持続可能な医療、 質の高い医療を目指して。

次世代医療構想センターとは

次世代医療構想センターでは、2025年以降の地域医療ニーズを見据え、
大学病院 地域の医療機関 千葉県 の3者が中心となって、持続可能で質の高い医療の
実現に向けて以下のミッションの実現のために研究活動を行い、
安定した地域の医療提供体制の確立を目指します。

  1. 地域医療構想の実現
  2. 医師偏在の解消
  3. 医師の働き方の改革

次世代医療構想センター 研究計画の全体像

次世代医療構想センターは、次世代医療構想部門と政策情報分析部門で構成されます。

次世代医療構想部門では、県内の医療に関連する組織や団体に対し現状の情報共有・意見交換の場の提供、政策医療分野である小児科・産科・救急科を中心とした診療科別研究会の開催、地域の医療資源に関する研究を行います。

政策情報分析部門では、主に県内医療機関のレセプトデータ、DPCデータ、病床機能報告データに加え、診療現場からのヒアリングによる生の声を活用した情報収集を行い、診療科別、2次医療圏別の精緻な現状調査・分析を行います。

現在の問題

昨今の急激な人口構成の変化をうけ、厚生労働省は2025年と2040年を重要な区切りとして制度設計を急いでいます。2025年はいわゆる「団塊の世代」が後期高齢者となる年であり、さらに2040年は「団塊ジュニア」が65歳以上となる年となります。これらを一つのめどとして「地域医療構想の実現」、「医師偏在対策の推進」、「医師の働き方改革の推進」を「三位一体改革」と位置付けて、行政は医療提供体制の改革を精力的に進めています。また、2018年の医師法・医療法の改正により、医療政策に関する権限の一部は国から都道府県に委譲されており、医療提供体制の改革において、今後は都道府県の役割が重要性を増すことになります。 千葉県で起きている医師の地域偏在・診療科偏在などの問題は、日本各地に共通する問題でもあり、医療従事者一人ひとりの働き方・生き方の問題、そしてその地域に住んでいる人々の問題でもあります。

地域医療構想

2025年に向けて、少子高齢化の進展が見込まれる中、限られた医療・介護資源を効果的・効率的に活用し、県民が地域において安心で質の高い医療・介護サービスが受けられるよう、医療機関の病床機能の分化と連携を推進することを目的としたものです。

今後の取り組み

数ある診療領域の中から、まずは「政策医療分野」として位置づけられる、小児科/新生児科・産科・救急科を優先し、4つの事項に取り組みます。

  1. 各地域のニーズ、病院の機能、医師のキャリア形成の傾向を明確化するための精緻なデータの収集と分析 および可視化する
  2. 保健医療計画と大学医局による医師派遣の整合を目指した意見交換の場を通じ、問題点を抽出する
  3. 働き方改革や情報通信技術(ICT)の進展を見据え、医療提供の効率化と新たな提供の在り方を検討する
  4. 今後の医療提供について、医療を受ける側である地域住民に周知する方策と合意形成モデルを検討する

研究成果は、次世代の医療を支える「人材確保戦略」などの形に集約し、当センターで開設予定のホームページなどで積極的に発信してまいります。

メンバー

吉村健佑

吉村 健佑(センター長 / 特任教授)

千葉県で起きている医師の地域偏在・診療科偏在などの問題は、⽇本全体の問題であり、医療従事者⼀⼈ひとりの働き⽅・⽣き⽅の問題、そしてその地域に住んでいる人々の問題でもあります。これらを根本的に解決するために今回、⼤学病院、地域の医療機関、千葉県の3者が中心となって研究活動を行い、安定した地域の医療提供体制の確⽴を⽬指してまいりますので、ご支援・ご協力を何卒よろしくお願い申し上げます。

佐藤大介

佐藤 大介​(副センター長/特任准教授・データサイエンティスト)

次世代に向けたビジョンについて議論し合意形成を進める上で、実データに基づく分析は必要不可欠です。
政策情報分析部門は、千葉県や県内市町村に係るデータや情報の分析基盤を整え、千葉県の医療資源、医療提供体制、人材育成に関する分析を行う政策研究を実施し、成果を地域に発信することで千葉県の医療に貢献して参ります。

奥村泰之

奥村 泰之(特任講師)

臨床疫学は,医療計画に係る行政官や医療現場で日々戦う臨床家が直面している課題の解決に資するための学際的な学問です。千葉県内の臨床・政策に係る人の声に耳を傾けながら,真に役立つ臨床疫学研究を推進したいと考えています。データ駆動型社会を実現すべく,熱いサイエンスの観点から貢献したいと願っています。

成瀬浩史

成瀨 浩史(特任助教)

千葉県が抱えている医療の問題は、行政機関単体での解決には限界があり、医療を提供する側だけでなく、医療の恩恵を享受する側も協力して、解決に向けて取り組まなければなりません。私たちは、大学病院、医師会、医療機関、千葉県、地域に住む人々などのステークホルダーの間に立ち、地域に安心・安全な医療を次世代に残す仕組みづくりに貢献すべく、邁進してまいります。

塙 真輔

塙 真輔(特任助教)

産婦人科という領域は周産期を通じて未来につながる医療であり、婦人科を通じて女性の一生を支えていく医療です。いずれも社会を支える大事な医療です。世界でトップレベルといわれる日本の産婦人科医療を次の世代継承するためにお力になれるよう頑張ります。

岡田 玲緒奈

岡田 玲緒奈(特任助教)

千葉県は東京の隣県であり人口が多いことに加え、大きな半島であるという地理的な特異性等々により、医療の地域偏在の問題が大きいと医師になった頃から感じていました。質の高い医療を長期的に継続して患者さんに提供するために医療者の働き方を見直す時代がついに始まろうとしています。未来の千葉県の医療、ひいては日本の医療全体に有用な提言をできるよう、小児科医ならではの視点で貢献したいと思います。

岩瀬信哉

岩瀬 信哉(特任助教)

地域特性に沿った医療体制の構築は、医療機関・地域住民・行政が共同して取り組まなければ達成できません。
休日夜間問わず求められる救急医療は、その中でも大きな課題の1つであります。
これに直面する救急医の視点から千葉県のより良い医療体制の構築に貢献し、ひいては千葉県の取り組みが日本の次世代医療構想をリードするものになればと思います。

高橋 希

高橋 希(助教 兼務:集中治療部)

櫻庭唱子

櫻庭 唱子(特任研究員)

森田 美紀

森田 美紀(技術補佐員)

奥島佳代子

奥島 佳代子(事務補佐員)

加藤那智

加藤 那智(事務補佐員)

小林大介

小林 大介(客員准教授)

梅澤耕学

梅澤 耕学(客員研究員)

小林 真史

小林 真史(客員研究員)

齋藤博樹

齋藤 博樹(客員研究員)

 

アクセス

所在地

住所:〒260-0856 千葉県千葉市中央区亥鼻1-8-15 千葉大学亥鼻キャンパス内 亥鼻イノベーションプラザ310号室
電話番号:043-226-2762

交通案内

ご来訪にはバスが便利です

  • JR千葉駅東口正面7番のバス乗り場から
    「千葉大学病院」行き、または「千葉大学病院経由南矢作」行きバスに乗車
    「千葉大薬学部前」または「中央博物館前」で下車
    (JR千葉駅からバスで約15分)