千葉大学医学部附属病院 総合医療教育研修センター

お問い合わせ

初期研修(歯科医師)

研修医インタビュー Interview

宇留野 先生
宇留野 央有克 先生

研修医2年目の宇留野です。
早くも国家試験合格してから2年を迎えようとしています。
この2年間の研修医生活の中で数多くの知識や技術を学ぶことができました。

病院見学をさせていただいた際に、知識も経験もない学生時代の自分はとても活気があふれている現場だと漠然と思い、和気藹々と外来や病棟で診察をされている研修医や先生の姿を見て、自分も口腔癌を専門にした全身管理に携わりたいと考えました。

将来口腔外科の道に進みたいと考えている学生の皆さんに自分から伝えることができることは、千葉大学病院歯科・顎・口腔外科での研修では口腔癌を中心とした全身管理および全身疾患や病棟管理はもちろんこと一般歯科治療の技術も含めては幅広く学べるということです。

今後は、大学院生としてより専門性のある研究や臨床に関わらせていただくことになると思いますが、尊敬できる上級医の先生方と信頼できる後輩たちと一緒により濃密な生活を過ごせるよう切磋琢磨していければと思います。

有田 恵利奈 先生
有田 恵利奈 先生

千葉大学病院の研修を選んだ理由

私が千葉大学病院の研修を選択した理由は二つあります。
一つは、複合型プログラムの内容がとても興味深かったという点です。千葉大学病院の研修には、初期研修中に関連病院へ四カ月間出向し研修を行える複合型プログラムがあります。大学病院とは症例や診療体制など全く異なる病院歯科の臨床現場を経験でき、他の研修施設にはない独特な内容にとても魅力を感じました。
もう一つは、“実践”を重視して学べるという点です。千葉大学病院では、口腔外科だけでなく一般歯科の症例も多く、上級医および研修二年目の先生方から何事も“実践”を通して臨床の知識を技術と直結させながら学べる研修スタイルにやりがいを感じました。

研修を実際に受けていて良いと思うこと

私は複合型プログラムを選択し、実際に関連病院での研修を終えましたが、地域性もあり来院する患者さんの層や症例も様々で、大学病院とは大きく異なる環境の中で実践を積ませていただいた四カ月間の研修は想像以上には濃いものでした。知識は浅いものの、様々なことを最も吸収できる研修一年目のこの時期にこの様な経験できたことは自分にとって大きな財産になったと思います。また、大学病院に戻ってからは、全身疾患のある患者さんの歯科治療や口腔管理について日々学んでいます。さらに千葉大学病院は口腔癌の症例が多いため、術前から術後までを通して口腔だけではなく全身的に患者さんフォローしたり、知識・技術ともに口腔外科を幅広く経験させて頂いています。何より、仕事面では上級医の先生方は熱心に指導して下さり、仕事以外では先輩・同期もほぼ毎日のように仕事終わりに食事に行ったり仲が良く、プライベートの医局行事があったりと、教授をはじめ医局全体がアットホームな雰囲気なため、毎日忙しくはあるものの楽しい研修生活を送っています。また、千葉大学病院は昨年新棟が出来たため、設備も綺麗で新しく、研修医は病院に近接したレジデントハウスに住めるため、研修環境も充実しています。

研修先を決める人へのアドバイス

やはり学生の時は、具体的な研修内容や生活が想像しにくく研修先を決める際に悩む人も多いと思います。正直私も、研修医先を選ぶにあたり先に述べたことはもちろん本当ですが、最終的には見学に来た際、ただ単純に「ここならかっこいい口腔外科医になれそうだな。」と感じたことが決定打でした。笑 なので、まずは様々な研修施設を見学してみてください。見学に来れば、千葉大学病院での研修は決して楽ではありませんが、内容の濃い充実した研修生活が送れるのを実感できると思います。そのうえで、口腔外科に興味が沸いたり、私と同じように千葉大学病院に魅力を感じた人。これからの研修医生活を千葉大学病院で共に過ごせることを楽しみにしています。

ページの先頭