ページタイトル画像

理念

「心と技と責任」

心のこもった看護と先進医療を支える看護技術を看護職として責任をもって提供することを目指しています。

私たちは、患者の権利を尊重し、患者の気持ちに寄り添い、 患者にとって最適な医療・ケアが提供されるよう、 専門職として責任ある看護を実践します。
また、大学病院が担う高度医療と患者の多様なニーズに対応できるよう、 他職種協働を推進し、看護の専門性を発揮します。
大学病院としての役割を看護の立場から具現化し、 病院運営ならびに地域・社会へ貢献します。


看護部の基本方針

  1. 生活者としての患者を軸に、持てる力を発揮できるよう支援し、個々に応じた看護を提供します。
  2. 高度先進医療を支えるエビデンスに基づいた看護を提供するとともに、専門職連携を推進し、安全・安心な看護を実践します。
  3. 段階的な学びと自律的な学びを支援し、次世代を担う優れた看護職を育成します。
  4. 看護の役割を発揮し、病院運営と地域・社会に貢献します。
ページトップへ