印刷専用ページへ

新型コロナウイルス感染症の対応について

当院は、千葉県の要請に従い、新型コロナウイルスに感染した患者さんの受け入れを行っています。受け入れにあたっては、一般の患者さんと明確に病棟を分け、安全確保に万全を期しておりますので、何卒、ご理解くださいますようお願い申し上げます。

この他、新型コロナウイルス感染症が終息するまでの間、ご来院の方々には、以下のことをお願いしています。

  • 院内感染を防止するため、面会を禁止するとともに、入館時の咳エチケットの徹底、マスクの着用及びアルコール消毒による手指衛生をお願いしています。
  • 予定されている診察日や入院期間の変更、入院中の病棟の移動、一部エリアの立ち入り制限などをお願いする場合があります。

また、今回の事態を受けて、当院では患者さんの病状に影響を与えない範囲で診療機能を一時的に縮小しております。もとより、当院では当該感染症の外来診療は行っておりませんが、その他の病状においても軽症で必ずしも緊急の受診を必要としない場合は、当面の間来院をお控えいただくとともに、近隣の医療機関の受診についてご検討ください。

当院は、新型コロナウイルス感染症の患者さんへの診療を行うとともに、安全を確保した上で、重症で高度医療を必要とする患者さんへの診療を継続してまいります。

皆様には大変ご不便をおかけいたしますが、今後の状況を踏まえつつ、早期の診療機能の回復に努めてまいりますので、重ねてご理解とご協力をお願い申し上げます。

2020年4月8日
千葉大学医学部附属病院長
横手 幸太郎

ページトップへ