印刷専用ページへ

千葉大学履修証明プログラム

遠隔医療マネジメントプログラム(第3期)

2018年10月27日より、履修証明プログラム「遠隔医療マネジメントプログラム」の第3期が始まります。
このプログラムは、遠隔医療の実際の導入や運用、開発に活躍できる人材の養成を目指すものです。

開催期間 平成30年10月27日~平成31年9月30日
講義数 60講義(120時間)
開催日時 教室講義:土曜日(月1回:6時間)平日の午後7時~午後9時(月1~3回)
e-learningも可
場所 千葉大学キャンパス他
受講料 240,000円
募集人数 50名
内容 遠隔医療に関わるあらゆる立場に共通する基本となる能力、遠隔医療に取り組もうとする医療機関等において遠隔医療を実現し管理して実践していく能力、遠隔医療に関連した技術の開発や環境の整備を適切に実施する能力、普及を通じて遠隔医療に貢献する能力を身につける。このため、「遠隔医療をとりまく環境」、「遠隔医療を支える情報技術」、「遠隔医療の類型と実際」、「遠隔医療の活用」、「遠隔医療の普及」、「遠隔医療の評価と発展」の6つのテーマにおいてそれぞれ20時間の講習を行う。
対象者 遠隔医療を導入し実践することをめざす医療機関等で活躍する人材
遠隔医療の支えるシステム等を開発し提供する事業所等で活躍する人材
遠隔医療に関心をもち普及への貢献をめざす人材
資格 インターネット環境を有すること
大学入学資格に準ずる(詳しくは、募集要項参照)
申込 参加希望者は、こちらの募集要項を参考に必要書類(志望票)を問い合わせ先までお送りください。必要書類のうち、大学入学資格を証明する書類(卒業証明書、卒業証書のコピーなど)は、後日で構いません。
申込締切 平成30年11月12日(月曜日)
書類の到着が間に合わないようであれば、下記問い合わせ先電話もしくはe-mailにて締切日までにご連絡ください。書類は後日でも構いません。
決定 受講者の参加決定は、申込決定後、選考いたします。
受講決定の可否は、お知らせいただいた御連絡先宛に通知いたします。
お問合せ先 〒260-8677 千葉県千葉市中央区亥鼻1-8-1
千葉大学医学部附属病院 地域医療連携部 履修証明プログラム係
TEL 043-222-7171(代表)内線 6471
メール:hmahara [at] chiba-u.jp

地域療養設計管理者養成プログラム(第3期)

2018年10月24日より、履修証明プログラム「地域療養設計管理者養成プログラム」の第3期が始まります。
このプログラムは、地域で高齢者を支える中心的な人物の育成を目指すものです。

文科省BPロゴ

このプログラムは、文部科学省平成29年度「職業実践力育成プログラム」(BP)の認定を受けております。

開催期間 平成30年10月24日~平成31年9月30日
講義数 84講義(168時間)
開催日時 教室講義:原則週2回(平日の午後7時~午後9時、週末の午前11時~午後5時の間の一部) e-learning(動画による学習 受講する時間は自由)も可
場所 千葉大学医学部附属病院 外来診療棟1階 患者支援センター
受講料 120,000円
募集人数 20名
内容 地域での療養する人の生活を支えるには、幅広い知識・技術を身につける必要がある。身体面、精神面、社会面、スピリチュアル面、さらには法律面や金銭面におよぶ知識・技術を学ぶ。あわせて、療養する高齢者が住みやすい地域社会を実現するために多職種や地域住民を巻き込む方法を学ぶ。地域での療養を見直すために、医療介護におけるデータの蓄積方法、統計処理の方法を学ぶ。そのために14のテーマを設定した。それぞれ12時間の講習によって成り立っており、5つのテーマ群を構成している。この5つのテーマ群により知識・技術を学ぶことができる。
対象者 在宅医療・地域包括ケアに関わる多職種
医師、看護師、訪問介護、ケアマネージャー、薬剤師、社会福祉士、患者団体メンバー、地域づくりを目指す住民、行政職、医療事務など
資格
  • インターネット環境を有すること
  • 大学入学資格に準ずる(詳しくは、募集要項参照)
申込 参加希望者は、こちらの募集要項を参考に必要書類(志望票)を問い合わせ先までお送りください。必要書類のうち、大学入学資格を証明する書類(卒業証明書、卒業証書のコピーなど)は、後日で構いません。
申込締切 平成30年11月12日(月曜日)
書類の到着が間に合わないようであれば、下記問い合わせ先電話もしくはe-mailにて締切日までにご連絡ください。書類は後日でも構いません。
決定 受講者の参加決定は、申込決定後、選考いたします。
受講決定の可否は、お知らせいただいた御連絡先宛に通知いたします。
お問合せ先 〒260-8677 千葉県千葉市中央区亥鼻1-8-1
千葉大学医学部附属病院 地域医療連携部 履修証明プログラム係
TEL 043-222-7171(代表)内線 6471
メール:hmahara [at] chiba-u.jp

遠隔医療マネジメントプログラム(第2期)

2018年5月25日より、履修証明プログラム「遠隔医療マネジメントプログラム」が始まります。
このプログラムは、遠隔医療の実際の導入や運用、開発に活躍できる人材の養成を目指すものです。

開催期間 平成30年5月25日~平成31年3月31日(開始日が変更になりました)
講義数 60講義(120時間)
開催日時 教室講義:土曜日(月1回:時間)平日の午後7時~午後9時(月1~3回)
e-learningも可
場所 千葉大学キャンパス他
受講料 240,000円
募集人数 50名
内容 遠隔医療に関わるあらゆる立場に共通する基本となる能力、遠隔医療に取り組もうとする医療機関等において遠隔医療を実現し管理して実践していく能力、遠隔医療に関連した技術の開発や環境の整備を適切に実施する能力、普及を通じて遠隔医療に貢献する能力を身につける。このため、「遠隔医療をとりまく環境」、「遠隔医療を支える情報技術」、「遠隔医療の類型と実際」、「遠隔医療の活用」、「遠隔医療の普及」、「遠隔医療の評価と発展」の6つのテーマにおいてそれぞれ20時間の講習を行う。
対象者 遠隔医療を導入し実践することをめざす医療機関等で活躍する人材
遠隔医療の支えるシステム等を開発し提供する事業所等で活躍する人材
遠隔医療に関心をもち普及への貢献をめざす人材
資格 インターネット環境を有すること
大学入学資格に準ずる(詳しくは、募集要項参照)
申込 参加希望者は、こちらの募集要項を参考に必要書類(志望票)を問い合わせ先までお送りください。必要書類のうち、大学入学資格を証明する書類(卒業証明書、卒業証書のコピーなど)は、後日で構いません。
申込締切 平成30年5月11日(金曜日)
書類の到着が間に合わないようであれば、下記問い合わせ先電話もしくはe-mailにて締切日までにご連絡ください。書類は後日でも構いません。
決定 受講者の参加決定は、申込決定後、選考いたします。
受講決定の可否は、お知らせいただいた御連絡先宛に通知いたします。
お問合せ先 〒260-8677 千葉県千葉市中央区亥鼻1-8-1
千葉大学医学部附属病院 地域医療連携部 履修証明プログラム係
TEL 043-222-7171(代表)内線 6471
メール:hmahara [at] chiba-u.jp

地域療養設計管理者養成プログラム(第2期)

2018年5月23日より、履修証明プログラム「地域療養設計管理者養成プログラム」の第2期が始まります。
このプログラムは、地域で高齢者を支える中心的な人物の育成を目指すものです。

開催期間 平成30年5月23日~平成31年3月31日(開始日が変更になりました)
講義数 84講義(168時間)
開催日時 教室講義:原則週2回(平日の午後7時~午後9時、週末の午前11時~午後5時の間の一部) e-learning(動画による学習 受講する時間は自由)も可
場所 千葉大学医学部附属病院 外来診療棟1階 患者支援センター
受講料 120,000円
募集人数 15名
内容 地域での療養する人の生活を支えるには、幅広い知識・技術を身につける必要がある。身体面、精神面、社会面、スピリチュアル面、さらには法律面や金銭面におよぶ知識・技術を学ぶ。あわせて、療養する高齢者が住みやすい地域社会を実現するために多職種や地域住民を巻き込む方法を学ぶ。地域での療養を見直すために、医療介護におけるデータの蓄積方法、統計処理の方法を学ぶ。そのために14のテーマを設定した。それぞれ12時間の講習によって成り立っており、5つのテーマ群を構成している。この5つのテーマ群により知識・技術を学ぶことができる。
対象者 在宅医療・地域包括ケアに関わる多職種
医師、看護師、訪問介護、ケアマネージャー、薬剤師、社会福祉士、患者団体メンバー、地域づくりを目指す住民、行政職、医療事務など
資格
  • インターネット環境を有すること
  • 大学入学資格に準ずる(詳しくは、募集要項参照)
申込 参加希望者は、こちらの募集要項を参考に必要書類(志望票)を問い合わせ先までお送りください。必要書類のうち、大学入学資格を証明する書類(卒業証明書、卒業証書のコピーなど)は、後日で構いません。
申込締切 平成30年5月11日(金曜日)
書類の到着が間に合わないようであれば、下記問い合わせ先電話もしくはe-mailにて締切日までにご連絡ください。書類は後日でも構いません。
決定 受講者の参加決定は、申込決定後、選考いたします。
受講決定の可否は、お知らせいただいた御連絡先宛に通知いたします。
お問合せ先 〒260-8677 千葉県千葉市中央区亥鼻1-8-1
千葉大学医学部附属病院 地域医療連携部 履修証明プログラム係
TEL 043-222-7171(代表)内線 6471
メール:hmahara [at] chiba-u.jp

病院経営スペシャリスト養成プログラム(ちば医経塾)

医療需要が増大する一方で病院経営を取り巻く環境は厳しく、効率的かつ戦略的な病院経営が求められる中、医療の特殊性を理解し経営マインドやマネジメントスキルを持つ人材の育成が重要となっています。
病院経営スペシャリスト養成プログラム(ちば医経塾)は、千葉大学の履修証明プログラムとして、病院経営や運営に関する事項を系統的に学べるプログラムを通じて、持続可能な病院経営システムを構築できる実践的な医療人材を養成します。

プログラム概要

内容 本プログラムは、千葉大学病院において、実務能力に長けた講師陣が病院経営上の重要事項を網羅した学習内容を提供し、病院経営のスペシャリストを養成・輩出することを目的とします。
医師を中心に、コメディカルや事務職、地域医療政策を担う自治体職員など将来の病院運営を担う者を対象とし、DPC/PDPS制度に基づく病院経営指標の管理やコストの適正化、診療内容の最適化・質向上といった実践的な学習内容を提供します。
また、実際のデータを活用したハンズオンセミナーやOn The Jobトレーニングを通じた実践的な教育内容を構築(履修証明プログラム)するとともに、働きながら学習可能な体制を提供します。
対象 病院経営について学ぶ意欲をもった、医師、看護師等医療職、行政職員、病院事務職、ヘルスケア企業職員など
日程 平成30年5月~平成31年2月の土曜日・日曜日
各月1日6時間の講座を月2日程度

【時間割】

  • 1限:10時30分~12時
  • 2限:13時~14時30分
  • 3限:14時40分~16時10分
  • 4限:16時20分~17時50分
場所 千葉大学医学部附属病院内
学習時間 120時間以上(電子媒体での補講制度あり)
募集人数 正規プログラム履修者10名程度
このほか科目履修生も募集します
受講料
  • 正規プログラム履修生(履修証明プログラム)
    (1)病院職員48万円
    (2)病院職員以外の方60万円
    注)
    非医療従事者の履修生には医療についてのリテラシーを身に着けていただくために医療・医学概論を提供します。
  • 科目履修生
    1時間5,000円(6時間の科目の場合:3万円)
応募方法・時期 詳細は募集要項をご覧ください。
その他 正規プログラム履修生には、修了時に学校教育法に基づいた履修証明書を発行。病院経営スペシャリストの称号を附与し同窓組織へ登録します。

プログラムの詳細は、ちば医経塾ホームページをご確認ください。

ちば医経塾ホームページ新しいウィンドウで開きます

ページトップへ