印刷専用ページへ

診療科・部門

診療体制

写真
大鳥 精司 科長
(教授)

関連病院と連携し、整形外科全般にわたる
高度な医療を提供しております

脊椎脊髄外科、関節外科、スポーツ整形外科、手外科など、専門分野別に整形外科領域のプライマリーケアから先端医療まで幅広く扱っております。

脊椎脊髄外科(頚椎脊髄外来、腰椎外来、小児側弯症外来)、関節外科(肩関節外来、リウマチ股関節外来、スポーツ膝関節外来、足の外科外来)、手の外科(手外科外来)、四肢外傷(外傷グループ)、転移性骨腫瘍(骨キャンサーケア外来)など疾患診療領域別に各専門外来・グループに分かれ、整形外科疾患全般を網羅しております。小児整形外科に関しましては千葉県こども病院、骨・軟部腫瘍に関しましては千葉県がんセンターと連携し治療に当たります。常に40名から50名の整形外科専門医が在籍し、診療に従事しております。

主な対象疾患と診療内容

主な対象疾患と診療内容 写真

当科は50以上の関連病院と連携し、臨床、基礎研究ともに先端分野の医療を提供いたします。入院期間短縮、低侵襲手術と患者さんのご負担を減らすことを目指しております。個々の患者さんに合わせたテーラーメイド医療、現在のニーズに対応した診療が可能です。

対象疾患

脊髄損傷、頚椎症性脊髄症、後縦靭帯骨化症、頚椎・胸椎・腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰椎すべり症(成人・小児)、脊髄腫瘍、転移性脊椎腫瘍、成人脊柱変形、小児側弯症など(以上脊椎脊髄外科)
反復性肩関節脱臼、変形性肩関節症、肘関節疾患、腱板断裂、変形性股関節症、大腿骨頭壊死症、変形性膝関節症、膝靭帯損傷、半月板損傷、外反母趾、変形性足関節症、足関節外側靭帯損傷(以上関節外科・スポーツ整形外科)
手指外傷、絞扼性神経障害、手指先天奇形(以上手の外科)、転移性骨腫瘍(骨キャンサーケア外来)

主な専門外来 主な対象疾患、診療内容
脊椎脊髄外科(頚椎脊髄外来、腰椎外来、小児側弯症外来) 対象疾患は全脊椎疾患全般であり、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、脊髄症、脊髄腫瘍、脊椎腫瘍、成人脊柱変形等であります。
関節外科、スポーツ整形外科(肩関節外来、リウマチ股関節外来、スポーツ膝関節外来、足の外科外来) 変形性関節症、関節リウマチ、スポーツ外傷等、膝・股関節外科全般を扱っております。関節鏡手術、人工関節、骨切り術などを行っております。
手の外科(手外科外来) 先端的診療を行っております。手指・肘関節の機能再建外科手術を行っております。腕神経叢損傷、胸郭出口症候群の治療も積極的に行っております。
転移性骨腫瘍(骨キャンサーケア外来) 原発性腫瘍内科他関連診療科と連携し転移性骨腫瘍、特に転移性脊髄腫瘍の診療にあたります。
原発性骨軟部腫瘍・小児整形外科疾患 関連病院での診療となります。骨軟部腫瘍は千葉県がんセンター、小児整形外科は県こども病院での診療となります。

診療・研究内容

分野 内容
腰椎グループ 腰椎疾患に対する診療のほか、椎間板性疼痛、骨粗鬆症・サルコペニアのメカニズム、治療の基礎研究および臨床研究を行っています。
膝関節グループ、
スポーツグループ
膝関節疾患に対する診療のほか、軟骨再生医療(自家培養軟骨移植、ジャック®)、前十字靭帯再建術式の開発、人工関節の開発などの基礎研究を行っています。
頚椎脊髄グループ 頚椎脊髄疾患に対する診療のほか、脊髄損傷、脊髄症に対する基礎研究および臨床研究・治験を行っています。
手外科グループ 手・肘疾患に対する診療のほか、手のバイオメカニクス、末梢神経再生の基礎研究を行っています。
肩関節グループ 肩・肘関節疾患に対する手術療法のほか、腱板断裂、衝撃波による治療の基礎研究および臨床研究を行っています。
リウマチ股関節グループ 関節リウマチに対する薬物療法および外科的治療を行っています。
股関節疾患に対する診療のほか、大腿骨頭壊死症、股関節画像診断の研究、股関節痛のメカニズム解明の基礎研究を行っています。
足の外科グループ 足疾患に対する診療のほか、足のバイオメカニクスや画像診断の基礎研究を行っています。
骨キャンサーケアグループ 転移性骨腫瘍、特に脊髄転移の外科的治療を行っております。
基礎研究・先端医療
(研究段階でまだ臨床応用はされていません。)
幹細胞を用いた関節軟骨、骨、脊髄の再生医療、腰痛発症のメカニズムや除痛への分子生物的手法を用いた研究(注:これらはすべて動物実験です。)を行っております。これらの研究は世界的に認められており、教室員の海外学会発表は年間100を超えており、海外へは毎年、5から10人の医局員が留学を行っており世界の先端知識を学んでいます。

研究内容の詳細は、千葉大学大学院医学研究院の講座ホームページをご確認ください。

千葉大学大学院 医学研究院 整形外科学ホームページへ新しいウィンドウで開きます

外来診療のご案内

  • 受診には紹介状が必須となります。紹介状のない場合は受診できません。
  • 初めて午前の特殊外来を診療を受ける方は、午前10時30分までに事務受付を済ませてください(腰椎外来を除く)。
  • 初めて午後の特殊外来を診療を受ける方は、正午から午後1時までに事務受付を済ませてください(足の外科外来を除く)。
    ただし、診療科受付で了解を受けた場合はそれ以降でも受付いたします。
  • 初めて腰椎外来の診療を受ける方は、午前10時30分から正午までに事務受付を済ませてください。
  • 初めて足の外科外来の診療を受ける方は、午前10時から正午までに事務受付を済ませてください。
お問い合わせ
  • 電話番号:043-222-7171(代表)   ファックス番号:043-226-2116(医局)

フロア案内(外来診療棟1階)

フロア図

外来診療担当医一覧

新患・再来

診療
区分
時間 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
頚椎脊髄 午前          
午後   村上 正純
大河 昭彦
古矢 丈雄
牧 聡
     
腰椎 午前       大鳥 精司
折田 純久
稲毛 一秀
志賀 康浩
 
午後          
側弯症 午前          
午後 井上 雅俊
稲毛 一秀
注:第1,3,5週
大鳥 精司
小谷 俊明
稲毛 一秀
注:第2,4週
       
上肢・肩 午前   落合 信靖
橋本 瑛子
     
午後          
衝撃波 午前          
午後     落合 信靖
橋本 瑛子
   
手外科 午前   鈴木 崇根
松浦 佑介
     
午後   鈴木 崇根
松浦 佑介
     
リウマチ・股関節 午前 鈴木 昌彦
中村 順一
萩原 茂生
       
午後 鈴木 昌彦
中村 順一
萩原 茂生
       
スポーツ・膝関節 午前          
午後     佐粧 孝久
赤木 龍一郎
(再来のみ)
  佐粧 孝久
赤木 龍一郎
(新患・再来)
足の外科 午前          
午後   山口 智志      
骨キャンサーケア 午前         古矢 丈雄
牧 聡
志賀 康浩
注:第2,4週
午後          

スタッフ一覧

医師名 役職・職位 専門分野 認定医・専門医等
写真
大鳥 精司
科長、教授 腰椎 日本整形外科学会整形外科専門医・脊椎脊髄病医
日本脊椎脊髄病学会脊椎脊髄外科指導医
写真
鈴木 昌彦
千葉大学フロンティア医工学センター、教授 関節リウマチ、膝関節 日本整形外科学会整形外科専門医・リウマチ医
日本リウマチ学会リウマチ指導医
写真
佐粧 孝久
千葉大学予防医学センター、教授 膝関節、スポーツ整形 日本整形外科学会整形外科専門医・リウマチ医・スポーツ医
日本スポーツ協会公認スポーツドクター
写真
山口 智志
千葉大学国際教養学部、准教授 足の外科、スポーツ整形、ロコモティブシンドローム 日本整形外科学会整形外科専門医・スポーツ医・運動器リハビリテーション医
日本スポーツ協会公認スポーツドクター
写真
落合 信靖
准教授 肩関節、肘関節、体外衝撃波療法 日本整形外科学会整形外科専門医
日本スポーツ協会公認スポーツドクター
鈴木 崇根 環境生命医学、講師 手外科 日本整形外科学会整形外科専門医
写真
中村 順一
講師 関節リウマチ、股関節 日本整形外科学会整形外科専門医・リウマチ医
日本リウマチ学会リウマチ指導医
写真
古矢 丈雄
講師 頚椎脊髄、転移性骨腫瘍 日本整形外科学会整形外科専門医・脊椎脊髄病医
日本脊椎脊髄病学会脊椎脊髄外科指導医
写真
折田 純久
特任准教授 腰椎、脊柱変形 日本整形外科学会整形外科専門医・脊椎脊髄病医・リウマチ医・運動器リハビリテーション医
日本骨粗鬆症学会認定医
日本脊椎脊髄病学会脊椎脊髄外科指導医
写真
松浦 佑介
材料部、助教 手外科 日本整形外科学会整形外科専門医
日本手外科学会手外科専門医
写真
赤木 龍一郎
助教 膝関節、スポーツ整形 日本整形外科学会整形外科専門医・スポーツ医
日本スポーツ協会公認スポーツドクター
国際オリンピック委員会(IOC)スポーツ医学認定(Diploma in Sports Medicine)
写真
稲毛 一秀
助教 腰椎 日本整形外科学会整形外科専門医・脊椎脊髄病医・運動器リハビリテーション医
写真
萩原 茂生
助教 股関節 日本整形外科学会整形外科専門医・リウマチ医
牧  聡 助教 頚椎脊髄 日本整形外科学会整形外科専門医・脊椎脊髄病医
写真
橋本 瑛子
助教 肩関節、肘関節、体外衝撃波療法 日本整形外科学会整形外科専門医
写真
志賀 康浩
特任助教 腰椎 日本整形外科学会整形外科専門医
日本救急医学会救急科専門医

ほとんどの医師が日本整形外科専門医を取得し、教官は各種専門指導医の資格を得ています。

ページの先頭へ

ページトップへ