印刷専用ページへ

DPCデータによる病院指標

DPC制度は、厚生労働省が定めた病名(診断群分類:DPC)と診療内容等から1日の入院医療費を算定する、急性期入院医療を対象とした診療報酬の包括評価制度です。 病院指標は、このDPCデータから全国統一の定義と形式に基づいて作成した指標です。

当院では、病院指標の情報公開を通じて当院の急性期医療の現状を客観的に評価し、医療の質の向上に取り組んでまいります。

(注)
掲載内容は、医療法における病院等の広告規制(医療機関ホームページガイドライン等)を遵守しています。

医療法における病院等の広告規制について(厚生労働省)新しいウィンドウで開きます

年齢階級別退院患者数

ファイルをダウンロード(TSV形式、1KB)

退院患者さんの人数を10歳刻みの年齢階級別に集計しています。年齢は入院日の満年齢となります。

年齢区分 0~9 10~19 20~29 30~39 40~49 50~59 60~69 70~79 80~89 90~
患者数 1,070 536 582 939 1,543 2,063 4,181 4,446 1,427 75

年齢階級別退院患者数 グラフ

  • 特定機能病院である当院は、先端医療を含む質の高い医療を幅広い年齢層の患者さんに提供するとともに、地域医療の中核の役割も担っています。特に60歳以上の患者さんの占める割合が6割を超え、症状が比較的重症になりやすい高齢者の入院が多くなる傾向にあります。
  • 「患者支援センター」や「周術期管理センター」を中心として、医療の質を担保しながら在院日数の短縮や地域医療連携の強化に努めておりますので、退院患者数は増加傾向にあります。
  • 平成28年度からは「周産母子センター」を開設し増床していますので、今後は、新生児、乳幼児の患者さんが増える見込みです。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)

ファイルをダウンロード(TSV形式、11KB)

循環器内科(循環器内科、冠動脈疾患治療部)

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用
パス
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 処置1なし 処置2なし 199 4.48 4.87 0.08% 68.48
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 処置2なし 192 5.37 5.68 0.00% 62.01
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 処置1:心臓カテーテル法による諸検査 処置2なし 副傷病なし 191 3.01 3.07 0.00% 68.58

循環器内科では、狭心症や心筋梗塞といった虚血性心疾患へのカテーテル治療および検査のために入院される患者さんが多く、冠動脈疾患治療部と共同でこれらの検査および治療を行っています。
また循環器内科では頻拍症や心房細動などの不整脈に対するカテーテルアブレーション治療も数多く手掛けており、こちらの治療を受けられる患者さんも増えております。
循環器内科および冠動脈疾患治療部では入院期間の短縮にも配慮しており、個々の患者さんの病気や病状により入院期間は異なりますが、これらの検査治療に関わる当院での平均在院日数はいずれも全国平均よりも短くなっています。

放射線科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用
パス
100020xx99x2xx 甲状腺の悪性腫瘍 手術なし 処置2:I131内用療法(2) 18 4.00 6.82 0.00% 55.06
03001xxx99x2xx 頭頸部悪性腫瘍 手術なし 処置2:化学療法なしかつ放射線療法あり(2) - - 34.32 - -
12002xxx99x30x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 処置2:化学療法ありかつ放射線療法あり(3) 副傷病なし - - 22.61 - -
070040xx99x2xx 骨の悪性腫瘍(脊椎を除く) 手術なし 処置2:放射線療法(2) - - 25.05 - -

当科では甲状腺癌に対するヨウ素131の内用療法を行っています。遠隔転移のある患者さんや、手術後の再発予防が必要な方が治療の対象に含まれます。その他、表には現れていませんが多種多様の悪性腫瘍に対する放射線治療を数多く行っています。

整形外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用
パス
07040xxx01xx0x 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む) 人工関節再置換術等 副傷病なし 57 22.40 24.95 29.82% 66.30
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む) 腱縫合術等 46 11.07 11.98 0.00% 32.04
070341xx99xx0x 脊柱管狭窄(脊椎症を含む) 頸部 手術なし 副傷病なし 41 4.29 6.70 4.88% 66.34

整形外科では、人工股関節置換術の手術が多いのが一つの特徴です。人工股関節の治療は当院整形外科の特徴の一つです。
手術が必要な怪我による入院患者さんも多く、膝靭帯、半月板損傷の病名が挙げられます。平均年齢を見ると、膝靭帯、半月板損傷は若年層の患者さんであることが分かります。膝の靭帯、半月板の手術は関節鏡という内視鏡手術が主体となり、入院の期間は約2週間前後となります。また脊椎疾患の入院い多いのが特徴です。脊椎疾患では四肢の運動麻痺が生じる頸髄損傷後に顆粒球コロニー刺激因子という血球系に作用する増殖因子を投与することにより、神経の障害の回復を認め、これに対する臨床試験を短期の入院で行っております。

産婦人科(婦人科、周産期母性科)

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用
パス
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 処置2:化学療法ありかつ放射線療法なし(4) 副傷病なし 181 2.26 5.33 0.08% 56.41
12002xxx01x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮悪性腫瘍手術等 処置2なし 75 18.69 13.97 0.00% 55.35
120260xx01xxxx 分娩の異常 子宮破裂手術等 58 9.19 9.63 0.00% 33.47 開腹手術PDF(PDF形式、201KB)

当院婦人科では、子宮・卵巣の悪性腫瘍に対して、手術のみでなく化学療法・放射線療法にも力を入れて行っております。化学療法は、最近は外来治療で行っていることが多いですが、特殊な治療が必要な方が多く、入院加療も多く行っています。周産期母性科では、昨年度は改修のための制限をしていたので患者数が少ないですが、今年度から総合周産期センターの認定を受けてハイリスク妊娠・分娩に対応しています。

眼科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用
パス
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり 片眼 291 9.11 11.08 0.00% 54.36
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 処置1:水晶体再建術 処置2なし 168 5.94 7.99 0.00% 68.53
020220xx97xxx0 緑内障 手術あり 片眼 136 7.56 9.57 0.00% 66.24

千葉大学病院眼科では幅広い眼科疾患に対応していますが、特に網膜硝子体疾患と緑内障に重点をおいて診療を行っています。これらの疾患は、緊急性が高く、また適切な治療を行わなければ失明に至る重篤なものです。いずれも治療には高度の専門技術と知識を要し、当院では経験豊富なスタッフが診療に当たり、良好な治療成績を収めています。

皮膚科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用
パス
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 処置2なし 69 9.81 10.49 0.00% 70.94
03001xxx0110xx 頭頸部悪性腫瘍 頸部悪性腫瘍手術等 処置1:分層植皮術等 処置2なし 48 12.44 14.02 0.00% 76.00
03001xxx01000x 頭頸部悪性腫瘍 頸部悪性腫瘍手術等 処置1なし 処置2なし 副傷病なし 40 4.40 12.32 0.00% 77.00

当科では、皮膚悪性腫瘍で紹介いただく患者数が年間300人以上と多いため、入院症例も皮膚悪性腫瘍切除目的の方が多く3分の2を占めております。手術症例では、疾患別では基底細胞癌、有棘細胞癌、悪性黒色腫の順に多く、部位別では頭頸部が多いです。腫瘍切除後に植皮術による再建を行った場合には、植皮が生着するまで安静が必要のため平均12日間の入院期間となっております。頭頸部や大型の病変の再建術やリンパ節廓清術では、形成・美容外科、耳鼻咽喉・頭頸部外科など他診療科と連携して行っています。 DPC細分化により分散しているため順位を下げておりますが、腫瘍以外の疾患での入院患者数は年間100人前後でおり、幅広く皮膚疾患の治療を提供しております。

泌尿器科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用
パス
110080xx9901xx 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 処置1なし 処置2:タキソテール等(1) 59 3.59 13.01 0.00% 67.49
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 処置1なし 処置2なし 59 11.90 7.59 0.00% 72.61
11012xxx040x0x 上部尿路疾患 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 処置1なし 副傷病なし 55 3.24 2.89 1.82% 57.02 体外衝撃波結石破砕術(ESWL)PDF(PDF形式、445KB)

当科の入院患者数で最も件数が多いのは、前立腺がんに対する抗がん剤治療の症例です。この治療は主にホルモン療法が効かなくなった症例に対してタキソテールという抗がん剤を3週間ごとに投与する治療です。抗がん剤の量や投与間隔は症例に応じて調節を行ったりすることがあります。次いで多いのは膀胱腫瘍に対する経尿道的手術目的での入院です。術後数日から1週間程度の期間尿道カテーテルの留置が必要となります。3番目は尿路結石に対する対外衝撃波結石破砕術での入院で、通常2泊3日の治療となります。

耳鼻咽喉・頭頸部外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用
パス
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 手術あり 73 9.77 7.94 0.00% 58.45
100020xx01x0xx 甲状腺の悪性腫瘍 甲状腺悪性腫瘍手術 切除等 処置2なし 56 12.96 9.55 0.00% 61.55
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 32 7.00 7.76 0.00% 62.47 内視鏡下副鼻腔手術PDF(PDF形式、143KB)

当科では、耳下腺、顎下腺、甲状腺の良性腫瘍や、咽頭がん、喉頭がん、口腔がん、上顎がん、耳下腺がんといった頭頸部腫瘍の治療を教室を挙げて取り組んでおります。特に進行期がんの治療では、根本的な手術切除に加えて、欠損した部分を被覆し、形態や機能の保存・回復を図る再建手術を積極的に取り入れ、放射線治療、抗がん剤治療を併用して、高い治療成績を得ています。
さらに頭蓋底に広範囲に進展するがんや、通常は切除不能とされる内頚動脈浸潤がんに対しても、内頚動脈再建手術を併用して根本切除に取り組んでいます。また、一方でこのような拡大切除とは別に、後述しますように、比較的限局した鼻副鼻腔がん、頭蓋底浸潤がんには内視鏡手術によって患者さんの負担が少ない切除を行って早期退院、社会復帰を目指しています。
また、手術を中心とした従来の治療法に加えて、治療成績をさらに向上させ、かつ患者さんの負担を軽減することを目標に、免疫治療の開発に取り組んでいます。NKT細胞という強力な抗腫瘍作用を有する細胞を利用した頭頸部がんに対する免疫細胞療法は、文部科学省のがんトランスレーショナル研究事業での研究を経て、2013年から進行頭頸部がんの標準治療後の再発予防のための治療として先進医療として厚生労働省から認定され実施しています。また、唾液腺がんや悪性黒色腫に対しても臨床研究を実施しています。さらに、iPS技術を用いて作成されたiPS-NKT細胞を利用して理化学研究所と進行頭頸部がんの治療に向け、当科での実績を踏まえて早期の臨床展開を目指した共同研究を進めています。
当科では、慢性副鼻腔炎(蓄膿症)および鼻副鼻腔の腫瘍に対して内視鏡を用いた手術を積極的に行っています。内視鏡手術の特徴は、従来の手術方法と異なり、顔や歯肉に傷を作らず、内視鏡を用いてポリープや腫瘍を完全に除去する点です。最小限の手術操作で最大限の治療効果が期待できるため、患者さんのメリットが大きい手術方法です。ただしこの方法は従来の手術に比べて鼻内の全体像が把握し難く、安全な手術のためには鼻内の解剖に精通した医師が手術を行う必要があります。当科で内視鏡手術を行う医師は、鼻内の解剖に精通しており、充分な手術トレーニングを受けた上で手術に臨んでおります。

小児科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用
パス
080270xxxx0xxx 食物アレルギー 処置1なし 75 3.88 2.63 0.00% 10.00
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害 2500g以上 手術なし 処置2なし 副傷病なし 19 6.84 6.17 0.00% 0.00
040080x1xxx0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎 15歳未満 処置2なし 16 5.94 5.72 6.25% 4.31
  • 当科では、寛解傾向を認めない食物アレルギー児に対して、臨床研究として急速経口免疫療法(rOIT)を行っています。 2010-2012年度は、厚生労働科学研究「食物アレルギーに対する 多施設共同急速経免疫療法」に参加し、鶏卵アレルギーおよび 牛乳アレルギーに対するrOITを行いました。2012年度からは、自主臨床試験としてピーナッツなど他の食物アレルギーに 対するrOITも開始しています。
  • 当院の周産期母性科では基礎疾患を有する母体の妊娠管理を行っており、当科のNICUでは母体の有する疾患やその疾患に対する治療に関連した合併症を持つ新生児の入院管理を行っています。
  • 当科では膠原病、神経筋疾患、血液腫瘍疾患、慢性肺疾患、先天性心疾患などの基礎疾患を有する患児の下気道感染症についての入院管理を行っています。

精神神経科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用
パス
100180xx99000x 副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍 手術なし 処置1なし 処置2なし 副傷病なし - - 6.55 - -
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等 処置2なし 副傷病なし - - 11.91 - -

麻酔・疼痛・緩和医療科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用
パス
03001xxx99x0xx 頭頸部悪性腫瘍 手術なし 処置2なし - - 14.16 - -
040040xx9900xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 処置1なし 処置2なし - - 15.00 - -
060010xx99x0xx 食道の悪性腫瘍(頸部を含む) 手術なし 処置2なし - - 11.98 - -
06007xxx99x00x 膵臓、脾臓の腫瘍 手術なし 処置2なし 副傷病なし - - 10.10 - -
060020xx99x01x 胃の悪性腫瘍 手術なし 処置2なし 副傷病あり - - 20.09 - -
060035xx97x00x 結腸(虫垂を含む)の悪性腫瘍 その他の手術 処置2なし 副傷病なし - - 11.58 - -
010010xx99000x 脳腫瘍 手術なし 処置1なし 処置2なし 副傷病なし - - 11.08 - -
040040xx9901xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 処置1なし 処置2:中心静脈注射等(1) - - 24.16 - -
12002xxx99x00x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 処置2なし 副傷病なし - - 9.21 - -

脳神経外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用
パス
010200xx99x0xx 水頭症 手術なし 処置2なし 40 3.48 8.20 7.50% 75.00 脳室腹腔短絡術PDF(PDF形式、484KB)
010070xx97x20x 脳血管障害 手術あり 処置2:SPECT等(2) 副傷病なし 35 12.94 17.38 5.71% 72.97
010010xx01x00x 脳腫瘍 頭蓋内腫瘍摘出術等 処置2なし 副傷病なし 31 19.77 22.55 12.90% 56.68

当科では中枢神経疾患に対する外科治療全般を行っています。希少疾患に対する治療や、特別な技術を要する手術は、数自体は多くはないため表には反映されていません。
ここに示されていない診断名も含め簡単に解説します。

  • 水頭症:正常圧水頭症という痴呆、歩行障害、失禁などを起こす疾患があります。手術により改善することが期待できますが、診断を正しく行わないといけません。当科では短期入院を行い、手術が効果的であるかを事前に十分検査しています。
  • 脳血管障害:頚部の動脈が狭くなったり閉塞したりすることで、重篤な脳梗塞を生じることがあります。当科ではこのような「頸動脈狭窄・閉塞」に対するステント留置術を多数行っており、良好な成績を得ております。
  • 脳腫瘍:脳腫瘍はその種類や発生した場所により、症状や治療が大きく異なります。当科ではどんな種類の、どんな場所の腫瘍であっても、それぞれを専門とする医師が手術を含めた高度な医療を提供しております。
  • 下垂体機能亢進症(患者数31):一部の下垂体腺腫はホルモンを過剰産生して様々な症状を引き起こします。当科では内分泌内科と協力し、内視鏡を使用した高度な手術治療を行っております。
  • 未破裂脳動脈瘤(患者数31):脳ドックなどで偶然見つかることがありますが、破裂するとくも膜下出血を起こしてしまいます。治療が必要な動脈瘤かどうかを判断するには専門的な診断が重要です。当科では患者様との十分な対話の上、適切な動脈瘤に対してコイル塞栓術やクリッピング術を行っています。
  • パーキンソン病 手術有り(患者数8):神経内科医師と協力して、薬物治療に抵抗性を示すようになった患者様を中心に、脳深部刺激療法を行っております。

呼吸器外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用
パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 処置2なし 234 14.52 13.03 1.28% 67.32 手術PDF(PDF形式、404KB)
040040xx99100x 肺の悪性腫瘍 手術なし 処置1:気管支鏡検査、気管支カメラ等 処置2なし 副傷病なし 39 2.82 3.29 0.00% 72.72 気管支鏡検査PDF(PDF形式、116KB)
040040xx9904xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 処置1なし 処置2:化学療法ありかつ放射線療法なし(4) 28 11.36 13.38 0.00% 65.11

千葉大学呼吸器外科では、肺癌をはじめとする肺悪性腫瘍の治療を目的に入院される患者さんが最多です。大学病院の特性を生かし、様々な合併症や全身疾患をお持ちの患者さんに対しても、複数の診療科と協力して積極的に治療を進めています。当科は肺移植認定施設でもあり、局所進行肺癌に対して、気管支や血管形成技術を駆使し、極力肺全摘を回避し肺機能の温存に努めています。術前導入療法や術後補助化学療法、手術後再発に対する化学療法も当科で行っています。その他の特徴としては、気管支鏡診断および気管支鏡による内視鏡的治療(呼吸器インターベンション)の中心施設として、高精度診断(病理確定診断および病期診断)および低侵襲治療(気道異物除去、気管・気管支腫瘍に対する治療、気道狭窄に対する治療、難治性肺瘻に対する治療など)を推進しています。

呼吸器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用
パス
040040xx99101x 肺の悪性腫瘍 手術なし 処置1:気管支鏡検査、気管支カメラ等 処置2なし 副傷病あり 204 3.33 7.96 0.98% 68.00 気管支鏡検査PDF(PDF形式、128KB)
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 処置2なし 135 9.45 20.63 5.93% 67.96
040040xx9904xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 処置1なし 処置2:化学療法ありかつ放射線療法なし(4) 61 9.62 13.38 0.00% 70.70

呼吸器内科の診療で最も多いのが肺癌です。当院では気管支鏡検査を目的とした入院や抗癌剤治療目的の患者さんが多くなっています。また難病指定になっている間質性肺炎の患者さんも県内の多くの病院からご紹介いただき、診療にあたっています。その他、肺炎、肺高血圧症、睡眠時無呼吸症候群、呼吸不全など幅広い領域の呼吸器疾患の診療にあたっております。

小児外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用
パス
140590xx97xxxx 停留精巣 手術あり 38 4.05 3.32 0.00% 1.63
060150xx03xx0x 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 副傷病なし 29 5.45 5.56 0.00% 9.97
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 処置1なし 処置2なし 副傷病なし 26 4.50 7.38 3.85% 12.73

停留精巣は平時でも精巣が挙上した状態をさします。将来における妊孕性の低下や悪性化の可能性が指摘されており、2歳までに手術することが推奨されます。腹腔内精巣に対しては腹腔鏡での観察を行うこともあります。当科では手術前日に入院、術後は3日間手術創や固定した精巣を観察するとともに、全身状態を確認しています。小児の虫垂炎は、患児の訴えが不明瞭なうえに年齢に応じた鑑別疾患があり、診断が難しいです。進行が早く穿孔をきたし易いために小児外科・小児科の診療が大切です。当科では、穿孔をきたしていない虫垂炎に対し積極的に腹腔鏡手術を行い、整容性を追求するとともに、合併症のない早期退院を目指しています。

神経内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用
パス
010090xxxxx0xx 多発性硬化症 処置2なし 51 13.82 14.83 5.88% 41.82
010155xxxxx00x 運動ニューロン疾患等 処置2なし 副傷病なし 35 21.97 15.23 17.14% 67.60
010160xx99x10x パーキンソン病 手術なし 処置2:SPECT等(1) 副傷病なし 22 18.68 21.49 4.55% 67.73
  • 多発性硬化症は、当院へ紹介された難治性・重症の方の診療を中心に行っています。入院診療では、重症再発に対する治療、再発予防を目的とした先進的治療導入等を主に行っています。
  • 運動ニューロン疾患は、診断が難しい方が多く紹介されてきます。入院診療では、診断を確定した後に、ご病気について詳しく説明し、治療薬の導入や療養生活の支援などを行っています。
  • パーキンソン病も、通常の薬物治療が困難になった進行した患者さんの診療を中心に行っています。入院診療では個々の患者さんの状況に合わせたお薬の調整を行っています。
  • そのほか、患者さんの状態によって、脳深部刺激療法と呼ばれる手術の適応を判断するための検査を行っています。

救急科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用
パス
180010x0xxx3xx 敗血症 1歳以上 処置2:吸着式血液浄化法等(3) 15 38.80 40.74 53.33% 54.67
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 処置2なし 副傷病なし 14 2.71 3.58 0.00% 49.00
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 処置2なし 副傷病なし 12 4.17 7.52 8.33% 34.08

当科では、当院や他院で発症した重症患者さんに対する集中治療を行っています。中でも、敗血症に対して、血液浄化法をはじめとする各種人工補助療法を用いた治療を行っています。
また、救急車やドクターヘリで搬送される薬物中毒や多発外傷の患者さんも、多く受け入れています。

形成・美容外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用
パス
180040xx97x0xx 手術・処置等の合併症 その他の手術 処置2なし 46 10.26 16.51 0.00% 49.30
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 処置2なし 39 3.77 3.54 0.00% 69.69 眼瞼下垂手術PDF(PDF形式、167KB)
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 処置1なし 18 5.00 4.38 0.00% 34.33

形成外科は主に体表の異常、形態や機能の異常に対する治療を行います。特に、先天異常、頭頸部癌や乳癌などの切除後の再建手術、リンパ浮腫の治療などに力を入れています。眼瞼下垂症はおもに先天性や加齢性にまぶたの機能が落ちることでまぶたが下がるため、その機能を修復・回復するような手術を行っています。また、皮膚・皮下の良性腫瘍に対しては、その部位や大きさに応じて、外来・入院で治療を行っています。

総合診療科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用
パス
060370xx99x00x 腹膜炎、腹腔内膿瘍(女性器臓器を除く) 手術なし 処置2なし 副傷病なし - - 12.76 - -
100202xxxxxxxx その他の副腎皮質機能低下症 - - 12.48 - -
100070xxxxxxxx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く) - - 15.35 - -
070510xx99xxxx 痛風、関節の障害(その他)手術なし - - 12.96 - -
100380xxxxxxxx 体液量減少症 - - 9.18 - -
100392xx99xxxx カルシウム代謝障害 手術なし - - 14.55 - -
120250xx99xxxx 生殖・月経周期に関連する病態 手術なし - - 4.57 - -
110310xx99xxxx 腎臓または尿路の感染症 手術なし - - 12.60 - -
11013xxx99xxxx 下部尿路疾患 手術なし - - 9.68 - -
060180xx99x0xx クローン病等 手術なし 処置2なし - - 9.73 - -
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 処置1なし 処置2なし 副傷病なし - - 7.38 - -
010170xx99x00x 基底核等の変性疾患 手術なし 処置2なし 副傷病なし - - 15.23 - -
010083xxxxxxxx 結核性髄膜炎、髄膜脳炎 - - 44.52 - -
010080xx99x00x 脳脊髄の感染を伴う炎症 手術なし 処置2なし 副傷病なし - - 9.87 - -
010061xxxxx0xx 一過性脳虚血発作 処置2なし - - 6.30 - -
010240xxxxxxxx 片頭痛、頭痛症候群(その他) - - 5.64 - -
010280xxxxx0xx ジストニー、筋無力症 処置2なし - - 14.30 - -
06007xxx99x00x 膵臓、脾臓の腫瘍 手術なし 処置2なし 副傷病なし - - 10.10 - -
030330xx97xxxx 急性副鼻腔炎 手術あり - - 11.00 - -
030270xxxxxxxx 上気道炎 - - 4.83 - -
010010xx99000x 脳腫瘍 手術なし 処置1なし 処置2なし 副傷病なし - - 11.08 - -

内科(内視鏡センター、人工腎臓部、消化器内科、血液内科、腎臟内科、糖尿病・代謝・内分泌内科、臨床腫瘍部)

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用
パス
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む) その他の手術 処置2なし 233 12.60 11.98 0.04% 70.58
060050xx0300xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む) 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(一連として)等 処置1なし 処置2なし 171 8.87 9.02 0.00% 71.20
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 処置2なし 副傷病なし 131 10.86 10.93 0.08% 71.63

消化器内科では、肝細胞がんの治療に積極的に取り組んでおり、病態に応じて、血管内治療、ラジオ波焼灼療法、全身化学療法を行っております。胆管炎、慢性膵炎、胆膵領域の腫瘍に対して、内視鏡を用いた処置、治療を行っております。特に、処置困難とされた症例に対しても、安全性を確保しつつ、積極的に対応しております。

アレルギー・膠原病内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用
パス
070560xx99x0xx 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患 手術なし 処置2なし 60 33.55 18.15 3.33% 54.35
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎 15歳以上 手術なし 処置2なし 15 28.07 14.34 13.33% 62.87
070560xx97x0xx 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患 手術あり 処置2なし 12 42.17 31.80 0.00% 53.92

当科が担当する疾患として最も多いのは、全身性臓器障害を伴う自己免疫疾患、いわゆる膠原病と呼ばれる疾患群です。膠原病は全身性に障害を来しうる自己免疫疾患の総称で、関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、強皮症など多くの疾患が含まれます。副腎皮質ステロイド、免疫抑制薬、生物学的製剤などの内科的治療を行ないます。外来通院中の患者さんが肺炎などの合併症を併発した際も当科にて治療を行なっています。

心臓血管外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用
パス
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 処置1なし 処置2:中心静脈注射等(1) 副傷病なし 59 18.22 25.69 3.39% 68.39
050163xx03x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 処置2なし 37 8.62 13.19 0.00% 75.05
050050xx0101xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 心室瘤切除術(梗塞切除を含む) 単独のもの等 処置1なし 処置2:中心静脈注射等(1) 24 19.08 23.57 4.17% 71.00

心臓血管外科で最も多いのは弁膜症手術です。弁膜症手術には、人工弁置換術と自己弁を温存する弁形成術があり、当科の年間症例数の4割以上を占めています。弁膜症手術は、同一手術中に複数(連合弁膜症の場合)行う症例と、他の心疾患と同時に行う症例があり、単弁手術と比べ難易度も高く、また術後在院日数も延長します。当科の年間症例中2番目に多いのは大動脈瘤に対する手術です。当科の特徴として、大動脈瘤は可能な限り低侵襲のステントグラフト内挿術を行っています。この治療法は低侵襲であるため術後回復が早く、在院日数の短縮に貢献しています。
また、当科で3番目に多い虚血性心疾患に対する手術は、主に冠動脈バイパス術を行っていますが、心室瘤や心室中隔穿孔に対する左室形成術・修復術を行うこともあり、こちらも重症度によって在院期間が変わります。単独の冠動脈バイパス術であれば10日前後となります。

外科(食道・胃腸外科、肝胆膵外科、乳腺・甲状腺外科)

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用
パス
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等 処置2なし 107 9.07 10.37 0.00% 56.55 乳癌の手術PDF(PDF形式、282KB)
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 処置2なし 97 6.12 6.79 0.00% 56.65 乳癌の手術PDF(PDF形式、282KB)
060010xx99x40x 食道の悪性腫瘍(頸部を含む) 手術なし 処置2:化学療法ありかつ放射線療法なし(4) 副傷病なし 82 17.40 9.95 0.08% 67.55

当科の入院患者数で件数が多いのは、乳房の悪性腫瘍に対する乳腺全摘術と乳房部分切除術の症例です。詳細な術前検査とセンチネルリンパ節生検により、後遺症の多い腋窩リンパ節郭清を省略した乳癌手術を推進しています。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

ファイルをダウンロード(TSV形式、1KB)

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 106 19 26 40 53 79 1 7
大腸癌 52 32 45 68 38 77 1 7
乳癌 100 85 11 - 28 14 1 7
肺癌 162 31 55 127 278 192 1 7
肝癌 23 23 43 22 69 417 1 7

※1:UICC TNM分類、2:癌取扱い規約

  • 5大癌(胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、肝癌)の患者さんの初発(UICC病期分類別)と再発の人数を集計しています。
  • UICC病期分類は、UICC(Union Internationale Contre le Cancer=国際対がん連合)による悪性腫瘍の病期分類であるTNM分類が採用されています。
  • TNM分類では、原発腫瘍の大きさ(T)、リンパ節転移の有無(N)、他の臓器への転移の有無(M)の組み合わせによって病期(Stage)が判定されます。
  • がんを罹患する患者さんががん治療以外の目的で入院することも多いため、DPCデータとがん登録データには乖離が生じます。
    本院のがん情報の詳細については、がん登録によって収集されたデータの統計をご参照ください。がん登録とは、日本でがんと診断されたすべての人のデータを、国で1つにまとめて集計・分析・管理する仕組みです。この目的のために収集した本院のデータについても公開しています。

千葉大学病院 がん情報サイト・地域がん診療連携拠点病院について新しいウィンドウで開きます

成人市中肺炎の重症度別患者数等

ファイルをダウンロード(TSV形式、1KB)

患者数 平均在院日数 平均年齢
重症度0 - - -
重症度1 20 14.55 59.80
重症度2 10 9.60 70.40
重症度3 - - -
重症度4 - - -
重症度5 - - -
不明 - - -
  • 成人市中肺炎診療ガイドライン(日本呼吸器学会)による重症度分類(A-DROPスコア)に基づいて、成人の市中肺炎(病院以外の日常生活で発症する肺炎)の患者さんの人数を集計しました。
  • 肺炎の重症度は、A-DROPスコアの各項目の該当の有無により判定しています。

【A-DROPスコアの項目】

  • ① 男性≧70歳、女性≧75歳
  • ② BUN≧21または脱水あり
  • ③ 酸素飽和度≦90%
  • ④ 意識障害あり(肺炎に由来する)
  • ⑤ 収縮期血圧≦90mmHG

【重症度判定基準】

重症度0:①~⑤の項目がいずれも非該当  軽症
重症度1:①~⑤の項目で1つ該当 中等症
重症度2:①~⑤の項目で2つ該当 中等症
重症度3:①~⑤の項目で3つ該当 重症
重症度4:①~⑤の項目で4つ該当 超重症
重症度4:①~⑤の項目が全て該当 超重症

肺に細菌やウイルスなどの微生物が入り込んでしまうことで、肺が炎症を起こす態を「肺炎」と呼びます。良く知られた病気ですが、日本人の死因第3位の決して侮れない疾患で、特に肺炎で死亡する人の92%は65歳以上の高齢者であることがわかっています。そのため基礎に慢性呼吸器疾患をお持ちの方やその他の重症合併症をお持ちの患者さんは要注意です。千葉大学病院では、重症化のリスクの高い高齢で合併症を有する肺炎の診療に当たっています。入院では、適切な抗生剤と酸素療法などの支持療法で早期退院をめざし、また筋力低下を防ぐための呼吸器リハビリテーション・運動療法などにも心がけて治療に当たっております。

脳梗塞のICD10別患者数等

ファイルをダウンロード(TSV形式、1KB)

ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 14 3.86 60.93 0.00%
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 40 22.38 68.90 38.78%
その他 - - - -
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄、
脳梗塞に至らなかったもの
3日以内 - - - -
その他 54 10.54 72.46 5.36%
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄、
脳梗塞に至らなかったもの
3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患、詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
  • 脳梗塞の傷病名に該当する患者さんの平均在院日数、平均年齢、転院率になります。
  • 当科では包括的脳卒中センターを併設し、特に他院で対応困難な脳卒中患者に対し高度な医療を提供しております。
    具体的には、妊産婦や膠原病患者様など複数の科の協力が必要な患者様を対象に対応しています。
    また脳梗塞の原因となる、頸動脈狭窄(脳実質外動脈の閉塞及び狭窄、脳梗塞に至らなかったもの)に対するステント留置術を積極的に行っております。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)

ファイルをダウンロード(TSV形式、9KB)

循環器内科(循環器内科、冠動脈疾患治療部)

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用
パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 179 2.19 3.27 0.08% 68.19
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 123 1.70 3.86 0.00% 63.12
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術(その他) 84 1.63 3.51 0.00% 61.21

循環器内科では狭心症や心筋梗塞に対する冠動脈ステントを用いたカテーテル治療の件数が最も多くなっています。こちらは冠動脈疾患治療部の医師と共同で治療を行っております。また循環器内科では頻拍症や心房細動・心房粗動などの頻脈性不整脈に対するカテーテルを用いたアブレーション治療(心筋焼灼術)も件数が増えています。カテーテルによるアブレーション治療には様々な方法がありますが、新しい治療法も積極的に取り入れつつ、不整脈の種類や患者さんの状態に応じてさまざまな方法を使い分けて治療にあたっています。

放射線科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用
パス
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他) - - - - -
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 - - - - -
K386 気管切開術 - - - - -
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 - - - - -

整形外科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用
パス
K0821 人工関節置換術(股) 等 118 2.64 20.77 23.73% 68.36
K1424 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(前方後方同時固定) 41 3.73 24.88 12.20% 63.80
K1425 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓切除) 35 2.20 16.80 5.71% 69.60

整形外科では、変形性股関節症や大腿骨頭壊死に対し、人工股関節置換術の手術をする目的で入院される患者さんが最も多くなっていま す。平均在院日数も約3週間程度で術後のリハビリテーションも含めて治療を行っており、当院整形外科の特徴の一つです。 また、脊椎疾患の手術が多いのも特徴の一つとなっております。脊椎は頸椎、胸椎、腰椎で神経が圧迫され、痛みや麻痺が生じている場合や腰痛が強い場合検査を行ったう上で圧迫を解除するだけの手術からしっかりと脊椎を固定する脊椎固定術を症状に応じて施行しております。股関節疾患及び脊椎疾患ともに年齢とともに増加する疾患であるため、平均年齢が高くなっております。高齢の患者さんの多くが手術後に継続リハビリを目的として、リハビリ治療をより専門とする病院に転院されています。

産婦人科(婦人科、周産期母性科)

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用
パス
K879 子宮悪性腫瘍手術 75 4.23 16.03 0.08% 55.25
K861 子宮内膜掻爬術 70 0.14 0.06 0.00% 36.60
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 52 1.42 4.10 0.00% 41.54

昨年度は、病棟改修もあり、周産期母性科の症例が制限されていたため、この表は当科の通常の手術数を反映したものではありません。実際は、帝王切開術が200例前後となって、一番多い症例です。次に、子宮悪性腫瘍手術、卵巣悪性腫瘍手術となります。もともと合併症がある方が多く、また大きな手術のため、術前・術後の入院期間は長めになっています。当院での両性疾患に対する手術は、現在少なくなっています。

眼科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用
パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 664 1.04 1.04 0.45% 70.49
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 554 2.11 4.44 0.18% 63.15
K275 網膜復位術 77 2.61 3.14 0.00% 40.36

当科では、眼疾患や全身疾患に合併した白内障など、難治性の白内障手術を数多く行っており、良好な治療成績をおさめています。また、網膜硝子体疾患に対しては、25ゲージや27ゲージシステムを用いた小切開硝子体手術を導入しており、低侵襲手術により患者様の負担の少ない治療を行っています。また裂孔原性網膜剥離の患者様には、硝子体手術か強膜バックリング手術のどちらかを、諸条件を考慮していずれか最適な術式を選択し治療を行っています。

皮膚科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用
パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 169 1.25 7.50 0.00% 73.74
K013-22 全層植皮術(25cm2以上100cm2未満) 15 2.93 14.47 0.00% 73.67
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm未満) 12 0.42 1.50 0.00% 68.17

当科では、入院での皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除および広汎切除)を年間約200件行っております。切除後に創部を縫い縮めることができる場合は1回の手術で終わりますが、植皮などによる再建術が必要の場合には術後一旦退院し、病理検査で病変が取り切れていることを確認してから再入院して二期的に再建術を行うことがあります。良性腫瘍については外来日帰り手術が多いのですが、部位や年齢、基礎疾患などにより入院手術も行っています。

泌尿器科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用
パス
K8036 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他) 77 1.86 8.84 0.00% 72.65
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 54 1.11 1.15 1.85% 57.46 体外衝撃波結石破砕術(ESWL)PDF(PDF形式、445KB)
K843 前立腺悪性腫瘍手術 53 2.21 9.53 0.00% 67.87

当科で最も手術件数が多いのは、膀胱腫瘍に対する経尿道的膀胱腫瘍切除術です。これは膀胱の腫瘍と診断された症例に対して組織の診断と治療を兼ねてまず最初に行われる手術です。次に多いのは尿路結石症に対する対外衝撃波治療ですが、これは尿の通り道の結石に対して体の外から衝撃波を当てて結石を砕く治療です。3位は前立腺がんに対する根治手術ですが、当院では現在主にダ・ヴィンチというロボットを用いたロボット支援手術が主流となっています。

耳鼻咽喉・頭頸部外科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用
パス
K4571 耳下腺腫瘍摘出術(耳下腺浅葉摘出術) 34 1.21 6.18 0.00% 57.59
K4632 甲状腺悪性腫瘍手術(全摘及び亜全摘) 25 1.76 12.08 0.00% 62.40 甲状腺片葉摘出術PDF(PDF形式、209KB)
K4631 甲状腺悪性腫瘍手術(切除) 21 1.33 6.62 0.00% 64.86 甲状腺全摘出術PDF(PDF形式、253KB)

耳下腺腫瘍の中では、多形腺腫と呼ばれる良性腫瘍が最も多いとされております。多形腺腫は良性ながら、長い年月を経て癌化する可能性を秘めており、また、術後も再発することがあるため、治療には手術による摘出が必要であり、更には再発させないような工夫が必要です。当科では、伝統的に耳下腺腫瘍手術に深く取り込んできた歴史があり、多数の手術実績があります。
また、当科では、甲状腺腫瘍の手術も多く行っております。全甲状腺腫瘍の約20%が甲状腺がんといわれております。早期の甲状腺がんから、頸動脈周囲や縦隔まで広がってしまった甲状腺がん、更には、良性甲状腺腫瘍でも、心臓の近くまで増大してしまっているような巨大甲状腺腫瘍の手術も多く行っております。

小児科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用
パス
K9212ロ 造血幹細胞採取(末梢血幹細胞採取)(自家移植) - - - - -
K6261 リンパ節摘出術(長径3cm未満) - - - - -
K386 気管切開術 - - - - -
K636 試験開腹術 - - - - -
K756 副腎悪性腫瘍手術(1歳以上) 等 - - - - -

精神神経科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用
パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 - - - - -
K3692 咽頭異物摘出術(複雑) - - - - -

麻酔・疼痛・緩和医療科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用
パス
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 - - - - -
K691-2 経皮的肝膿瘍ドレナージ術 - - - - -
K386 気管切開術 - - - - -

脳神経外科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用
パス
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 58 6.48 26.05 10.34% 52.21
K171-2 内視鏡下経鼻的下垂体腫瘍摘出術 53 5.08 15.17 3.77% 54.04 下垂体腫瘍手術PDF(PDF形式、237KB)
K1742 水頭症手術(シャント手術) 38 7.97 14.66 21.05% 70.18 脳室腹腔短絡術PDF(PDF形式、484KB)

当科では中枢神経疾患に対する外科治療全般を行っています。希な疾患に対する手術は、元々の発生数自体が多くはないため表には反映されていません。
ここに示されていない手術も含め、簡単に解説します。

  • 頭蓋内腫瘍摘出術(その他):脳腫瘍に対する手術全般を示します。実際は腫瘍の種類や場所により、手術の方法や目的が異なります。当科ではどのような場所の、どのような種類の腫瘍でも、それぞれを専門とする医師が高度な手術を行っております。
  • 内視鏡下経鼻的下垂体腫瘍摘出術:下垂体腺腫などに対し、内視鏡を用いた低侵襲な手術を行っております。高度な技術と経験により、多くの患者様で十分な腫瘍摘出を可能としております。
  • 水頭症手術(シャント手術):脳脊髄液が過剰に脳内へ貯留する病気に対する手術で、正常圧水頭症や腫瘍による水頭症などが含まれます。患者様ごとに十分に検討し、適切な脳室腹腔シャント術や腰椎腹腔シャント術などを行っています。一部の特殊な水頭症には、より専門的な処置である「脳室穿破術(患者数8)」も多数行っています。
  • 経皮的頸動脈ステント留置術(患者数34):頸動脈狭窄に対する、ステント留置術という血管内治療のことです。当科は豊富な治療実績があり、これまで多数の患者さんを治療してきています。
  • 脳血管内手術(1箇所):脳動脈瘤に対するコイル塞栓術を意味します。適応を専門的に考察し、患者さんとの十分な対話を行い、施行しています。
  • 脳刺激装置埋込術(両側、片側)(患者数7):神経内科医師と協力し、薬剤抵抗性となったパーキンソン病などの患者様を中心に、脳深部刺激療法を行っています。当院は千葉県で最もこの手術を行う学会認定施設です。
  • 広範囲頭蓋底腫瘍切除・再建術(患者数5):より広範囲な頭蓋骨の切除が必要な、特殊な脳腫瘍に対する手術です。耳鼻咽喉科と共同で行う手術なども含まれます。
  • 脳神経手術(開頭)(患者数5):顔面痙攣や三叉神経痛に対する「微小血管減圧術」という手術のことです。当科では電気生理学的モニタリングを駆使し、症状の消失、低減を実現しております。

呼吸器外科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用
パス
K5143 肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 72 3.08 10.78 2.78% 66.53 手術PDF(PDF形式、404KB)
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 47 2.53 9.21 0.00% 67.36
K5142 肺悪性腫瘍手術(区域切除) 35 2.46 9.77 2.86% 68.86

当科での手術は、肺悪性腫瘍に対する手術が最も多くなっています。当科の特徴として、気管支や肺血管の形成が必要な局所進行肺癌症例の手術も数多く行っています。局所進行肺癌に対しては、他科との合同カンファレンスを開催し、手術・化学療法・放射線療法と組み合わせた集学的治療による予後の改善を目指しています。早期肺癌症例に対しては、完全鏡視下もしくは小開胸による胸腔鏡下手術を行っているほか、年齢や呼吸機能、病気の進行度などを考慮して区域切除(縮小手術)を選択するなど、一人一人の患者さんに応じた最適な手術法を選択するようにしています。JCOG(日本臨床腫瘍研究グループ)、西日本がん研究機構(WJOG)などにも参加しており、臨床試験を積極的に行っています。

呼吸器内科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用
パス
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他) - - - - -
K592-2 肺動脈血栓内膜摘除術 - - - - -
K570-3 経皮的肺動脈形成術 - - - - -
K6151 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(止血術) - - - - -

当科は、肺血栓塞栓症を含む肺高血圧症の東日本の代表的施設になっております。関東圏内のたくさんの施設からご紹介いただき、年間、100件以上の右心カテーテルを行っており、肺動脈の血管治療なども積極的に行っております。

小児外科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用
パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 101 0.98 1.04 0.00% 3.48 鼠径ヘルニア手術PDF(PDF形式、154KB)
K836 停留精巣固定術 35 1.00 2.11 0.00% 1.71
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 29 0.31 4.14 0.00% 9.97

小児外科で最も手術数の多いのは外鼠径ヘルニアとなります。1歳未満では特に嵌頓(ヘルニア嚢の中に腸管などが嵌まり込んで虚血状態になること)をきたすことがあり、手術が勧められます。当科では2泊3日で患者さんの手術と管理を行います。停留精巣は平時でも精巣が挙上した状態をさします。将来における妊孕性の低下や悪性化の可能性が指摘されており、2歳までに手術することが推奨されます。腹腔内精巣に対しては腹腔鏡での観察を行うこともあります。小児の虫垂炎は、患児の訴えが不明瞭なうえに年齢に応じた鑑別疾患があり、診断が難しいです。進行が早く穿孔をきたし易いために小児外科・小児科の診療が大切です。当科では近隣医療施設から24時間体制で手術を要する小児を受け入れています。

神経内科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用
パス
K386 気管切開術 - - - - -
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - - - - -
K093 手根管開放手術 - - - - -
K1912 脊髄腫瘍摘出術(髄内) - - - - -
K154-3 定位脳腫瘍生検術 - - - - -
K300 鼓膜切開術 - - - - -
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) - - - - -
K7212 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) - - - - -
K9212ロ 造血幹細胞採取(末梢血幹細胞採取)(自家移植) - - - - -
K166 脳膿瘍全摘術 - - - - -
K504-2 胸腔鏡下縦隔悪性腫瘍手術 - - - - -

救急科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用
パス
K386 気管切開術 16 9.31 24.88 81.25% 67.50
K6072 血管結紮術(その他) - - - - -
K533-2 内視鏡的食道・胃静脈瘤結紮術 - - - - -
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) - - - - -

当科では、様々な病態に対して各種の手術を施行しています。件数が最も多いのは、遷延する呼吸不全や意識障害のために長期人工呼吸管理を要する場合に行う、気管切開術でした。

形成・美容外科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用
パス
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) 34 0.50 2.56 0.00% 68.91 眼瞼下垂手術PDF(PDF形式、167KB)
K013-21 全層植皮術(25cm2未満) 20 0.25 3.15 0.00% 44.05
K0171 遊離皮弁術(顕微鏡下血管柄付き)(乳房再建術) 17 1.88 16.47 0.00% 49.12

形成外科では体表の異常、形態や機能の異常に対する幅広い手術を行っています。眼瞼下垂症には先天性・後天性がありますが、当院では加齢に伴う下垂に対する手術が多くなっています。乳房再建においては、腹部や背部の自分の組織を用いた皮弁術(自家組織移植術)のほか、人工乳房を用いたインプラントによる再建術も行っています。

総合診療科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用
パス
K340-4 内視鏡下鼻・副鼻腔手術2型(副鼻腔単洞手術) - - - - -

内科(内視鏡センター、人工腎臓部、消化器内科、血液内科、腎臟内科、糖尿病・代謝・内分泌内科、臨床腫瘍部)

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用
パス
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 211 2.43 8.84 0.00% 71.01
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 135 1.07 1.24 0.00% 66.94
K697-31イ 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(2cm以内)(腹腔鏡) 112 2.62 5.04 0.00% 70.21

消化器内科では、肝細胞がんの治療に積極的に取り組んでおり、病態に応じて、血管内治療、ラジオ波焼灼療法、全身化学療法を行っております。消化管腫瘍に対する内視鏡治療は多くの施設で行われていますが、当科では、治療困難例、抗血栓薬使用例、透析例など、治療が難しいといわれた症例に対しても、安全性を確保しつつ、治療を行っております。

アレルギー・膠原病内科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用
パス
K300 鼓膜切開術 - - - - -
K6261 リンパ節摘出術(長径3cm未満) - - - - -
K722 小腸結腸内視鏡的止血術 - - - - -
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm以上4cm未満) - - - - -
K607-3 上腕動脈表在化法 - - - - -
K2861 外耳道異物除去術(単純) - - - - -
K637-2 経皮的腹腔膿瘍ドレナージ術 - - - - -
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm未満) - - - - -
K386 気管切開術 - - - - -
K0912 陥入爪手術(爪床爪母の形成を伴う複雑) - - - - -
K610-3 内シャント設置術 - - - - -
K1541 機能的定位脳手術(片側) - - - - -
K5143 肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) - - - - -
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) - - - - -
K6534 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(その他) - - - - -
K2761 網膜光凝固術(通常) - - - - -

心臓血管外科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用
パス
K5612 ステントグラフト内挿術(腹部大動脈) 32 2.63 5.38 0.00% 75.00
K552-22 冠動脈、大動脈バイパス移植術(人工心肺不使用)(2吻合以上) 32 3.50 12.22 3.13% 71.50
K5551 弁置換術(1弁) 30 4.17 12.87 10.00% 73.30

当科手術症例で最も多いはステントグラフト内挿術であり、主に大動脈瘤に対して行うことが多く、特徴として従来の手術より低侵襲で手術創も小さいことから早期の退院が期待できることです。術後平均在院日数が他の心臓血管外科手術と比べて短いのがわかります。
同じく多く施行しているのが冠動脈バイパス術であり、当科では主に人工心肺を使用しない術式(オフ・ポンプ冠動脈バイパス術)を行っています。そのメリットも、従来の手術と比べ術後在院期間が短いことにあります。
また、弁膜症に対する弁置換術も多く行っており、高齢化が進む中、生体弁を用いた人工弁置換術が多くなっています。また、最近の傾向として、リハビリテーション科の積極的な介入により術後回復が以前と比べ早くなっています。

外科(食道・胃腸外科、肝胆膵外科、乳腺・甲状腺外科)

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用
パス
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 106 1.85 6.25 0.00% 56.52
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 97 1.59 3.55 0.00% 56.94
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 85 6.28 17.25 0.26% 65.62

詳細な術前検査とセンチネルリンパ節生検により、後遺症の多い腋窩リンパ節郭清を省略した乳癌手術を推進しています。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

ファイルをダウンロード(TSV形式、1KB)

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 13 0.08%
異なる 24 0.14%
180010 敗血症 同一 40 0.23%
異なる 22 0.13%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 114 0.67%
異なる 10 0.06%
  • 播種性血管内凝固症候群、敗血症、真菌症、手術・処置等の合併症の症例数を集計し、全退院患者に対する発生率を算出しました。
  • 傷病名が『入院の契機となった傷病名』と「同一」か「異なる」かで集計しました。「同一」は、入院が必要になった傷病名に対して主たる治療を行ったことを表します。「異なる」は、入院の契機となった傷病名ではなく、併発していた疾患、あるいは入院中に発症した疾患(「播種性血管内凝固症候群」、「敗血症」、「その他の真菌感染症」、「手術・処置などの合併症」)に対して主たる治療を行ったことを表しています。

更新履歴

2016年9月30日
DPCデータによる病院指標を掲載しました