千葉大学脳神経外科

〒260-8670
千葉市中央区亥鼻1-8-1
043-222-7171(代表)

千葉大学脳神経外科の紹介
学生・研修医の皆様へ
当科の診療・研究の特徴
主催学会および研究の情報
当科の診療・研究の特徴
もくじ
脳腫瘍
脳血管障害
脊髄・脊椎疾患
頭部外傷
特殊な放射線治療
機能的脳神経外科 他
てんかんの外科
  三叉神経痛・片側顔面けいれん
  脳深部刺激療法
  神経内視鏡
  手術で治る痴呆
  脳神経疾患に対するPET検査
機能的脳神経外科 他 神経内視鏡
神経内視鏡による水頭症手術
村井尚之
はじめに

当院では患者さんへの手術の負担を小さくしながら、手術の効果をさらに高めるために高性能手術用顕微鏡に加えて神経内視鏡を使用しております。神経内視鏡は胃カメラのような軟性鏡と膀胱鏡のような硬性鏡があります。いずれも狭い頭の中でよく機能するようにデザインされています。軟性鏡では頭部に小さい穴を開けて水頭症を治療したり、脳室内またはその近傍の腫瘍を切除したりします。硬性鏡では、手術用顕微鏡の死角をのぞきながら残った腫瘍を切除したり、脳内血腫を取り除いたり、脳動脈瘤に安全にクリップがかけられるように支援したりします。

神経内視鏡による水頭症手術

従来、水頭症に対しては頭の中の髄液を腹腔に流す手術(脳室腹腔シャント術)が多く行われてきました。これは非常に有用な手術ですが、以下のような問題点があります。

  • 髄液が体の姿勢によっては流れすぎて、頭蓋内に血腫をつくることがあります。
  • シャントは稀につまったり切れたりすることがあり、急に体の具合が悪くなることがあります。
  • 異物を体に残すため感染を起こすと治りにくいことがあります。

ところが神経内視鏡を用いて髄液のたまった脳室に新しい出口を作ってあげると、人工のシャントを体に埋め込まなくて済みますから、こうした術後のトラブルも少なくなります。但し、すべての水頭症に神経内視鏡手術が有効というわけではありません。髄液の吸収が悪い正常圧水頭症などではやはりシャントが良いということになります。当院では患者さんの水頭症の病態にあわせた最善の治療を行っておりますのでお気軽に相談ください。

その他の手術

下垂体腺腫、松果体部腫瘍、胚細胞腫、頭蓋咽頭腫などの脳腫瘍の一部には内視鏡手術が行われています。頭に大きな傷を作らずに小さな穴を開けるだけで済んでしまったり、腫瘍の切除率が上がったり、患者さんは楽になり手術の結果も良くなってきています。

ページのトップへ戻る

無断転写はお断りします。必ず事前にご連絡ください。