研究

ページタイトル画像

研究業績

医学の発展に寄与する研究推進と最先端医学知識の啓蒙は、大学病院に所属する当科の使命であると考えます。
世界中のより多くの研究者や臨床医に購読されている雑誌に、原著論文として研究成果を発表することで、同じ疾患や病態の研究・治療をする研究者や臨床医同士が情報を共有できます。このことは、疾患の治療や病態の解明に繋がる重要な仕事であると考えます。
また、総説や解説、著書などによって、より多くの臨床医により分かりやすく最先端医療を解説し、その普及を促すことは医療レベルの向上に寄与することと考えます。
ここに示す業績集は、我々の施設あるいは関連する施設において達成された業績の一部を示すものです。
ご覧になっていただければ分かるように、我々の研究は麻酔領域に留まりません。この研究領域においても、麻酔科医には無限の可能性があることを示すものでしょう。

  • 2023年
  • 2022年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2012年~2001年

2023年業績

2022年業績

2021年業績

英文

  1. Ayako Shinohara, Natsuko Nozaki-Taguchi, Akiko Yoshimura, Makoto Hasegawa, Kei Saito, Junko Okazaki, Yuji Kitamura, Yasunori Sato, Shiroh Isono.
    Hypercapnia versus normocapnia for emergence from desflurane anaesthesia: Single­ blinded randomised controlled study. European Jouranal of Anaesthesiology. 2021 VOL,38 (11) pll48-1157

  2. Emiri Suganuma, Teruhiko Ishikawa, Yuji Kitamura, Taiichiro Hayashida, Tomoaki Matsumura, Mai Fujie, Natsuko Nozaki-Taguchi. Yasunori Sato, Shiroh Isono. Recovery of lower oesophageal barrier function: a pilot study comparing a mixture of atropine and neostigmine and sugammadex: A randomised controlled pilot study. European Jouranal of Anaesthesiology. 2021 VOL38 (8) p856-864
  3. Saki Taiji, Takashi Nishino. Hisayo Jin. Norihiro Shinozuka. Natsuko Nozaki-Taguchi. Shiroh Isono. Changes in breathing pattern during severe hypothermia and autoresuscitation from hypothermic respiratory arrest in anesthetized mice.
    Physiological Reports. 2021 VOL9 (23) el5139

  4. Kentaroh Tarao, Masao Daimon, Kyongsuk Son,Koki Nakanishi, Tomoko Nakao, Yasushi Suwazono, Shiroh Isono. Risk factors including preoperative
    echocardiographic parameters for post-induction hypotension in general anesthesia. Journal of Cardiology. 2021 VOL,78(3) p230-236

  5. Makoto Hasegawa. Natsuko Nozaki-Taguchi, Koyo Shono, Yuko Mizuno, Hiromichi Takai, Yasunori Sato, Shiroh Isono. Effects of opioids on respiration
    assessed by a contact-free unconstraint respiratory monitor with load cells under the bed in patients with advanced cancer. Journal of Applied Physiology. 2021 VOL130(6) pl743-1753

和文

  1. 磯野史朗 「災害医療における麻酔科医の役割:コロナ禍の今」麻酔 2021年、70巻、1号、2-3
  2. 磯野史朗、坂口雄一 「人工呼吸」月間薬事2021年2月臨時増刊号、Vol.63 No.3 p280-288
  3. 孫慶淑 「肺の感染症と炎症性疾患と麻酔管理」麻酔 2021、70(5) :468-476
  4. 坂口雄一、奥山めぐみ、山地芳弘、磯野史朗 「気管長が短く術前に気道管理に関して検討を行った喉頭食道管裂の一例」日本小児麻酔学会誌 2021年 26巻、31ページ

単行書

  1. 磯野史朗「覚醒に向けた対応と抜管の方法」レジデントノート、2021年10月号、Vol. 23 No.10 2021年10月1日 羊土社、
  2. 磯野史朗「高度肥満」麻酔科専門医合格トレーニング中外医学社、2021年11月1日・198-211
  3. 磯野史朗「咽頭・喉頭の解剖」麻酔科プラクティス4 スキルアップのための麻酔科臨床解剖 文光堂 2021年4月・32-42
  4. 磯野史朗「睡眠時呼吸障害:閉塞性睡眠時無呼吸症候群」いまこそ学び直す!生理学・解剖学 羊土社 2021年8月10日・85-92
  5. 磯野史朗「第16章 ベッド脚下荷重センサーによる無拘束・非接触生体情報取得」「非接触」が拓く新しいバイタルモニタリングー革新的な健康管理と医療・介護への応用ー、シーエムシー出版、2021年5月31日・169-178
  6. 磯野史朗「迅速導入」麻酔科プラクティス6 Chanllenge緊急手術の麻酔、文光堂、2021年11月 1日・12-17
  7. 奥山めぐみ、磯野史朗「胸部手術の特徴と術前評価総論」胸部手術の麻酔 日本医事新報社2021年7月
  8. 孫慶淑、磯野史朗「高齢者の抜管J高齢者麻酔のポイント50 克誠堂出版2021年
  9. 坂口雄一「7.人工呼吸」周術期の薬の使い方パーフェクトガイド、じほう、2021年2月、p280-288
  10. 坂口雄一「SECTION 22高度肥満→区域麻酔及び当直管理」麻酔科専門医合格トレーニング、中外医学社、2021年10月、pl98-211
  11. 古宇田絢子「SECTION 16血痰、呼吸音→左肺全摘の麻酔」麻酔科専門医合格トレーニング、中外医学社、2021年10月、pl40-151
  12. 泰地沙季「SPP-1  プロタミンの至適投与量」麻酔科診療方針標準化のすすめ手術麻酔を極めるための63の知恵と戦略、真興交易味医書出版部、2021年5月18日Pl0-11
  13. 泰地沙季「SPP-25 術中肺塞栓症への対応」麻酔科診療方針標準化のすすめ手術麻酔を極めるための63の知恵と戦略、真興交易諒医書出版部、2021年5月18日P76-78

2020年業績

英文

  1. Son K, Yamada T, Tarao K, Kitamura Y, Okazaki J, Sato Y, Isono S. Effects of cardiac surgery and salvaged blood transfusion on coagulation function assessed by thromboelastometry. J Cardiothorac Vasc Anesth. 2020;34:2375-2382

  2. Nozaki-Taguchi N, Ueda Y, Inada A, Son K, Isono S. A report of three cancer patients on opioid analgesia receiving spinal anesthesia: abrupt pain elimination without respiratory depression. JA Clin Rep. 2020 Jul 1;6(1):49.
  3. Nishino T, Jin H, Nozaki-Taguchi N, Isono S. A high concentration of sevoflurane induces gasping breaths in mice. Respir Physiol Neurobiol. 2020 Aug;279:103445

  4. Nozaki-Taguchi N, Hayashida T, Isono S. Qualitative measurement of opioid effects on pain and dyspnea: gender difference in the sensitivity. JA Clin Rep. 2020 Oct 20;6(1):85

  5. Kanogawa N, Ogasawara S, Ooka Y, Inoue M,Wakamatsu T, Yokoyama M, Maruta S, Unozawa H, Iwanaga T, Sakuma T, Fujita N, Koroki K, Kanzaki H, Maeda T, Kobayashi K, Kiyono S, Nakamura M, Kondo T, Saito T, Motoyama T, Suzuki E, Nakamoto S, Tawada A, Chiba T, Arai M, Kanda T, Maruyama H, Kato J, Takemura
    R, Nozaki-Taguchi N, Shiroh I, Yokosuka O, Kato N. Propofol versus midazolam for sedation during radiofrequency ablation in patients with hepatocellular carcinoma. JGH Open. 2020 Dec 22;5(2):273-279

  6. Mizuho Aikawa , Masaya Uesato, Ryuma Urahama,Koichi Hayano , Reiko Kunii , Yohei Kawasaki,Shiroh Isono, Hisahiro Matsubara. Predictor of respiratory disturbances during gastric endoscopic submucosal dissection under deep sedation World J Gastrointest Endosc 2020 Oct 16;12(10):378-387
  7. Katsuhiko Ishibashi, Yuji Kitamura , Shinichiro Kato, Miri Sugano , Yuichi Sakaguchi, Yasunori Sato, Shiroh Isono. Changes in laryngeal airway patency in response to complete reversal of rocuronium-induced paralysis with sugammadex
    in small children with a supraglottic airway: protective effect of fentanyl? British Journal of Anaesthesia. Volume 125, Issue 1, July 2020, Pages e158-e160

  8. Norihiro Kameda, Shiroh Isono, Shinobu Okada.Effects of postoperative active warming and early exercise on postoperative body temperature distribution: Non-blinded and randomized controlled trial. Jpn J Nurs Sci 2020 Jul;17(3):e12335.

和文

  1. 坂口雄一、磯野史朗:「人工呼吸」月間薬事 2021 年、第63 巻、第3 号、280-288
  2. 村松隆宏「スガマデクスで麻酔管理は安全になったか? JSA 気道管理ガイドラインにおけるスガマデクスの意義 麻酔導入はスガマデクスの存在で安全になったか」日本臨床麻酔学会誌 2021 年3月、41(2)、180-187
  3. 村松隆宏「高齢者における安全な筋弛緩管理」Anet
  4. 山田ことの、孫慶淑、岡崎純子、磯野史朗「慢性血栓塞栓性肺高血圧症(CTEPH)合併患者に腹腔鏡下S 状結腸切除術を施行した1 症例」日本臨床麻酔学会誌 2020 年 40 号: 572-576
  5. 磯野史朗, 伊狩潤「慢性閉塞性肺疾患」消化器外科 4 月臨時増刊号、2020 年、43 巻、5号、762-765 .磯野史朗「ベッド脚下荷重センサーによる無拘束、
  6. 非接触生体情報取得」医療機器学 2020 年、90 巻、1 号、32-40

単行書

  1. 坂口雄一、北村祐司:「耳鼻咽喉科の麻酔」すっきりフローチャートで学ぶ小児の麻酔 克誠堂出版 2020 年12 月10 日、P42-43
  2. Shiroh Isono "Instability of upper airway during anesthesia and sedation: How is upper airway instable during anesthesia and sedation?" Structure-Function Relationships in Various Respiratory Systems: Connecting to the Next Generation edited by Kazuhiro Yamaguchi, Springer 2020, p67-91
  3. 磯野史朗「麻酔と呼吸器系」新臨床麻酔スタンダードI 総論-臨床麻酔で知っておきたい基礎知識- 克誠堂 2020/5/1,p172-190