千葉大学医学部附属病院 総合医療教育研修センター

お問い合わせ

初期研修(医師)

研修医インタビュー バックナンバー(平成24年) Interview

小澤 由希子 先生
小澤 由希子 先生

千葉大学病院での初期研修は、学生の頃に見学に来て雰囲気が良かったので決めました。

千葉大学病院の研修プログラムは自由度の高さが魅力だと思います。都内の病院などで忙しい所だと、人気の診療科に希望が殺到してしまい、自分の好きな科を選べないことがあるんですが、千葉大学病院では希望にある程度融通が利き、プログラムにも余裕があるので、もともと専門が決まっている方にとっては、勉強になるカリキュラムです。細かく1ヵ月毎に色々な科を回ることができるし、専門としたい科を多く回ることもできます。反対に将来回れなさそうな科を回ることもできます。それは色々な科がある大学病院でもなかなかないプログラムですね。私は、医局を考えたかったので、1年目に大学病院を、2年目に研修協力病院の横浜労災病院を回るAプログラムを選びました。

1年目の大学病院での研修で、学生から臨床への考え方を学び、2年目に足りなかった事を、手技の面では遅れている自覚があるので、そういった部分を2年目にしっかりやっていこうと思っています。指導医の先生も熱心に指導してくださり、まだ1年生ですけど、発表の仕方などはみっちり教えてもらっています。先日、はじめて学会の発表をしたのですが、練習の時からサポートしていただいて、本番の発表も色々な先生が応援にきてくれたのが嬉しかったですね。

カンファレンスなどもとても勉強になっています。色々な先生がいらっしゃるので、多くの意見が聞け、さまざまなアプローチの仕方があるんだと学ぶことが多いです。また、実習の学生さんやコメディカルの方がとても熱心で、質問を受けたときには、もっと勉強しなくてはと刺激になりますね。

千葉大学病院の初期研修は、お話したとおり専門を決めた方には、大変勉強になるプログラムであるばかりか、専門をこれから考えたい方にとっても魅力的なプログラムだと思います。大学なので研究もありますし、多様な診療科を回っているなかで、自分の将来の方向性を考えて決めていくのもいいのではないかと思います。

芝 大樹 先生
芝 大樹 先生

出身が千葉県で、母校も千葉大学だったので、初期研修先も千葉大学病院を選びました。2年目に医局への入局を考えていたので、1年目に協力病院(成田赤十字病院)での研修をし、2年目に大学病院で研修ができる「Bプログラム」を選択し、循環器内科に入局しました。

千葉大学病院の初期研修の良さは、診療科が多く専門性も高いので、研修中様々な分野が学べることですね。指導医の先生の人数も多く、熱心に指導してくれる方ばかりです。前にいた診療科の先生からも声をかけていただいたり、他科とのコンサルで学ぶことも非常に多いです。また、学生もいるので、彼らに先輩として教えたりすることで、自分の知識の再確認にもなります。大学病院では臨床の一方、研究の側面も大きいので、毎日その日に経験した症例の論文を引くなど、勉強の仕方などの幅が広がったように思います。自分でもっと勉強しようという気持ちが芽生え、高いモチベーションを持てるのも大学病院での研修の魅力だと思います。

学生の頃は、大学病院というと激務で、上の先生が怖くて…というイメージがありましたが、実際はそんなことはなく非常に居心地がいいですね。また手技ができないということも全くなくて、望めば経験させてもらえるし、スキルズセンターのシミュレーションで手技を磨くこともできます。

研修先を選ぶ上で、待遇が良く、東京や横浜など華やかな土地の病院に惹かれるという部分は必ずあると思いますが、若いうちは吸収できることが多い時期なので、医師として自分が望む勉強ができる場所を研修先に選ぶことをおすすめします。そのような病院で働くことは、後からでもできることなので、その部分の優先順位は低くてもいいと思います。僕にとって、千葉大学病院はやりたい事ができる居心地の良い研修病院ですね。

ページの先頭