千葉大学医学部附属病院 総合医療教育研修センター

お問い合わせ

センターのご案内

スタッフ紹介 Staff

スタッフ紹介

センター長

  • 生坂 政臣
    教授(副病院長)

医療教育マネージメント部門

高度医療人材育成部門

  • サルチェード・ダニエル
    特任助教

アテンディング

  • 齊藤 景子
    特任助教
  • 柄澤 智史
    特任助教
  • 竹田 勇輔
    助教
  • 鎌田  雄
    特任助教
  • 若林 華恵
    特任助教
  • 杉山 淳比古
    特任助教
  • 影山 貴弘
    特任助教
  • 髙木 亜由美
    特任助教
  • 横尾 英孝
    特任助教
  • 髙谷 里依子
    特任助教
  • 鋪野 紀好
    特任助教
  • 笠井  大
    特任助教
  • 塚本 知子
    特任助教
  • 高橋  誠
    特任助教
  • 神田 真人
    特任助教

調査・分析部門(IR【Institutional Research】部門)

  • 松本 暢平
    特任助教
  • レオン・ベラスコ
    事務補佐員

CCSC管理スタッフ

  • 藤部 なおみ
    看護系職員
  • 大木 身知子
     

事務スタッフ

  • 森  薫正
    医学部附属病院総務課 総合医療教育係長
  • 松本 幸子
    医学部附属病院総務課 総合医療教育係
  • 大渕 美貴
    医学部附属病院総務課 総合医療教育係
  • 髙橋 志保
    医学部附属病院総務課 総合医療教育係
  • 田尻 明美
    医学部附属病院総務課 総合医療教育係
  • 植松 智子
    医学部附属病院総務課 総合医療教育係 レジデントクラーク

朝比奈 真由美先生からのメッセージ 
医療教育マネージメント部門

医療教育マネージメント部門で担当している仕事内容を教えて下さい。

総合医療教育研修センター 医療教育マネージメント部門の仕事は、千葉大学病院で研修する医療専門職の研修システムや研修環境の整備・改善を行うことです。
具体的には、臨床研修プログラムの作成、研修医ガイダンス、臨床研修報告会、研修医ミーティング、勉強会等の臨床研修をさらに実り多いものにする仕事のほか、研修医室の整備、アテンディング医FD、臨床指導医ワークショップの開催、関連病院との協議など、研修環境・指導体制を整備し居心地よく研修できる場所づくりを目指した活動をしています。
また、教員・研修医等の海外交流を通してグローバルスタンダードの臨床研修体制の構築を目指し、英語による診療トレーニング、海外での研修機会の提供を行っています。
意欲のある若い医師が思う存分、最大限に力を発揮し、将来へつながる能力を伸ばしていく支援をしたいと思っています。

医療教育に携わってから印象に残っている出来事があったら教えて下さい。

以前は神経内科医、リハビリテーション医として臨床研修医を医療の現場で直接指導していました。腰椎穿刺や診断が難しい患者さんのアセスメントなどの実践の機会は急にやってきます。様々な医療現場に居合わせて経験を積むことも研修医の能力であり、そのような研修医がいろいろなことにチャレンジし、どんどん成長していくのを目の当たりにしてきました。それが教育の仕事の魅力であり、現在はそのシステムをより良いものにするにはどうしたらいいのかを日々考えています。

今の研修医から受ける印象はいかがでしょうか。

研修に関する情報や将来の進路に関する情報が多すぎて迷っているような方もいる一方、しっかり自分の進路を決めてそれに向かった研修をしている方もいて様々です。研修開始時には学生の延長のようなところもありますが、患者さんや後輩から頼りにされる経験を経て社会人としての責任感を身に着け、たくましく成長していきます。

これからの研修医に伝えたいことはありますか。

数ある情報の中から自分にとって何が有利かを選び取ることばかりに気を取られてしまうと肝心なところがおろそかになってしまいます。自分の目標を目指していけばおのずと道は開けるのです。診療能力を磨きエキスパートになる、研究で新しい領域を切り開く、医師というのはそういうことができる仕事です。臨床研修の2年間は学生から社会人に立場が変わるインパクトを経験し、年齢的にも将来の進路を決める非常に大切な期間であることを自覚しつつ、日々の研修の一つ一つの経験の意味を考えてみてください。

千葉大の臨床研修の良いところと、変化しているところを教えてください。

千葉大学の研修プログラムは、千葉大学病院と関連病院を組み合わせて研修するシステムです。地域の患者さんの健康管理の責任を担うプライマリ・ケアから難病や高度専門医療まで、すべてのレベルの医療を経験することができます。さらに今年度からニーズに合わせてフレキシブルに研修を組み合わせることが可能になっています。
また、研修医仲間の人数が多いということもメリットの一つであり、研修医同士で教えあったり、協力したりして一人で勉強するよりもいろいろな知識や技術が身につきます。研修医から「学生の臨床実習で大学病院の研修はよく知っていると思っていたけれど、研修医の仕事は想像していたものとは違った。」という感想を聞くこともあります。診療場面で自分の役割があり、それに対して責任を果たすということが自信につながっていきます。

伊藤 彰一先生からのメッセージ 
医療教育マネージメント部門

医療教育マネージメント部門で担当している仕事内容を教えて下さい。

研修プログラムの企画・運営・改善を行っています。研修医との個別面談、毎月の定例ミーティングなどで研修医のニーズを把握し、より良い研修プログラム・研修環境とすることを目指しています。また、研修医選抜試験、臨床研修報告会、ベスト研修医決定など、研修採用予定者および研修医の評価を適切に行うように努めています。研修医のリクルートに関する広報活動も積極的に行っています。

医療教育に携わってから印象に残っている出来事があったら教えて下さい。

診療現場での研修のみならず、研修プログラムの改善、勉強会の開催、広報活動など、研修に関わる活動に研修医が積極的・自主的に参画するようになってきていることが印象的です。研修医自身がモチベーション高く研修を行うことが重要であり、そのために診療以外の活動・環境も充実させる必要があると考えています。

今の研修医から受ける印象はいかがでしょうか。

研修医によって研修に求めることが多様であると感じています。研修開始時に将来の専門研修先が概ね決まっている研修医もいますし、将来の専門研修先を決めるために多様な研修経験を求める研修医もいます。いずれにしましても、医師としてのキャリアの始めである臨床研修に誠実に取り組んでいる研修医が多く嬉しく思っています。また、最近はグローバル志向のある研修医が増えている印象を持っています。

これからの研修医に伝えたいことはありますか。

自らの進路を出来る限り具体的にイメージすることで充実した研修を行うことができると思います。自分の将来の専門研修先をどうするか、今後どの地域で医療活動を行いたいのかなど、早い段階でイメージしていれば、それに沿った研修ローテートを組み立てることができます。当院の研修プログラムには多様な協力病院があり、当院には多様な診療科があります。研修で共に時間を過ごす多くの指導医、同僚、医療専門職に相談しつつ切磋琢磨することで、皆さんの明るい未来が切り開けてきます。

千葉大の臨床研修の良いところと、変化しているところを教えてください。

大学病院と協力病院において、それぞれの強みを生かした研修を行うことができます。大学病院では、高度先進医療を含む幅広い医療を豊富な指導医とともに行えます。また、希望に応じて診療科を選択し、希望の変化に応じて選択科を変更できます。大学病院に加えて協力病院で研修を行うことにより、プライマリ・ケアを修得・強化できます。当院では全ての基本領域の専門研修プログラムを提供し、臨床研修とシームレスに専門研修を行うことができます(内科、外科領域での経験の一部は各専門研修に活かせます)。当院では研修医のニーズを把握し、研修プログラムおよび研修環境の改善を続けています。

若林 華恵先生からのメッセージ 
アテンディング

指導する際に心がけていることは何ですか。

一方的に説明せずに質問を繰り返しながら答えにたどり着かせるよう心がけています。時間はかかりますが、発言回数が増えるごとに距離感も縮まり、自ら質問が出るようになると感じています。

初期研修医に期待することは何ですか。

自ら発信すること。
わからないことや不安があれば聞いてほしいです。「これはまずいかも?!」と思ったらとにかく誰かに知らせてください。
研修医からの連絡で患者の異変に気づくことも意外と多いのです。

これからの研修医に伝えたいことはありますか。

大学病院にはさまざまな分野のプロフェッショナルがいます。経験を積むことはどの病院でもできますが、これほど恵まれた学習の場はないように思います。研修が終わっても日々学ぶことが多いです。
医学生のみなさん、ともに診療し、ともに学びましょう。

鋪野 紀好先生からのメッセージ 
アテンディング

指導する際に心がけていることは何ですか。

臨床推論スキルにおける初学者と熟練医の差は、いわゆる「暗黙知」の部分が多いとされます。
「暗黙知」であるがゆえに、独学ではなかなか取得できないスキルです。この「暗黙知」を言語化することを指導では心がけ、効果的かつ効率的に臨床推論スキルを身につけてもらえればと考えています。

初期研修医に期待することは何ですか。

臨床推論スキルはどの診療科を専門としても、必要なスキルであることは自明です。
思考が柔軟な初期研修医のうちから、その方略を是非とも学習してもらえればと思います。

これからの研修医に伝えたいことはありますか。

千葉大学医学部附属病院は、素晴らしい教育環境が整っています。
熱意のある医学生をお待ちしています。

横尾 英孝先生からのメッセージ 
アテンディング

指導する際に心がけていることは何ですか。

自分で考える習慣をつけ、問題解決能力を養うようにしています。
また、「相手の強みをさらに伸ばすにはどうしたらよいか」という問いを常に自分に投げかけて日々の指導に携わっています。

初期研修医に期待することは何ですか。

医療・医学は人間相手で不確実性が伴い、常に進歩もします。専門的な知識や技術だけでなく、コミュニケーション力や効果的な自己学習法、創造的に問題解決ができる能力も是非身に着けてほしいと考えています。

これからの研修医に伝えたいことはありますか。

大学病院は専門的な診療や研究もそうですが昔から医学教育を行ってきた機関です。多くの医学書を読んだり症例経験を積んだりすることも重要ですが、よき指導医との出会いが今後の医者人生に大きく影響します。是非一緒に学びましょう。

植松 智子さんからのメッセージ 
事務スタッフ

レジデントクラークの仕事内容を教えて下さい。

研修医の皆さんの窓口となり、事務手続きやレジデントハウスに関わる諸手続きのとりまとめ等を行っています。

レジデントクラークになったきっかけはなんですか。

これまで実験助手として大学の医学部や薬学部で勤務してきました。夫の転勤にともない千葉県に引っ越すことになり、偶然目に留まった仕事です。年齢的なことも考えるとこれが最後の転職だろうと思い、若い方のお世話をして終わるのもいいかもしれないと考えました。子供たちがこの春から社会人となったことも理由の一つで、社会人として一歩を踏み出された研修医の先生方のサポートができれば幸せです。

今の研修医から受ける印象はいかがでしょうか。

落ち着いていて、しっかりしている印象です。

これからの研修医に伝えたいことはありますか。

多方面から物事を見ることはとても大切だと思うので、趣味などを通じて他業種の人とも関わりを持ってほしいと思います。

ページの先頭