千葉大学脳神経外科

〒260-8670
千葉市中央区亥鼻1-8-1
043-222-7171(代表)

千葉大学脳神経外科の紹介
学生・研修医の皆様へ
当科の診療・研究の特徴
主催学会および研究の情報
当科の診療・研究の特徴
もくじ
脳腫瘍
脳血管障害
脊髄・脊椎疾患
頭部外傷
特殊な放射線治療
ガンマナイフ
  強度変調放射線療法(IMRT)
機能的脳神経外科 他
特殊な放射線治療 強度変調放射線療法(IMRT)
Intensity Modulated Radiation Therapy:IMRT
千葉県がんセンター脳神経外科
井内俊彦

γ-knife をはじめとした定位的放射線治療では、円柱状の放射線を標的に集中させることで、標的への高線量照射を可能としていますが、集中した放射線は必ず球体に近い線量分布を形成するという問題点も抱えています。

3次元原体照射(3D-CRT)は、照射される放射線の形を腫瘍の形に合わせることで、正常脳の被曝を最低限に避けようとする方法です。見る方向によって変化する腫瘍の投影像に合わせて放射線の形も変化させながら照射します。この方法を用いると、不整形をした腫瘍の形に合わせた線量分布の作成が可能ですが、それでも、腫瘍に食い込んでいたり、腫瘍の中を貫く正常組織を避けて照射することは困難でした。

IMRT は、この3D-CRTをさらに進化させた照射法です。照射を行う際に、腫瘍の形に単純に合わせるのでなく、腫瘍の中で照射線量に強弱をつける方法です。IMRTでは、直線加速器に取り付けられた MLC (multi-leaf collimator) と呼ばれるタングステンの板の重なりを、コンピューター制御で動かし、放射線の出てくる窓の形や大きさを変えながら照射を行います。こうすることにより、蓄積された放射線の量を、場所によって自由に変更することができるのです(図1)。

さらに、これを色々な方向から重ね合わせることで、腫瘍に食いこんだり貫いたりする正常組織への被曝を避けることが可能になります。図2は脊髄を取り囲むように成長した脊椎腫瘍の治療例ですが、脊髄を避けながら病変部に線量を集中しています。IMRTは、この様に、不整形をした腫瘍、とくにrisk organ が近接している腫瘍の照射に威力を発揮します。

一方、IMRTのもう一つの特徴として、同時に異なる線量分布を作成できる Simultaneous Integrated Boost という照射法をあげることができます。例えば、腫瘍本体に強く照射を行い、その周囲に柔らかく照射を行うといったことが自由にできるのです(図3)。この照射法は特に浸潤性腫瘍において有効と思われ、千葉県がんセンターでは2002年から神経膠腫の治療にIMRTを応用し、優れた治療効果を証明しています。

ページのトップへ戻る

無断転写はお断りします。必ず事前にご連絡ください。