千葉大学病院 臨床試験部

教育体制

臨床研究を行うには、幅広い臨床知識、高度な専門知識、最先端の研究知識、優れた研究能力などが必要となります。そこで臨床試験部では、人材教育を最も重要な課題の一つに位置づけ、「研究者教育」、「研究支援者教育」、「委員会委員教育」という3本の柱のもとで、臨床研究に携わる医師やスタッフの育成に取り組んでいます。また、大学院生を対象とした講義も実施しています。

研究者教育

千葉大学医学部附属病院では、臨床研究を行う研究者に対する教育制度(臨床研究従事者研修記録制度:マイスター制度)を設け、体系的な教育研修を行っています。

また、IRBテキストおよびIRBテキスト別冊を配布し、臨床研究に関する主要な法律や指針、原則となる規程や手順書等の教育にも取り組んでいます。

部内での教育活動

千葉大学医学部附属病院では、治験・臨床研究に携わるために必要な教育研修を行っています。定められた研修を修了した者が、治験・臨床研究の支援を行うことができます。

臨床試験部では、IRBテキストおよびIRBテキスト別冊を用いて、臨床研究に関する主要な法律や指針、原則となる規程や手順書等の教育を行っています。IRBテキストは臨床研究を実施している医師の皆さま、臨床研究に関与する事務部に配布しています。
また、臨床試験部各室に新たに配属された職員に対しても、本テキストを用いて教育研修を行っています。

研究支援者の専門教育については、職種に応じた教育研修プランを標準化して、部内各室において研修を行っています。

臨床試験部の教育

臨床試験部では、IRBテキストおよびIRBテキスト別冊を用いて、臨床研究に関する主要な法律や指針、原則となる規程や手順書等の教育を行っています。

IRBテキスト

目次ダウンロード

IRBテキスト別冊1

目次ダウンロード

IRBテキスト別冊2

目次ダウンロード

CRC研修

毎年新しく臨床試験部に配置されたコーディネーターに、基礎的研修を行っています。

CRC教育研修プラン

目次ダウンロード

DM教育研修プラン

目次ダウンロード

スタディーマネージャー
(前編)教育研修プラン

目次ダウンロード

スタディーマネージャー
(後編)教育研修プラン

目次ダウンロード

モニタリング教育研修プラン

目次ダウンロード

試験管理教育研修プラン

目次ダウンロード

試験薬管理・
調製教育研修プラン

目次ダウンロード

委員会委員への教育活動

委員研修

各委員会の開始前に毎回15分間、委員を対象に倫理の専門家による医療倫理講座を行っています。また、委員研修は年3回、公開セミナーとして開催しています。千葉大学内外問わず、どなたでもご参加いただけます。公開セミナーの詳細は「研修・セミナー情報」のページをご確認ください。

IRBテキスト

目次ダウンロード

IRBテキスト別冊1

目次ダウンロード

IRBテキスト別冊2

目次ダウンロード

大学での教育活動

臨床研究入門講義

臨床研究は新しい治療方法の確立に不可欠です。現在多くの臨床試験に支えられて「科学的根拠に基づく医療(EBM: Evidence based medicine)」が成り立っており、このような臨床試験を理解することは臨床研究者及び医師にとって重要です。 本講義では、臨床研究に関する基本的な事項について系統的に学習し、さらに演習を通じて臨床試験の計画書の立案を実際に経験し、理解を深めます。

臨床研究応用講義

本講義では臨床研究に関する応用的な事項について学び、臨床研究の実施に関する最新の情報と知識を習得します。

臨床研究展開講義

本講義では臨床研究入門・応用及び医薬統計学概論を修了した学生が、各診療科科長の承諾を得た後、臨床試験部での面接を行った上で、医師主導治験などの臨床研究プロトコールを作成する講義です。
臨床研究において、臨床試験を、倫理的かつ科学的に適切に実施するための知識と方法を実践的に習得します。

医薬統計学概論講義

本講義では、医学・薬学研究において必要となる統計学の知識を解説します。さらに講義で学んだ医薬統計学の考え方を実際に体験することを目的とし、統計パッケージによるデータ収集・データ解説などを実習します。