慢性血栓塞栓性肺高血圧症
  • 多発性肺動静脈瘻
  • α1アンチトリプシン欠損型肺気腫
  • 嚢胞性肺線維症
  • じん肺
  • その他、日本肺・心肺移植関連学会協議会で承認する進行性肺疾患
肺高血圧症
(専門外来:月曜・火曜・水曜・木曜)
320列CTを用いた画像診断、換気血流シンチグラフィー、心臓超音波検査、右心カテーテル検査を含めた病態診断に基づき治療を行なっています。原因不明の息切れ、心不全と考えられた症例の中に、肺高血圧症が含まれていますので、できるだけ早期からの紹介をお願いします。
2016年10月からには肺高血圧症センターを開設し、多くの診療科と連携しながら包括的肺高血圧症医療チームを目指して取り組んでおります。
慢性血栓塞栓性肺高血圧症に血栓内膜摘除術が可能な施設です。
肺高血圧症センター
COPD/気管支喘息
(専門外来:木曜・金曜)
病診連携が重要であり、当科で適切な治療方針をたて、近医で治療を継続頂く方針にしています。気管支喘息に対する気管支温熱療法(サーモプラスティ)も実施しています。
睡眠時無呼吸症候群
(専門外来:月曜・水曜)
外来における簡易無呼吸検査と入院による精密検査(睡眠ポリグラフ検査)を施行の上、診断・治療(CPAP治療、マウスピース治療など)を行っています。
肺がん
(専門外来:月曜・木曜)
診断検査、治療方針決定のための遺伝子検査などを実施し、科学的根拠に基づく治療(標準治療)の提供を行っており、多数の臨床試験も実施しています。当院呼吸器外科・放射線科・腫瘍内科とも連携し、複数の治療方法の組み合わせ(集学的治療)についても提示するよう努めています。
禁煙外来
(火曜隔週・完全予約制)
「手術を控えている」「持病があり主治医に禁煙を勧められている」「家族の健康のために禁煙したい」「自分の健康のために禁煙をしたい」「何度も禁煙を試みたがうまくいかない」という方は、ぜひ、呼吸器内科でご相談ください。
保険診療の条件を満たす患者さんは、12週間で5回の禁煙支援外来で、禁煙支援薬(貼り薬、飲み薬)を使い禁煙指導を行います。
毎回の外来で、看護師と医師が、「禁煙がうまくいっているか?」「吸いたいときはどうしたらよいのか?」「再喫煙してしまった時はどうしたらよいのか?」を患者さんと一緒に考え、禁煙の支援をしてまいります。
【予約方法(月〜金曜日)】
午後3時以降に、呼吸器内科外来043-222-7171(代表)にお電話ください。呼吸器内科外来(2階)に直接お越しいただいても、ご予約が可能です。その際に、保険診療の適応を確認する簡単な問診をさせていただきます。お気軽にお問い合わせください。
肺動静脈瘻・オスラー病
(専門外来:木曜)
肺動静脈瘻(奇形)に対する画像診断などによる診断と経カテーテル的コイル塞栓などの治療を行っています。この疾患の3割に合併するオスラー病(遺伝性出血性末梢血管拡張症・HHT)に対する専門的な診察や治療も他科とも協力しながら行っています。
喀血
(専門外来:木曜)
喀血に対する経カテーテル的気管支動脈塞栓術の適応を検討し、介入が望ましい症例には積極的に治療を行っています。また喀血の原因となる気管支動脈蔓状血管腫やそれ以外の肺血管奇形(肺動静脈瘻(奇形)・部分肺静脈還流異常・肺底動脈肺動脈起始症など)に対する診察も行っています。

研究内容の詳細は、千葉大学大学院医学研究院の講座ホームページをご確認ください。

千葉大学大学院 医学研究院 呼吸器内科学ホームページへ新しいウィンドウで開きます

実績(クリニカルインディケーター)

外来診療のご案内

  • 新患の患者様は予約制となっておりますので、あらかじめ呼吸器内科外来にお電話で予約をおとり下さい。
  • 初めて診療を受ける方は、午前10時30分までに事務受付を済ませてください。但し、診療科受付で了解を受けた場合はそれ以降でも受付いたします。
  • 他院よりご紹介の患者さんは紹介状をお持ちください。
  • 外来駐車場が大変混雑いたしますので、車での来院はご遠慮ください。
お問い合わせ
  • 電話番号:043-222-7171(総合案内)、6712(内線)
    ファックス番号:043-226-2176(直通)

フロア案内(外来診療棟2階)

図:外来診療棟2階の呼吸器内科外来受付

外来診療担当医一覧

新患・再来共通

診察室 時間 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
57番 午前 安部 光洋     石井 大介 伊狩 潤
  午後   安部 光洋      
58番 午前 齋藤 合   高木 賢人 日野 葵 今本 拓郎
  午後          
59番 午前   葉山 奈美 堀内 大 杉浦 寿彦 鈴木 友里
  午後          
60番 午前 吉岡 慶一朗     勝又 萌  
  午後          
61番 午前          
  午後   潤間 励子      
62番 午前   巽 浩一郎      
  午後          
63番 午前   鈴木 拓児 川﨑 剛 坂尾 誠一郎  
  午後 関根 亜由美        
64番 午前 竹田 健一郎 重田 文子     伊藤 拓
  午後     須田 理香    
65番 午前 丸山 香苗 内藤 亮 齋藤 幹人    
  午後          
55番 午前 越川 謙 心エコー 木内 達 心エコー 川﨑 剛
  午後          

スタッフ一覧

医師名 役職・職位 専門分野 認定医・専門医等
写真:鈴木拓児
鈴木 拓児
科長、教授 呼吸器内科一般、間質性肺疾患、呼吸器免疫学 日本呼吸器学会呼吸器専門医・指導医
日本内科学会総合内科専門医・指導医
写真:坂尾誠一郎
坂尾 誠一郎
准教授 肺循環障害、慢性閉塞性肺疾患、睡眠時無呼吸症候群 日本呼吸器学会呼吸器専門医・指導医
日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本睡眠学会専門医
写真:杉浦寿彦
杉浦 寿彦
特任教授 肺循環障害の画像診断・カテーテル治療、肺高血圧症、肺動静脈瘻、オスラー病、喀血 日本呼吸器学会呼吸器専門医・指導医
日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医・指導医
写真:潤間励子
潤間 励子
准教授(総合安全衛生管理機構) 呼吸器内科一般、保健管理、産業保健、感染症 日本呼吸器学会呼吸器専門医
日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本結核・非結核性抗酸菌症学会ICD(インフェクションコントロールドクター)
日本結核病学会結核・抗酸菌症認定医
肺がんCT健診認定機構認定医師
日本医師会認定産業医
写真:伊狩潤
伊狩  潤
講師 呼吸器疾患一般、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、気管支喘息、間質性肺疾患、COPDの修復メカニズム、呼吸器免疫学 日本呼吸器学会呼吸器専門医・指導医
日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医
日本アレルギー学会アレルギー専門医
写真:重田文子
重田 文子
助教 肺高血圧症、肺血栓塞栓症、呼吸器内科一般 日本呼吸器学会呼吸器専門医・指導医
日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医
日本医師会認定産業医
写真:川﨑剛
川﨑  剛
助教 呼吸器感染症、間質性肺疾患、肺移植 日本呼吸器学会呼吸器専門医・指導医
日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医・指導医
日本感染症学会感染症専門医
日本結核病学会結核・抗酸菌症指導医
日本化学療法学会 抗菌化学療法認定医
日本プライマリ・ケア連合学会指導医
日本医師会認定産業医
写真:安部光洋
安部 光洋
助教 間質性肺炎、呼吸器内科一般 日本呼吸器学会呼吸器専門医・指導医
日本内科学会総合内科専門医
日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医
写真:内藤亮
内藤 亮
助教 肺高血圧症、肺血栓塞栓症、呼吸器内科一般 日本呼吸器学会呼吸器専門医・指導医
日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医・指導医
写真:笠井大
笠井  大
特任助教(総合医療教育研修センター) 肺高血圧症、肺血栓塞栓症、呼吸器内科一般、医学教育 日本呼吸器学会呼吸器専門医・指導医
日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医
日本結核病学会結核・抗酸菌症認定医
写真:須田理香
須田 理香
特任助教 肺高血圧症、肺血栓塞栓症、呼吸器内科一般 日本呼吸器学会呼吸器専門医・指導医
日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
写真:関根亜由美
関根 亜由美
特任助教 肺高血圧症、肺血栓塞栓症、呼吸器内科一般 日本呼吸器学会呼吸器専門医
日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本医師会認定産業医
写真:巽浩一郎
巽 浩一郎
特任教授 慢性閉塞性肺疾患、睡眠時無呼吸症候群、気管支喘息 日本呼吸器学会呼吸器専門医・指導医
日本内科学会指導医

ページの先頭へ

ページトップへ