印刷専用ページへ

診療科・部門

消化器内科

診療体制

写真
加藤 直也 科長(教授)

健康回復と生活の質(QOL)の向上に重点をおいた消化器疾患の医療を心がけています

消化器は、胃・腸、肝臓・胆道、膵臓など、多くの臓器を抱える領域です。これらの臓器は時としてがんの発生母地になるため、がんの早期診断・治療にも注力しています。皆様に安全でより有効な医療を提供することを目指して、内視鏡、超音波検査、MRI、CTなどを応用した診断と治療技術を駆使して、専門性の高い診療を実践しています。また、B・C型肝炎、肝硬変、食道静脈瘤、胆石症や慢性膵炎、さらに、胃炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍から潰瘍性大腸炎、クローン病などガンを取り巻く消化器の良性疾患についても、その最新の治療と日常管理を専門スタッフが担当します。施設の責務上、先進高度医療の提供を本務と考えますが、患者さんのニーズや価値観を考慮した診療を行い、皆様の健康回復と生活の質(QOL)の向上のために、内科らしい全人的な医療を行っています。

主な対象疾患と診療内容

主な対象疾患と診療内容 写真

当科では肝疾患、胆・膵疾患、上部下部消化管など消化器疾患全般を診療対象としています。特に他院での治療が困難な消化器疾患の治療や各種新薬の治験等も行っています。

主な対象疾患 診療内容
肝細胞がん 各種画像診断を行っています。また、治療では、経皮的エタノ-ル注入療法、経皮的ラジオ波焼灼療法、肝動脈塞栓療法などを行っています。
膵がん・胆道がん 各種画像診断を行っています。治療では、化学療法および放射線療法などによる集学的治療を行っています。閉塞性黄疸に対しては、胆道ドレナージを行っています。
胆石・膵石 内視鏡的採石術や体外衝撃波による治療、膵仮性嚢胞に対する内視鏡的ドレナージを行っています。
ウイルス性肝炎 B型肝炎、C型肝炎などの慢性肝炎の診断と最新の抗ウイルス薬を用いた治療、急性肝炎の診断と治療を行っています。
門脈圧亢進症 食道静脈瘤、胃静脈瘤に対する内視鏡的治療、血管内カテーテルを用いた治療などを行っています。
その他の慢性肝疾患 アルコール性肝炎、原発性胆汁性肝硬変、自己免疫性肝炎などの診断及び治療を行っています。
炎症性腸疾患 潰瘍性大腸炎、クローン病、腸管型ベーチェット病などの炎症性腸疾患に対し、白血球吸着除去療法、免疫抑制療法、分子標的療法などの先進的治療を取り入れた総合的な治療を行っています。
消化管腫瘍 食道・胃・大腸腫瘍の内視鏡的診断および内視鏡的治療を行っています。
その他 消化管運動機能異常や蛋白漏出性胃腸症などの診断及び治療、消化器疾患の漢方診療を行っています。

診療・研究内容

分野 内容
肝炎研究グループ いかに肝炎を制御し、肝がんの発症や肝不全死を防ぐかを主要テーマとし、さらなる治療成績の向上を目指しています。
肝癌研究グループ 病態に合わせて穿刺治療、経血管治療、全身化学療法などを行っています。
門脈圧亢進症研究グループ 食道胃静脈瘤や種々の血行異常症に対する内視鏡的治療、経血管カテーテル治療などを行っています。
膵臓研究グループ 特に膵がん、膵嚢胞性腫瘍、炎症性膵疾患の診断ならびに非観血的治療を行っています。
胆道疾患研究グループ 良性疾患の非観血的治療、良悪性疾患の鑑別・進展度診断、手術不能悪性胆道閉塞に対する胆道ドレナージ・化学療法などを行っています。
消化管研究グループ 消化管腫瘍に対する内視鏡治療、難治性炎症性腸疾患に対する診療を積極的に行っています。

研究内容の詳細は、千葉大学大学院 医学研究院の講座ホームページをご確認ください。

千葉大学大学院 医学研究院 消化器内科学ホームページへ新しいウィンドウで開きます

実績(クリニカルインディケーター)