ページタイトル画像
「理想の看護」を実践し、
成長を続けられる喜び。
看護部長 箭内 博子

当院の看護部は、「心と技と責任」という理念を持っています。「安心」「安全」なケアを提供したいというのはもちろんのこと、「生活者としての患者」の視点を持ち「温かな看護」を提供したいという思いがあります。日々取り組んでいるのは、患者さんに寄り添い、持てる力を発揮できるよう支援すること。「受け持ち制看護」を基盤として、患者さんの思いにじっくりと向き合い、最適な医療・ケアを提供することが私たちの使命です。そのためにスタッフ教育にも力を入れ、多種多様な研修プログラムにより段階的な学びや自律的な学習のための環境を整えるとともに、個々の強みを伸ばすことを意識した支援をしています。知の巡る組織の中で、常に一歩先を創造する瑞々しい感覚を大切に、共に「理想の看護」を実践できることを楽しみにしています。

ページトップへ