印刷専用ページへ

病院からのお願い

医療人の育成

写真
病棟での実習
  • 千葉大学病院は、医学生、看護学生、薬学部学生、研究院生等の教育研修機関としての重要な役割を担っています。
  • 臨床実習では学生が医師、看護師、薬剤師等の指導のもとに患者さんと接し、医療人として必要な知識・技術・態度を学びますので、次世代を担う優れた医療人育成のために、ご理解とご協力をお願いします。
  • なお、研修医が医療行為に当たることがありますが、指導医による適切な指導の下に行います。

病院運営へのご協力

  • ジェルネイル、マニキュア、付け爪は入院前に外してください。検査(MRI、酸素飽和度検査など)に支障が出るためです。
  • 入院後、検査、治療および手術等の医療が変更または実施されず退院となる場合もありますので、ご了承ください。
  • 特定機能病院においては、多くの重症患者さんの治療を行うため、患者さんの入院後の症状の安定度によっては、病院の運営上、転棟やベッドの移動をさせていただくことがありますのでご了承ください。
  • 治療・処置等で必要な物(松葉杖等)の購入をお願いする場合があります。
  • 入院に際し、診療科でアンケートをお願いする場合がありますのでご協力ください。
  • 撮影禁止マーク携帯電話を含め院内での写真・ビデオ撮影はご遠慮ください。
  • 職員への付け届けは固くお断りします。
  • 入院中に、医師・看護師および関係職員の指示に従わない場合は、退院していただく場合があります。
  • 良質な医療の提供のため、定められた諸規則をお守りください。
  • 暴言・暴力・迷惑行為は警察に通報いたします。
  • 次のような迷惑行為があった場合、診療をお断りする場合もあります。
    患者さんの安全を守り、診療を円滑に行うためにも、ご理解のほどお願いします。
    • 他の患者さんや職員にセクシャルハラスメントや暴力行為があった場合
    • 暴言または脅迫的な言動により、他の患者さんに迷惑を及ぼし、また、病院の業務を妨げた場合
    • 建物設備等を故意に破損した場合
    • 危険な物品等を院内に持ち込んだ場合