千葉大学医学部附属病院 総合医療教育研修センター

お問い合わせ

セミナー情報

セミナー情報一覧 List

セミナー名 会期 ポスター 詳細
臨床研修医のための画像研修会
腹部CTを読み解こう!
~ 解剖から急性疾患の要点まで ~
2018年6月16日(土曜日) PDF 詳細を見る
脳神経外科ハンズオンセミナー 2018年6月2日(土曜日) 詳細を見る
第9回神経内科セミナー 2018年5月19日(土曜日) PDF 詳細を見る
臨床研修医のための画像研修会
腹部超音波を使いこなそう!
~ 基本操作から臨床応用まで ~
2018年5月12日(土曜日) PDF 詳細を見る
第22回院内合同CPC 2018年2月28日(水曜日) PDF 終了
第8回千葉神経内科セミナー 2018年2月24日(土曜日) PDF 終了

臨床研修医のための画像研修会 
腹部CTを読み解こう!~ 解剖から急性疾患の要点まで ~

日時:
2018年6月16日(土曜日) 午後1時~5時(予定)
会場:
千葉大学医学部附属病院クリニカルスキルズセンター
対象:
初期研修医の皆さん (CDドライブ付パソコンが必要です)
受講料:
無料
定員:
30名程度
※事前申し込みをお願いします。
申し込み・
問い合わせ:
千葉大学大学院先端応用外科・食道胃腸外科 早野
電話:043-226-2110 メール:k-hayano@chiba-u.jp
セミナー内容:
日々の臨床において画像診断は例えて言うならば治療をする上での「地図」のようなものであり、必要不可欠な存在です。特にCTは、診断・治療 の様々な場面で広く活用されています。そんな身近なCTですが、「どこから読んだらよいのか分からない」「見落としが心配」などの声も聞かれます。そのような不安を解消するための研修会を行い、基本解剖の復習と系統的読影の練習に加え、外科医の視点から急性疾患の読解術を紹介します。この機会にスキルアップを図ってみませんか?

臨床研修医のための画像研修会 腹部CTを読み解こう!~ 解剖から急性疾患の要点まで ~ ポスター

脳神経外科ハンズオンセミナー

日時:
2018年6月2日(土曜日)午後1時~午後4時
会場:
千葉大学医学部 同窓会館(病院ではなく、医学部です。ご注意下さい。)
対象:
初期研修医、医学生、シニアレジデント、その他どなたでも
お問い合わせ・
申込み先:
千葉大学脳神経外科 堀口健太郎まで
E-mail:ken1977hori@chiba-u.jp
セミナー内容:

【インストラクター】
足立、小林、折本、関連施設医師

医局説明会も開催いたします。

千葉大学脳神経外科ホームページもご覧ください

第9回神経内科セミナー

日時:
2018年5月19日(土曜日)午後4時~午後6時
会場:
千葉大学医学部附属病院クリニカルスキルズセンター
内容:
  • よくわかる 頭痛の診かた
    講師:福武敏夫先生(亀田総合病院神経内科部長)
  • Hands-on セミナー 末梢神経を診てみよう
    講師:桑原聡先生(千葉大学大学院医学研究院神経内科学 教授)
申し込み先:
参加希望の方は、下記Googleフォームからご連絡ください。
https://goo.gl/forms/00QFDv7wCtrn70Ji2
応募締切:
2018年5月11日(金曜日)
セミナー内容:

千葉大学附属病院研修医・千葉大学医学部卒業生の皆様へ
千葉大学神経内科では、初期研修医・医学部生を対象に、日常診療でよく遭遇する症状や分野に関して定期的に講演を行っています。
上記日程で第9回神経内科セミナーを行いますので、奮ってご参加ください。

臨床症候学研究の第一人者である、亀田総合病院神経内科部長の福武敏夫先生から「頭痛の診かた」についてご講演いただきます。日常診療でよく遭遇する”頭痛”について、豊富な臨床経験をもとに、こだわりポイントのつまった実戦的なお話がうかがえると思います。Hands-on セミナーは、馴染みの薄い末梢神経の検査を、実際に体験できます。
詳細をFacebookにもアップしておりますので、ご覧ください。

臨床研修医のための画像研修会 
腹部超音波を使いこなそう!~ 基本操作から臨床応用まで ~

日時:
2018年5月12日(土曜日) 午後1時~5時(予定)
会場:
千葉大学医学部附属病院クリニカル・スキルズ・センター
対象:
初期研修医の皆さん
受講料:
無料
定員:
30名程度
※事前申し込みをお願いします。
※以前受講された方も再受講可能です。
申し込み・
問い合わせ:
千葉大学大学院先端応用外科・食道胃腸外科 大平
電話:043-226-2110 メール:Ohira@faculty.chiba-u.jp
セミナー内容:
内臓をリアルタイムに観察することのできる超音波は「外科医の聴診器」と呼ばれます。被ばくや痛みのない体に優しい検査ですが、意外に難しく奥が深いことも知られています。今回、研修医の皆さんを対象に実際の機器を用いてマスターするコースを企画しました。画像の作り方・見方などの基本から、外傷診療のFASTや肝区域診断といった応用編まで、経験豊かなスタッフが丁寧に指導します。この機会にスキルアップを図ってみませんか?

臨床研修医のための画像研修会 腹部超音波を使いこなそう!~ 基本操作から臨床応用まで ~ ポスター

ページの先頭