印刷専用ページへ

病院長のごあいさつ

病院長 写真

安心して受診していただけるよう、
全力を尽くします。

一人の患者さんを一つの医療機関で診る時代から、地域全体で連携しながら診る時代へ。全国的に病院の機能分化が進む中で、当院も高度医療を提供するという大学病院の役割をしっかりと果たしていきたいと考えています。

新たにスタートした提携医療機関制度も、その一つ。当院で治療を受けた患者さんが安心して次のステップに移ることができるよう、地域の病院や診療所、訪問看護ステーションや居宅介護支援事務所などと提携し、質の高い医療を切れ目なく提供してまいります。

移植医療にも積極的に取り組んでおり、肺、肝臓、腎臓に続いて、心臓移植実施施設の認定を千葉県で初めて受け、2019年4月には、千葉県で初めての心臓移植手術を行いました。また、一般的な採血方法でがんの遺伝子を調べることができる「がんゲノム検査」も開始しています。

医療の進歩は喜ばしいことです。しかし、変えてはいけないものがあります。「患者さんを最優先に考える」という医療人としての姿勢です。改めて院内で働くすべてのスタッフと共有し、患者さんに安心して受診していただける病院づくりに全力を尽くしてまいります。

千葉大学医学部附属病院長 山本 修一

執行部のご紹介

執行部 写真
(写真左から)
相馬孝博副病院長、石井伊都子副病院長、横手幸太郎副病院長、松原久裕評議員・副病院長、生坂政臣副病院長、山本修一病院長、吉野一郎副病院長、市川智彦副病院長、小林欣夫副病院長、箭内博子副病院長、井上貴裕副病院長、永田昭浩副病院長

ページトップへ