印刷専用ページへ

クリニカル・スキルズ・センター(教育研修棟内)

千葉大学大学院医学研究院附属クリニカル・スキルズ・センター(CCSC)は、全ての医療専門職者を対象に系統だったシミュレーション技能教育(診療・ケア)を実施することで医療の安全性と患者満足度を高め、患者中心の医療を実現することを目的とする組織・施設です。
千葉大学病院内の教育研修棟には、シミュレータを利用して教育・研修を行うシミュレーション・ラボ、模擬患者(Simulated Patient, SP)が参加して教育・研修を行うパフォーマンス・ラボが立地し、77種類253台(2016年10月現在)のシミュレータやモデルを利用した多種多様の訓練が可能です。

シミュレーション・ラボ、パフォーマンス・ラボを利用した教育・研修

  • 写真
    シミュレータによる手術手技訓練
  • 写真
    診察シミュレーション室での模擬患者を相手にした診演習
  • 写真
    病棟での患者急変を想定したシミュレーション・トレーニング
  • 写真
    シミュレータによる各種看護技術研修

クリニカル・スキルズ・センターロゴ

クリニカル・スキルズ・センターの詳細は、同センター・ホームページを参照ください。

クリニカル・スキルズ・センター・ホームページ新しいウィンドウで開きます