教育

ページタイトル画像

麻酔科後期研修

それぞれが納得できる研修を行います

当科では多くの優れた臨床医や研究者を輩出した経験と実績を生かし、かつオープンに様々な意見を取り入れつつ、それぞれの研修医が納得のいく研修を目指しています。先進医療を担う大学病院としてバラエティーに富む症例の麻酔経験が可能です。

私たちは、専門的な麻酔研修のスタートとして、多くの症例を経験することは重要ではないと考えます。
当科入局1年目は、それぞれの能力に応じた一例一例を良く考えながら麻酔管理・全身管理を行うことが重要と考えます。
すべての麻酔管理は麻酔科上級医の指導下に行われます。術前に自ら立案した麻酔計画を上級医と相談し、さらに当日朝の症例カンファレンスでプレゼンテーションし、軌道修正します。同じ症例に対しても、様々な考え方やより良い方法があることを学びます。
麻酔実施中にも患者の全身状態や手術の進行状況により、上級医と相談の上、臨機応変に麻酔計画を変更していきます。術後回診では、自分で行った全身管理や疼痛管理が適切であったか反省することは言うまでもありません。

研修医が多く集まったり、入局時の麻酔経験に個人差がある場合、研修内容にばらつきが生じてしまう危惧もあります。
これを避けるため、各自の経験症例の内訳を毎月リストアップし、それぞれの受け持ち上級医(オーベン)と毎月の研修目標を立て、週間麻酔予定組みに反映させるようにしています。
後期研修医、それぞれのオーベンと研修担当医によるミーティングでは、研修の進行状況や問題点などを話し合いながら調整・軌道修正しています。
1年間の後期研修が終了するまでには、バランスの取れた麻酔・全身管理経験が出来るような研修システムと考えています。

さらに、年間を通して行われる様々なセミナーによって、しっかりとした医学知識に基づく麻酔・全身管理が可能となるでしょう。
しっかりとした麻酔管理・全身管理の土台を1年目に築いてこそ、その後の関連施設での研修でさらに実力をアップできるのです。
私たちは、CANの中心的施設として、後期研修(1年間)終了後も専門医取得まで一貫した専門教育を行います。当科の研修プログラムは、ここをご覧ください。

生活の基盤が安定させることも、より満足度の高い研修には欠かせないと思います。CAN参加施設などの関連施設の協力を得て、毎週1回程度の外勤麻酔による報酬と後期研修医としての千葉大学附属病院からの給与と合わせ充分な収入を得ることが可能でしょう。
外勤麻酔も、必ず麻酔科専門医の指導下に行われ、不幸な麻酔事故などを起こさないように充分配慮されます。

ご連絡は

研修担当係:磯野(shirohisono(ここにアットマーク)yahoo.co.jp)
または医局長:青江(taoe(ここにアットマーク)faculty.chiba-u.jp)にてお待ちしています