文字サイズ
  • 標準
  • 大きく

喘息 予防と治療

気管支喘息について

気管支喘息とは、空気の通り道(気道)が慢性的に炎症を起こすことにより様々な刺激に過剰に敏感になり、発作的に気道が狭くなり息苦しくなったり咳が止まらなくなる症状を繰り返す疾患です。

気管支喘息の原因となるのは感染症や気道に炎症を起こす物質(ダニ、ハウスダスト、ペットのフケ、カビなど)であることが言われています。

気管支喘息の予防及び治療に際して重要なのは、

  • 喘息の発作を誘発する物質・状況をできるだけ少なくすること
  • 内服薬・吸入薬を医師の指示通り適切に使うこと
  • 重い発作が起きた際には速やかに受診すること

などです。

このトピックスではこれまでに明らかになった知見から、最新の治療法や日常生活管理の方法、正しい吸入の仕方や増悪させないための注意点などをご紹介していきます。

吸入のコツ

ぜん息の治療では、気道に直接薬を届けることができる「吸入薬」が多く使用されます。吸入薬は症状が出ている場所で直接効果を出すことができるため、内服薬や点滴の薬と比べて必要な量が少なく、副作用も抑えることができます。しかし、吸入の方法を間違えてしまうとほとんど効果が出なくなってしまうこともあります。押さえてほしい大切なポイントを紹介します。

吸入薬は大きく2種類に分けられます。

  • 発作が起きた時に使う発作治療薬
    空気の通り道を一時的に広げる薬です。ぜん息の原因である気道の炎症には効きません。
  • 症状が無くても毎日使う長期管理薬
    気道の炎症を抑える効果があります。即効性はなく発作時に吸っても楽にはなりません。

長期管理薬の吸入

長期管理薬の吸入には主に3つの種類があり、年齢や能力に応じて調整する必要があります。

  • 液体の薬
    専用の機械が必要になり、吸入に時間がかかりますが赤ちゃんでも使用可能です。
  • ガス噴霧式(pMDI)
    ガスの噴霧と呼吸のタイミングを合わせる必要があり、こどもでは吸入補助具(スペーサー)を使用するほうが効率的に吸入できます。2才くらいから使用できることが多いです。
  • 粉吸入式(DPI)
    本人で意識的に強く息を吸う必要があります。小学生くらいになるとできることが多いです。

(注)pMDIにはアルコール、DPIでは乳糖のように、添加されているものが合わない・吸入するとむせる、のようなことがある場合には変更が必要な場合があります。

吸入の方法は、独立行政法人 環境再生保全機構(ERCA)の公式動画チャンネルをご覧ください。
チェックポイントがそれぞれあり、正しく吸入しないと吸入の効率が非常に低下する場合がありますのでしっかり守りましょう。

吸入を続けるために

気道の炎症を火事に例えると、吸入薬は水、吸入するあなたは消防士さんです。
燃え広がった火事はすぐには完全に消えません。火の勢いが落ち着いてきた(症状がでなくなってきた)から、忙しいからと吸入を中断してしまうとまたすぐに火が燃え広がってしまいます。消防士さんは火事の途中で休憩しませんよね?完全に火が消えたのをお医者さんと確認できるまで、頑張って吸入を続けましょう!

こどもが嫌がって吸入できません

こどもが自分もやりたい!と思えるように家族が楽しそうに吸入する姿を見せてみましょう。吸入のマスクに好きなキャラクターのシールを貼る、吸入器の組み立てを一緒にやるなども効果的です。できなかったときに怒るよりも、できた時にたっぷりとほめてあげてください。

吸入をやる気はあるけれど忘れてしまいます

吸入を日常の習慣に組み込んでみましょう。毎日必ずやること(食事、歯磨き、お風呂など)と一緒にできるように、吸入器をその場に置いておきましょう。例えば歯磨きであれば歯ブラシの横に置いてあれば必ず目にはいるし、そのままうがいもできますね。

忙しくて特に朝はできません

あと5分早起きして・・・とはいきませんので、幼稚園から帰ってきてすぐと寝る前、部活の朝練終わってから学校で、のように、朝起きてすぐ家でやる、ではなく吸入の時間や場所を工夫してみましょう。症状の重さ・必要な薬の量にもよりますが1日1回吸入のものに変更が可能な場合もありますので医師によく確認してみましょう。