当センターについて about CCSC

トピックス topics

第14回千葉大学医学部附属病院ICLSコース

2014年3月2日(日)、千葉大学病院、NPO法人千葉医師研修支援ネットワーク主催による『第14回千葉大学医学部附属病院ICLSコース』がスキルトレーニング室とレクチャー室2を使用して行われました。県内の医療従事者22名が参加しました。
ICLSとは、突然の心停止に対しての対処方法を習得するものです。講習会では、実技実習を中心とし、実際に即したシミュレーションを繰り返し行いながら1次救命処置から除細動、薬剤投与、気管挿管を学びます。日本救急医学会の認定コースでもあり、認定内科医取得を目指す医師にとって、ACLS又はICLSの資格を持っていることが認定内科医の取得条件となっているため、とても重要な講習会です。
今回のコースは、過去のICLSコースから得た経験をもとにブラッシュアップした新しいICLS講習会となります。時間が短縮され、スムーズに学べるようにカリキュラムが変更されました。まず、ICLSの概念とBLSについて講義を受け、その後4つのグループに分かれBLSとFBAOについての演習を行いました。その後、ALSの概要について講義を受け、「気道確保・気道管理」、「モニタ・徐細動」、のスキルを実際に体験します。午後はMega-Code Demonstrationを行い、Primary ABCD・Secondary ABCD Survey: VF/pulseless VT、Secondary PEA/Asystoleについて学習しました。最後はMega-Code OSCE、筆記試験を受けて講義は終了しました。コース修了者には修了証が交付されました。

第14回千葉大学医学部附属病院ICLSコース

▲このページTopへ