Language

診療科・部門

印刷専用ページへ

次世代医療構想センター

写真:吉村健佑
吉村 健佑 センター長
(特任教授)

千葉をモデルに持続可能で質の高い保健医療の提供を目指します

千葉で起きている保健医療の提供に関する課題は、日本全体の問題であり、医療従事者一人ひとりの働き方・生き方の問題、そしてその地域に住んでいる人々の問題でもあります。次世代医療構想センターでは、2025年以降の 保健医療のニーズを見据え、大学病院、地域の医療機関、千葉県や県内の市町村、企業や法人が連携して以下の研究活動を行い、安定した地域の保健医療提供体制の確立を目指します。

  1. 持続可能で質の高い保健医療の実現に向けた方策の検討
  2. 千葉に定着する保健医療専門職を増やす方策の検討
  3. 医療機関の役割分担と人材配置ついて関係部署と協議

研究体制

次世代医療構想センターは、次世代医療構想部門と政策情報分析部門で構成されます。

次世代医療構想部門では、県内の保健医療に関連する組織や団体に対し現状の情報共有・意見交換の場の提供、地域の保健医療資源に関する研究を行います。

政策情報分析部門では、主に県内医療機関のレセプトデータ、DPCデータ、病床機能報告データなどを用いて情報収集を行い、精緻な現状調査・分析を行います。

研究内容

次世代医療構想部門と政策情報分析部門が連携し、以下の事項に取り組みます。

  1. 質が高く持続可能な保健医療を次世代に引き継ぐために、 日本の保健医療の課題をデータに基づき明らかにし、課題解決のための方策を検討して自ら実行します。
  2. 上記達成のために、企業・公的機関・その他法人などと密に連携し、多くの主体と共同して研究を遂行します。
  3. 千葉を1つのモデルとして、日本全体・都道府県・市町村それぞれの視座を持ちながら、他の地域でも適用可能な手法を検討します。
  4. ICTなどの新たな技術も駆使した課題解決を模索します。

次世代医療構想センター研究計画概要PDF(PDF形式、45KB)
次世代医療構想センターのご案内PDF(PDF形式、5,898KB)
千葉大学病院次世代医療構想センターホームページへ新しいウィンドウで開きます

スタッフ一覧

氏名 役職・職位 専門分野 認定医・専門医等
写真:吉村健佑
吉村 健佑
センター長、特任教授 医療政策学、医療情報学、社会医学、精神保健学 精神保健指定医
日本精神神経学会精神科専門医・指導医
労働衛生コンサルタント(保健衛生)
社会医学系専門医協会社会医学系専門医・指導医
日本医療情報学会医療情報技師
公認心理師
写真:佐藤大介
佐藤 大介
副センター長、特任准教授 医療情報学、医療経済評価、病院管理学  
写真:阿部幸喜
阿部 幸喜
特任講師 整形外科学、診療情報管理学 日本救急医学会救急科専門医
日本整形外科学会整形外科専門医
日本病院会診療情報管理士
写真:飯田英和
飯田 英和
特任助教 腎臓内科、在宅医療 日本内科学会総合内科専門医
腎臓内科専門医
日本透析医学会専門医
日本医師会認定産業医
写真:堅田明美
堅田 明美
特任助教 循環器内科 内科学会総合内科専門医
写真:緒方健
緒方  健
特任研究員 情報セキュリティ、個人情報保護管理 日本医療情報学会医療情報技師
行政書士
IPA高度情報処理技術者
ISMS 審査員補
CDPSE
写真:梁晴茵
梁  晴茵
特任研究員 コミュニティリハビリテーション、障害学、社会疫学  
写真:澤田幸穂
澤田 幸穂
特任研究員 訪問看護、在宅ケア 看護師
保健師
写真:沓澤夏菜
沓澤 夏菜
特任研究員 精神看護 看護師
保健師
高井 美妃 技術補佐員    
奥島 佳代子 事務補佐員    
武内 淳子 事務補佐員    
中川 直子 事務補佐員