印刷専用ページへ

病院の歴史(沿革)

千葉大学病院の創設は明治7年(1874年)にさかのぼります

画像
千葉大学病院の歴史新しいウィンドウで開きます
(MP4形式動画、1分25秒)

千葉大学病院の創設は明治7年(1874年)にさかのぼり、千葉、寒川、登戸の有志の拠金によって、千葉町に共立病院が設立されたのが始まりです。 明治9年(1876年)に公立千葉病院となり、明治15年(1882年)に改組され県立千葉医学校及び附属病院となりました。
大正12年(1923年)には、官立千葉医科大学附属病院となり、昭和24年(1949年)に新制国立総合大学として千葉大学が発足し、千葉医科大学は千葉大学医学部となり、附属病院が現在の千葉大学医学部附属病院となりました。

千葉大学病院の歩み

年月 病院の歩み
1874年(明治7年)7月 千葉、登戸、寒川の有志の拠金により共立病院を設立
1876年(明治9年)10月 公立(県立)千葉病院と改称、医学教場を附設
1882年(明治15年)7月 公立千葉病院を改組し、県立千葉医学校及び附属病院設置
1888年(明治21年)3月 県立千葉病院と改称
1922年(大正11年)4月 県立千葉病院を医学専門学校附属医院と改称
1923年(大正12年)4月 官制改正により官立千葉医科大学附属医院と改称
1949年(昭和24年)5月 千葉大学医学部附属病院と改称
1977年(昭和52年)12月 新病院竣工(1978年3月開院)
2004年(平成16年)4月 国立大学法人法の施行により国立大学法人へ移行
2007年(平成19年)9月 新病棟(ひがし棟)竣工(2008年5月開院)
2009年(平成21年)6月 病棟(みなみ棟)改修(7月開院)
2011年(平成23年)2月 病棟(にし棟)改修(4月開院)
2014年(平成26年)5月 新外来診療棟竣工(7月開院)
2015年(平成27年)4月 外来診療棟改修(7月開院)
2016年(平成28年)4月 病棟(みなみ棟)改修(4月開院)
  • 写真
    旧病院(現在の医学部本館)
  • 写真
    新病院(1978年3月開院)
  • 写真
    ひがし棟(2008年5月開院)
  • 写真
    新外来診療棟(2014年7月開院)

シンボルマーク

学章

学章 画像

1949年(昭和24年)10月に制定された千葉大学の学章です。
Chiba Daigakuの頭文字と「千」の文字を、無限の生命力を象徴する植物の種子を形として表したものです。
職員証や病院の受診登録カード(診察券)に使われています。

千葉大学の「学章・マーク・カラー」のホームページへ新しいウィンドウで開きます

千葉大学コミュニケーションマーク

コミュニケーションマーク 画像

2016年(平成28年)2月に制定された千葉大学の新しいシンボルマークです。
千葉大学カラーのガーネットを基調としたデザインで、ホームページや印刷物など様々な媒体で広く使用されます。

千葉大学の「学章・マーク・カラー」のホームページへ新しいウィンドウで開きます

千葉医学 ロゴマーク

ロゴマーク 画像

2011年(平成23年)に制定された千葉大学大学院医学研究院・医学部のシンボルマークです。「獅子のように細心にして大胆且つ動じない胆力、鷹のように諸事を見通し、判断、解決できる眼力、女手のように臓器を柔らかく扱い緻密に行える手技」という千葉医学の教えのひとつを表しています。

千葉大学大学院医学研究院・医学部のホームページへ新しいウィンドウで開きます

千葉医学のホームページへ新しいウィンドウで開きます