カリキュラム

医療イノベーションに必要な知識・技術を1年間120時間で学びます

現場から未来に渡るまで必要とされる医療イノベーション人材ニーズ

現場知識 (座学)

地域医療連携 遠隔診療 遠隔リハビリ予防 (ヘルスプロモーション) 救急・防災医療 病診連携 病介連携 病病連携 院内データ連携

医療システム評価(異業種間コミュニケーション実習含む)

Model for assessment of telemedicine: MASTを活用した医療システム評価 8月実施予定

基礎知識 (座学)

公衆衛生学・医療経済・個人情報 (GDPR・CCPA・HIPAA) 医療データ標準化 セキュリティ (HIPPA) ヘルスケアデータ戦略

技術知識 (座学)

IOT技術 / 5G ロボティクス・遠隔技術 深層学習・機械学習 データーサイエンス

データベースにした事業
未来医療プレゼン(実習)

2020年12月〜2021年3月予定
Python 機械学習 入門

事業提案のプレゼンテーション
(グループワーク)

基礎知識 (座学)

グローバル視点からの医療イノベーショの実証(臨床の立場から)

担当講師 武藤真祐
講義日程 2020年7月4日 10:00

これからの医療イノベーションは国内だけではなく海外での広がりを必要とする。そのためにはどのようなことが必要なのか実際海外にて臨床事業を行っている立場の講師から学ぶ講座。

現場知識 (座学)

「シームレスな地域連携医療の実現」地域ぐるみでの疾病管理実現のために

担当講師 中野智紀
講義日程 2020年6月13日 15:00

埼玉利根医療圏地域医療ITネットワークシステムとねっとは、日本で、最初の二次医療圏単位で運営されるEHRである。医療情報の相互参照だけを目的とせず、救急医療、疾病管理、健康づくりと住民、専門職、行政を支える情報基盤である。超高齢社会へ対応できる 新しいモデル構築が必要である。本講座では、システムの成功例としてだけでなく、『とねっと』と幸手モデルのこれまでの紆余曲折をお話ししながら地域にとって皆が活用出来るシステムには何が必要かを考察したい。

現場知識 (座学)

情報システムが支える救急医療

担当講師 夏井淳一
講義日程 2020年6月13日 13:00

鳥の視点(Bird's View)で俯瞰した情報を提供し、PDSAによる緊急医療の改善を支援することで、救急医療における様々な課題を解決することを目的とした救急医療管制支援システムe-MATCHについて。

現場知識 (座学)

未来の医療のカタチ 遠隔集中治療室(ICU)

担当講師 髙木俊介
講義日程 2020年10月31日 15:00

米国の遠隔集中システムおよび、我々が進めている遠隔集中システムの具体的な事例を紹介しつつ、その将来と課題について講義を行う。

AIを実際の医療にどう応用するのか?「AIによって認知症患者をサポートする」

担当講師 前川 智明
講義日程 2020年6月27日 10:00

AIの新たな利活用を目指すベンチャー株式会社エクサウィザーエクスウィザーズの取り組みを紹介しながら、医療・介護の領域でのAIの可能性について考察をおこなう。

基礎知識 (座学)

医療イノベーションに関わる法制に関わる基礎知識

担当講師 落合 孝文
講義日程 2020年7月4日 13:00

医療イノベーションをすすめる上で様々な法的課題がある。今回、オンライン診療に関する法規制と対応実務そしてPHRと法的な議論についてその基礎知識についての講義を行う。

基礎知識 (座学)

個人情報保護と医療イノベーション(次世代医療基盤法・個人情報2,000

担当講師 鈴木正朝
講義日程 2020年7月4日 15:00

個人情報保護法制2000個問題が“医療ビッグデータ政策”にもたらす影響を概観し、次に医療影像データと正確な個人データを大量に集積して医療AI等を駆使して画像診断や創薬につなげるための“医療クオリティデータ政策”の必要性、すなわち、「医療仮名加工情報」の立法化について考えてみたい。また、昨今のコロナなどパンデミック対応について個人情報保護法はいかにそれに応えるべきか議論してみたい。

基礎知識 (座学)

医療経済学視点から考える医療イノベーション

担当講師 真野俊樹
講義日程 2020年7月18日 13:00

医療サービスにおける地域医療連携に残る課題を解決する為にはICTが役立つと考える。医療マーケティング、地域医療連携、そこにおけるICTのあり方について考察を行う。

基礎知識 (座学)

グローバル視点での医療イノベーションの基礎知識について

担当講師 吉澤尚
講義日程 2020年9月12日 10:00

日本の医療情報基盤構築に向けた単純なPHRやEHRをそれぞれスタンドアロンで設計する時代はすでに終わっている。バイオバンク同士の疾患分野ごとの連携も必要であるし、ゲノム、診療情報、マイクロバイオーム、そのほか検体のとの連携も進む。また、外国バイオバンクと連携した人種の多様性の観点を加味した医療情報基盤となりうるかの戦略も極めて重要。それを踏まえたうえでシステムの基盤、制度やビジネス戦略の観点からの項目について検討する。

基礎知識 (座学)

欧州に学ぶライフサイエンスの個人情報保護とサイバーセキュリティ

担当講師 笹原 英司
講義日程 2020年9月12日 13:00

各国のコロナウィルス対応をはじめ、EUの事例を元に、医薬品、医療機器、デジタルヘルスといった製品の垣根を越えて、個人情報漏えいやサイバー攻撃被害からライフサイエンスのイノベーション資産を保護する管理策について考察する。

現場知識 (座学)

第4の診療概念としての遠隔診療と医療の質

担当講師 黒木春郎
講義日程 2020年9月12日 15:00

クリニックにおいて適切にオンライン診療を導入することによる遠隔診療がもたらす医療の質の向上について現場からの実践事例(エビデンス)を交えて考察する。

技術知識 (座学)

医療情報学・病院現場へのIOT技術の応用

担当講師 黒田知宏
講義日程 2020年9月26日

未来の医療イノベーションにおける医療情報のあり方について受講者とともに考える講義とする。

技術知識 (座学)

通信技術の進歩と医療イノベーション

担当講師 木暮祐一
講義日程 2020年10月31日 13:00

5Gを含む携帯電話ネットワークとICTをどのように医療に活用できるのか、その一方で社会実装していく際の障壁となる課題がどこにあるのかなどを解説していく。

現場知識 (座学)

日本の医療課題とオンライン診療のあり方

担当講師 豊田剛一郎
講義日程 2020年10月31日 10:00

オンライン診療のこれまでと現在の課題、その先に目指すべき姿について事例を交えながら検討する

現場知識 (座学)

高齢社会を支えるシビルテック

担当講師 吉田彰
講義日程 2020年7月18日 10:00

地域包括ケア関係者はテクノロジーによって生産性を高め、より一層専門スキルエリアに注力する、高齢者はテクノロジーを自助・
互助にために活用する、そのような理想的な地域包括ケアシステム=「住み続けたい街」を支えるのは、人間の能力を拡張するテクノロジーに
裏打ちされたシビックテックではないか。実例を交えながら、地域包括ケアシステムを支えるテクノロジーについて考察する。

データベースにした事業未来医療プレゼン (実習)

機械学習プログラム

担当講師 西川浩平/山下智砂子
講義日程 2020年1月16日〜2021年3月20日

プログラミング経験ゼロのビシジネスパーソンの方を対象に、Pythonプログラミング環境を導入しソースコードの入力、出力から体験。2つのパターンで学習。IBM Cloudを活用。
①Python3.8をインストールしIDLEを起動させます。shellwindowにソースコードを入力する。
②Jupiter Notebookを使用する。

技術知識 (座学)

Medical BlockChain ~ 医療×ヘルスケア meets ブロックチェーン ~

担当講師 中山照章
講義日程 2020年6月13日 10:00

ブロックチェーンの基本的なことを説明しながら受講生と医療におけるブロックチェーンの可能性について考察を行う。

基礎知識 (座学)

オリエンテーション・超高齢社会に求められる医療イノベーション

担当講師 竹内公一
講義日程 2020年5月23日 13:00

本講座のイントロダクションとして日本の医療の課題・千葉県でおこっている医療の課題の実例を交えながら医療イノベーションのためのニーズを受講者とともに考察することを目的とする。

現場知識 (座学)

見立て塾と上野流認知症支援

担当講師 上野英樹
講義日程 2020年10月17日 15:00

人口の高齢化に伴い、世界で認知症の人が増えている。認知症とは、一旦正常に発達した知的能力が低下してしまい、記憶障害、見当識障害、理解・判断力の低下があるために生活障害を生じた状態を言う。認知症の人には生活障害があるために、生活障害の支援が必要となる。軽度認知障害から認知症の全経過を通じて約8割の人に精神症状が出現するという報告があるように、認知症の人に精神症状が合併することが珍しくない。認知症の人には生活障害があるために支援が必要になるが、精神症状が出現するとその支援が困難になってしまうことが知られている。

技術知識 (座学)

持続可能な医療を求めて 次世代医療構想センターが目指すもの

担当講師 吉村健佑
講義日程 2020年10月17日 10:00

現在、次世代医療構想センターでおこなっている事業を紹介しつつ、持続可能性のある医療に必要なことはなにかを考察する。

技術知識 (座学)

メカトロニクス技術が拓く医療イノベーション

担当講師 川村和也
講義日程 2020年11月14日

講義では研究室で行っているプロジェクトだけではなく、医療領域でのメカトロニクス技術の事例を紹介し、メカトロニクス技術が拓く医療イノベーションについて考察する。

技術知識 (座学)

画像情報 とAI診断

担当講師 大西 峻
講義日程 2020年10月17日 13:00

AI・深層学習が秘めるポテンシャルは測り知れず、医用画像解析分野における活用も急増している。研究レベルではすでに人間と同等以上の精度で診断可能な事例も報告されており、臨床応用への期待が益々高まっている。その一方で、万能のツールと誤認識されやすく、配慮すべき点も多い。本講座では日米における最新動向を紹介しつつ、AIの可能性と課題について学ぶ。事前知識は必要ない。

技術知識 (座学)

医療領域おけるAIの役割(AIの基礎知識)

担当講師 川上英良
講義日程 2020年11月14日

AIの基礎知識と「教師あり学習」と「教師なし学習」を取り上げ、具体的な医療への適用指令本講座では、AIの基礎知識と「教師あり学習」と「教師な し学習」を取り上げ,具体的な医療への適用事例を紹介を行いながら、医療におけるAIの可能性について考察する。

基礎知識 (座学)

患者中心の情報システムのあり方 データ利用の有効性について

担当講師 相羽良寿
講義日程 2020年11月28日

全世代の住民に健康増進を意識付けることも含めて開発された患者中心の情報システムSHACHI(Social Health Assist CHIba)のシステムを紹介しながら、習得データの利活用について考察する。

連携協同ワークショップ、IPE基礎実習

担当講師 酒井郁子
講義日程 2020年8月10日

IPEの本質である、お互いについてお互いのことをお互いに学ぶことを主眼に置いたワークショップを体験していただく。このワークには、アイスブレーク、自己の行動のリフレクション、互いのこれまでのジャーニーの理解、情報共有の方法、対立の解決、などが含まれる。このワークを通していろいろなことに気づき、新しい価値を生み出し共有することを体験する。

データベースにした事業未来医療プレゼン (実習)

実習MAST - 遠隔医療評価モデル(MODEL FOR ASSESSMENT OF TELEMEDICINE)を活用した遠隔医療システム評価実習

担当講師 阿久津靖子
講義日程 2020年8月8日〜2020年8月9日

ヨーロッパのMASTマニュアルを叩き台として遠隔医療アプリケーションの評価実習を行うことにする。本来、MASTについては時間をかけて行うものであるが、この講座においては、そのモデルの概要を学び、今後の遠隔診療のみならず、医療イノベーションの評価を客観的に評価できる視野を持つことを目的とする。

基礎知識 (座学)

医療の費用対効果を考える(仮題)

担当講師 五十嵐中
講義日程 2020年6月27日 15:00

半世紀以上の長きにわたって日本では、「国民皆保険制度」=「みなが保険に加入でき、その保険で全ての医薬品を同じ条件でカバーする」状態として理解されてきた。
 しかし本来の国民皆保険 (Universal Health Coverage)は、世界保健機関WHOの定義では「全ての人が必要な保健サービスを金銭的な困難なく享受できること」である。「必要な」がポイントで、「全ての医薬品をまかなう」ことは必須ではない。いわゆる「皆保険」を導入している国であっても、承認されている医薬品を一律に公的医療制度でカバーするのはむしろ例外的である。英国や北欧諸国など多くの国は、一部の薬のみをカバーする。フランスは、薬や疾患の特性に応じて、国の負担割合を変化させる。

予防医学の視点からみた健康まちづくり

担当講師 花里真道
講義日程 2020年11月14日

ゼロ次予防として、自然環境・緑を中心として、健康を支援する環境の可能性を疫学研究の成果をもとに考察をおこなう。

技術知識 (座学)

医療イノベーションと医療経済(仮題)

担当講師 池田俊也
講義日程 2020年6月27日 13:00

医療イノベーションをグローバル視点で考える上で、必要となってくる医療技術評価(HTA=Health Technology Assessment)について、基本的な考え方を実例を交えながら考察する。

未定

担当講師 未定
講義日程 2020年5月23日〜2020年7月18日

基礎知識 (座学)

公衆衛生学からみた医療イノベーション(仮題)

担当講師 尾内善広
講義日程 2020年11月28日