印刷専用ページへ

病院からのお知らせ

感染性胃腸炎(ノロウイルス感染症)の院内集団発生に関するお知らせ(第1報)

当院内において、感染性胃腸炎(ノロウイルス感染症)が集団発生したことが判明いたしました。
5月12日に小児病棟に入院される患者様が嘔吐、下痢、発熱等の症状を発症し、現在までに当該病棟に入院される患者様4名の感染が確認されております。
感染経路については、確認中です。

現在、小児科及び小児外科における新規入院患者の受け入れを停止しております。
なお、他診療科の新規入院患者の受け入れ及び外来診療については、感染対策を徹底した上で、従来どおり行ってまいります。

今後は、保健所と協議のもと対応を進めるとともに、経過をホームページ等で報告させていただきます。

当院では、教職員の感染予防対策を徹底し感染防止に努めてまいりましたが、皆様にご心配とご迷惑をお掛けし誠に申し訳ございません。感染された方々の治療及び感染拡大防止に全力で努めて参りますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

2021年5月14日
千葉大学医学部附属病院 病院長
横手 幸太郎

ページトップへ