千葉大学脳神経外科

〒260-8670
千葉市中央区亥鼻1-8-1
043-222-7171(代表)

千葉大学脳神経外科の紹介
学生・研修医の皆様へ
当科の診療・研究の特徴
主催学会および研究の情報
当科の診療・研究の特徴
もくじ
脳腫瘍
脳血管障害
脊髄・脊椎疾患
頭部外傷
特殊な放射線治療
機能的脳神経外科 他
てんかんの外科
  三叉神経痛・片側顔面けいれん
  脳深部刺激療法
  神経内視鏡
  手術で治る痴呆
  脳神経疾患に対するPET検査
機能的脳神経外科 他 脳深部刺激療法(DBS)
樋口佳則

進行したパーキンソン病や筋肉の緊張の異常(ジストニア)、手足のふるえ(振戦)などの不随意運動症に対する脳外科治療として、脳深部刺激療法(Deep Brain Stimulation: DBS)が注目されてきています。従来は脳の特定の部分を破壊する治療が行われていましたが、その方法に比べ手術に伴う副作用が少なく、刺激の調節が可能という利点があります。
当科では関連施設(千葉県循環器病センター脳神経外科、神経内科)と連携して、DBS治療を行います。

脳深部刺激療法(DBS)とは?

左図のように刺激電極を脳内の特定の場所(パーキンソン病では視床下核に、振戦では視床に、ジストニアでは淡蒼球に)に留置し、前胸部の皮下に刺激発生装置を埋め込み、それらを皮下の連結ワイヤーでつないで電気刺激を行います。この刺激によってその部位の脳の活動を抑え、症状を改善するという治療法です。刺激システム全体は完全に皮下に植え込まれるので外部からは全く目立たず、刺激をしたままで入浴も可能です。(不整脈の治療に用いる心臓ペースメーカーと同じような装置で脳を刺激していると考えると分かりやすいかもしれません。)
また、体外からの刺激の設定を変更することが可能で、術後も最適な効果が得られるように設定できるといった利点があります。

どのような疾患に対して行いますか?

薬のみで十分な効果が得られないパーキンソン病や、本態性・症候性振戦、ジストニアなどの不随意運動症が対象となります。最もよく行われるのはパーキンソン病ですが、治療はまず薬物療法を行うのが原則です。
手術を考慮するのは、

  1. 十分な薬物治療を行ってもなお著明な日内変動(ウェアリング・オフやオン・オフ現象)やジスキネジア(薬物による不随意運動)がうまくコントロールできない状態の時
  2. 薬物でコントロール困難な強い振戦(ふるえ)がある場合
  3. 薬の副作用(精神症状、消化器症状など)が強く、薬物治療が困難な場合などです。

一般に若年者で、L-ドーパに対する反応が良好な患者さんほど手術効果が期待できます。重度の痴呆やその他の精神疾患を合併した方や脳梗塞などによるパーキンソン症候群では十分な効果が期待できません。

どんな手術ですか?

「定位脳手術」と呼ばれる手術法で脳の中心付近に直径1ミリ程度の細くて柔らかい電極を挿入します。脳外科の手術の中では比較的侵襲が少ない手術で、大部分は局所麻酔によって行います。刺激の効果を患者さんと確認しながら手術をすすめますが、痛みはありません。
パーキンソン病で刺激を行う視床下核は、直径5mm程度の脳深部の構造物で、この小さな部位に正確に電極を留置します。

実際には、最初に定位脳手術装置を頭部に装着してMRIを撮影します。その画像をもとに脳内の目標点の位置を1mm以下の単位で正確に測定します。その後、手術室へ行き局所麻酔を行って前頭部に4cm程の皮膚切開を行い、ドリルで頭蓋骨に小さな穴をあけて目標部位に刺激電極を挿入します。目標部位を確認するために脳の電気活動を記録し、電極を留置したら試験刺激を行って効果の確認と刺激による副作用がないことを確認します。電極を固定して一時創を閉じて定位脳手術装置をはずします。
その後、体外の刺激装置に電極を接続し、約1週間かけて試験刺激を行います。試験刺激後、全身麻酔をかけて刺激装置および連結ワイヤーを埋め込みます。

手術の効果はどのようですか?

脳深部刺激療法によって、病気そのものを治すことは残念ながらできませんが、手術により症状の軽減が期待できます。
パーキンソン病に対する治療であればオフ時の運動症状(振戦、無動、固縮、歩行障害)の改善、オフ時間の短縮、日内変動の軽減が期待できます。またL-ドーパやドーパミン作動性薬剤を半分程度に減らすことができ、その結果ジスキネジアの軽減が得られます。
ただ、手術が済んだらそれで終わり、という治療法ではなく、手術後も定期的に通院していただき、症状に合わせて電気刺激の条件を調節する必要があります。刺激装置のバッテリーは約5年間程度もちますが、バッテリー切れの際には刺激装置を入れ替える手術を行います。

脳深部刺激療法(DBS)の詳細についてはお気軽に担当者(千葉大学病院脳神経外科 樋口または千葉県循環器病センター脳神経外科 永野)まで相談ください。

パーキンソン病に対する脳深部刺激療法(DBS)について
ページのトップへ戻る

無断転写はお断りします。必ず事前にご連絡ください。