千葉大学脳神経外科

〒260-8670
千葉市中央区亥鼻1-8-1
043-222-7171(代表)

千葉大学脳神経外科の紹介
学生・研修医の皆様へ
当科の診療・研究の特徴
主催学会および研究の情報
当科の診療・研究の特徴
もくじ
脳腫瘍
下垂体部腫瘍
  聴神経腫瘍
  グリオーマ
  グリオーマの分子生物学
  転移性脳腫瘍
  眼窩内腫瘍
脳血管障害
脊髄・脊椎疾患
頭部外傷
特殊な放射線治療
機能的脳神経外科 他
脳腫瘍 眼窩内腫瘍
千葉県立佐原病院
峯清一郎

眼窩内にはいろいろな種類の腫瘍が発生し、その多くは手術を必要とします。
腫瘍の大きさや場所により症状は異なりますが、特に問題となるのは視力障害です。手術の時期を逸すると視力が元に戻らず、場合によっては失明することもあります。眼窩内腫瘍が疑われたら、なるべく早く専門医を受診して下さい。

眼窩内腫瘍の種類
良性腫瘍 髄膜腫、視神経膠腫、神経鞘腫、神経線維腫、涙腺腫瘍、類皮腫、類表皮腫、偽腫瘍、甲状腺眼症
悪性腫瘍 悪性リンパ腫、肉腫、転移性腫瘍
血管性病変 海綿状血管腫、静脈瘤、リンパ管腫
眼窩内腫瘍の症状 眼痛、頭痛、羞明、眼瞼下垂、眼球突出、眼球運動障害、複視、視野障害、視力障害など
 

病変の種類や部位によって症状は異なりますが、これらの症状を自覚したら眼窩内腫瘍を疑ってください。

眼窩内腫瘍の検査

MRIは最も有力な検査法で、腫瘍の場所、大きさ、種類の診断が可能です。
CTではMRIではわかりにくい石灰化や骨の変化に注目します。視覚誘発電位(VEP)は、視力検査ではわからない微小な視力の変化を感知します。

眼窩内腫瘍の手術

当科では主として経頭蓋的アプローチによる腫瘍の摘出を行っています。最近では頭蓋底外科の技術を応用して、安全で確実な腫瘍切除を成し遂げています。

実際の症例

30歳代女性
眼窩尖端部腫瘍、病理診断は神経線維腫
視力、視野障害を主訴として来院。摘出手術後視力、視野障害は回復しました。

ページのトップへ戻る

無断転写はお断りします。必ず事前にご連絡ください。