印刷専用ページへ

診療科・部門

画像診断センター

診療体制

適切な画像検査と画像診断体制を構築し、安全で安心できる医療の提供に努めます

検査実施体制、画像診断体制、報告システム体制などの再構築を通して、質の高い医療、安全性の高い医療を患者さんに届けます。

大学病院に求められる画像診断業務に見合った放射線診断医を順次増員し、画像診断報告書の量、質ともに高いレベルでの確立を目指しています。

検査の適応判断、検査方法の選択から関与し、高いレベルの画像診断の実施することを基本とし、結果報告書の運用方法を明確にすること、病院システム改修に関与することなどにより、医療安全に資する画像診断体制や運用を再構築しています。

画像診断技術は近年大幅かつ急激に進歩しており、その多彩かつ精緻な所見の解釈には高い専門性が必要です。検査範囲内には各診療科医師が専門外とする臓器も含まれており、各診療科の専門外所見を解釈するには、全身を網羅した評価が可能である放射線診断医による読影が必要となります。また患者さんが適切な種類の検査を受け、適切な撮影方法で検査が行われるために、多種の検査に精通した放射線診断医の関与が必要となります。これらの必要性に答えるべく、人員拡充をはじめとした体制の再構築、確立を行うとともに以下の対策において、中心的な役割を担っています。

  • 医師、コメディカルの意識改革を促すセミナーを定期的に行い、画像診断の重要性について教育を行っています。
  • 検査が適切に行われ、画像検査報告が患者さんに届くまでのシステム改修に関わっています。

スタッフ一覧

氏名 役職・職位 専門分野 認定医・専門医等
藤本  肇 センター長、特任教授
堀越 琢郎 診療講師 画像診断 日本医学放射線学会放射線診断専門医
日本乳がん検診精度管理中央機構検診マンモグラフィ読影医師
日本核医学会核医学専門医
滝嶋 葉月 助教 画像診断 日本医学放射線学会放射線診断専門医
日本乳がん検診精度管理中央機構検診マンモグラフィ読影医師
日本核医学会核医学専門医
横田  元 助教 画像診断 第一種放射線取扱主任者
日本医学放射線学会放射線診断専門医
日本乳がん検診精度管理中央機構検診マンモグラフィ読影医師
日本核医学会核医学専門医
向井 宏樹 助教 画像診断 日本医学放射線学会放射線診断専門医
日本核医学会核医学専門医・PET核医学認定医

ページトップへ