印刷専用ページへ

診療科・部門

救急科

診療体制

写真
中田 孝明 科長(教授)

院内・院外で発生した重症患者さんに対して
高度な救急医療を提供しています

当院は千葉市の救急医療体制の中で三次救急医療機関に位置付けられており、救命処置や緊急手術を必要とする重症救急患者に対するERでの初期診療と、それに引き続くICUでの集中治療を行っています。また、災害拠点病院としての役割も担っています。

多発外傷や中毒、院外心肺停止症例などの重症救急患者さんに対して、各種の人工補助療法を駆使した高度先進医療を行っています。さらに、病院前の救急医療体制においては、救急救命士への指示や助言、救急救命士や救急隊員の教育など、地域メディカルコントロール体制の中で中心的な役割を果たしています。また、千葉市消防局と共同して消防ヘリを活用した「ドクターピックアップ方式」の救急医療を展開しています。

119番通報を受信し救急ヘリによるドクターピックアップ方式での救急活動が必要となった場合は、救急隊が要請場所に出動するとともに、消防ヘリが当院に出動し医師及び看護師を搭乗させ、要請場所付近の緊急時離着陸場において救急隊と医師・看護師がドッキングすることで、いち早く治療を開始するとともにヘリコプターで迅速に傷病者を当院へ搬送します。

主な対象疾患と診療内容

写真

多発外傷や熱傷、腹膜炎をはじめとする重症感染症(敗血症)、急性中毒、心肺停止状態、各種ショック、急性心筋梗塞、脳血管障害、急性腹症など救急処置を要する疾患が対象です。まず救急外来で当科の医師が初療を行い、必要があれば他科の医師と協力してその後の治療を行います。各種の検査や手術も常時可能です。主に救急車で搬送される重症患者さんを対象にしますが、直接来院された患者さんでも診療科が不明な場合や多科にまたがるような場合は、救急科の医師が対応します。

診療・研究の詳細は、千葉大学大学院医学研究院の講座ホームページをご確認ください。

千葉大学大学院医学研究院救急集中治療学ホームページへ新しいウィンドウで開きます

実績(クリニカルインディケーター)

外来診療について

ご来院にあたってのご注意

  • 当院は、近隣医療機関や救急隊などから依頼のある最重症患者さんに関しましては、各診療科においてベッド状況が許す限り、なるべく受け入れるよう努力しています。しかし、数多くの入院待ちの患者さんがいらっしゃる現状から、上記以外の救急患者さんにつきましては、原則として夜間救急初期診療部(市立海浜病院内)や休日救急診療所(千葉市総合保健医療センター内)や一次・二次輪番病院などの受診をお願いしています。ご理解、ご協力のほどよろしくお願いいたします。
  • ただし、次回外来予約のある患者さんにつきましては、その予約のある診療科で診療を行わせていてだくことがあります。
お問い合わせ
  • 電話番号:043-222-7171(代表)

スタッフ一覧

医師名 役職・職位 専門分野 認定医・専門医等
写真
中田 孝明
教授 救急集中治療医学 日本救急医学会救急科専門医・指導医
日本集中治療医学会集中治療専門医
日本外科学会外科専門医
日本急性血液浄化学会認定指導者
写真
安部 隆三
准教授 救急集中治療医学 日本救急医学会救急科専門医・指導医
日本集中治療医学会集中治療専門医
日本外科学会外科専門医
日本急性血液浄化学会認定指導者
写真
大島  拓
講師 救急集中治療医学 日本救急医学会救急科専門医
日本集中治療医学会集中治療専門医
日本急性血液浄化学会認定指導者
写真
島田 忠長
助教 救急集中治療医学 日本救急医学会救急科専門医・指導医
日本集中治療医学会集中治療専門医
日本急性血液浄化学会認定指導者
写真
服部 憲幸
助教 救急集中治療医学 日本救急医学会救急科専門医・指導医
日本集中治療医学会集中治療専門医
日本急性血液浄化学会認定指導者
写真
松村 洋輔
助教 救急集中治療医学 日本救急医学会救急科専門医
日本集中治療医学会集中治療専門医
日本急性血液浄化学会認定指導者

当院の救急科は集中治療部とのドッキング方式で運営されています。

ページトップへ