採用情報

ページタイトル画像

インターンシップ

令和2年度 千葉大学医学部附属病院 放射線部 オンラインインターンシップ 募集要項

新型コロナウイルス感染症の拡大により、令和2年度のインターンシップはオンライン形式で開催いたします。

 

「千葉大学病院には興味があるけれど、どんなところだろう?」

「どんな先輩達がいるのだろう?」

「自分は職場の雰囲気に合うのかな?」

など、就職についてのさまざまな不安をオンラインの面接形式で直接質問することができます。

 

募集期間

令和2年6月1日〜令和2年度採用試験の応募締切日(未定)まで

 

参加対象者

診療放射線技師養成機関に在学中で令和3年3月卒業見込の方

 

実施内容

当院担当者からメールで指定した日時・方法で、インターネットを利用したビデオ通話を行います。約1時間、担当者(技師長および若手技師1名)と二対一でWeb面談を行います。技師長だけでなく若手技師からも職場の雰囲気について聞くことができます。 

 

申込方法

①     氏名

②     生年月日

③     学校名・在学年

④     連絡先

⑤     希望日(2週間程度の期間および午前・午後を指定して下さい)

について下記宛てにE-mailでご連絡ください。

診療放射線技師長 桝田喜正

masuda.yoshitada□hospital.chiba-u.jp(□は@です)

技師長から一言

千葉大学病院放射線部では、新人教育と若手の人材育成をとても重要視しています。新人教育では独自の教育プログラムに沿って、新人1人につき2人の教育担当者が親身になって患者接遇から業務の基本および研究の指導を行います。私達と一緒に千葉大学が理想とする診療放射線技師を目指しませんか。

スタッフからの声

入職した当初は、初めての業務に不安を抱えていました。しかし、新人一人につき一人の教育担当がついているので、業務に関することを丁寧に教えていただくことができました。年齢の近い先輩が多く、業務後に体育館を借りて体を動かすこともあります。私の所属するCT検査部門では、ルーチン検査に加えてパーフュージョンや心臓CTなどの特殊検査も行っています。他職種との共同研究にも力を入れています。技師同士だけでなく他職種とも密に連携をとりながら、日々の検査を行っています。

 

私が千葉大学病院に入職しようと思ったきっかけは、インターンシップで見学した際に先輩方が臨床と研究どちらも熱心に取り組む先輩方の姿を見て、自分もこの職場で働いてみたいと思ったからです。実際に入職して知識と経験が豊富な先輩方のご指導もあり、多くの知識と経験を習得することができています。また面倒見の良い先輩が多く、業務だけでなくプライベートでもお世話になっており、充実した日々を過ごしています。

 

新中央診療棟

 

新中央診療棟が2020年9月に竣工

2021年1月にオープン予定です

 放射線部は新中央診療棟に移転します。新しい診療棟、新しい装置、新しい試みのインターシップ。常に変化し、チャレンジする千葉大学病院の放射線部をインターンシップで感じてください。