印刷専用ページへ

退院後の療養先

千葉大学病院は高度先進医療を提供する事を目的とした病院です。少しでも多くの重症患者さんに、高度先進医療を提供するために治療を継続できる医療機関等に移っていただくことがあります。

お家にかえろう-退院支援のご案内-PDF(PDF形式、2,266KB)

退院後の療養先

退院後の療養先 図

退院後の療養先

療養施設等 内容
地域の一般病院 大学病院での治療を引き継ぎ、積極的な治療を必要とする方が入院対象です。
療養型病院 慢性疾患や障害のために継続した看護・介護を必要とし、長期療養の必要がある方が入院対象です(主に高齢者の方が対象です)。
回復期リハビリ病院 急性期治療と家庭復帰の中間に位置し、脳血管疾患または大腿骨頸部骨折などの定められた疾患に対して、リハビリテーションを集中的に行うための病院です。発症から転院までの期間とリハビリ入院の期間に制限があります。
地域包括ケア病棟 急性期の治療が終了した患者さんが対象です。治療が終了してもすぐに自宅復帰や施設に移ることが困難な患者さんの体調管理やリハビリを行い在宅復帰を目指します。
ホスピス・緩和ケア病棟 急性腫瘍・後天性免疫不全症候群の末期の患者さんが対象です。病気による身体的苦痛や不快な症状を軽減し、充実した生活を過ごすことを目的とします。
介護施設 高齢者を対象とした施設です。
介護保険施設
  • 介護老人福祉施設(特養)
  • 介護老人保健施設(老健)
(注)
老健のみ入所期限があります。
その他
  • グループホーム
  • 高齢者専用賃貸住宅
  • 有料老人ホーム
  • 軽費老人ホーム
自宅 病気や障害が残った方も様々な制度やサービスを利用し、自宅で安心して暮らせます。
公的なサービス
  • 介護保険
  • 医療保険
  • 自立支援サービス
  • 難病患者等居宅生活支援事業
  • その他の自治体によるサービス
私的なサービス ヘルパー・家政婦による家事の代行や補助、配食サービス
(注)
病院の機能は、おおむね二つに分けられます。
  • 終身の入院施設。
  • 在宅生活を基本とした一時的な入院施設。

退院後の療養先PDF(PDF形式、178KB)