印刷専用ページへ

診療科・部門

材料部

診療体制

写真
大鳥 精司 部長(教授)

安全な医療材料の供給と、コスト削減を通じた病院経営への貢献

材料部は洗浄・滅菌物の安全性を徹底的に追究し、最高水準の管理システムを導入することで、安全な医療材料を供給しながら患者さんに安心と信頼の医療を提供しています。

材料部の業務には、大きく分けて医療器材の回収・洗浄・滅菌業務、内視鏡管理業務、ベッドセンター運用の三つがあります。手術部、病棟、外来、中央診療部など病院内の各部署における安全な医療環境の提供のため、十分に滅菌された医療材料を供給することが大きな使命となります。さらに医療器材および内視鏡の洗浄・滅菌業務を中央化することにより、医療現場の省力化および合理化を図り、医療及び看護の質の向上を支援します。

主な業務内容

分野 内容
回収・洗浄業務 滅菌の前に、使用した器具に付着した油脂・蛋白質・微生物・有機物質・汚れを取り除く工程です。ウォッシャーディスインフェクター、超音波洗浄器を使用し、各部署より回収された使用済み器具を中央で一括洗浄しています。これらにより、医療スタッフへの感染回避、器材の効率的かつ確実な洗浄、年間使用水道料・洗剤量節約などの洗浄コスト低減が実現し実務的、経済的な効率化につながっています。
滅菌業務 高圧蒸気滅菌装置4台、酸化エチレンガス滅菌装置2台、プラズマ滅菌装置4台を保有し、器材の性質に最も適した方法で滅菌しています。滅菌された器械器具はコンピューター入力を行い追跡システムができる仕組みになっています。
内視鏡管理業務 2014年度より、院内にある全ての内視鏡を一元管理し、専用の内視鏡洗浄室にて洗浄・消毒を実施しております。各診療科が必要な際に常に安全に使用できるよう、点検・整備を徹底しております。
ベッドセンター運用 2000年度よりシステムが導入され、システム化されたベッドの運用システムの先駆けの役割を果たしています。療養環境(患者サービス)の向上並びに医療安全の一環としてベッド及びマットレスを中央管理し、洗浄・消毒を定期的に行うことで患者様が安心して入院生活が過ごせるように環境を整えています。
さらに除圧マットや離床センサーマットも中央管理し、必要な時にいつでも使用できるよう整備し、効率的に運用しています。
  • 主な業務内容 写真1
    回収・洗浄業務
  • 主な業務内容 写真2
    マットレス消毒器とベッドウォッシャー

教育・研究活動

分野 内容
臨床実習 千葉大学教育学部養護教諭養成課程の学生、新就職者に対し、臨床実習を行っています。
勉強会の開催 月1回の割合で職員を対象に、勉強会を開催し器材洗浄方法に関する知識、滅菌知識等の更なる取得を図り、材料部業務の質の向上に努めています。

実績(クリニカルインディケーター)

スタッフ一覧

氏名 役職・職位 専門分野 認定医・専門医等
松浦 佑介 助教 整形外科学、手外科学 日本整形外科学会専門医
日本手外科学会専門医
越川 広美 看護師長    
君塚 礼子 看護師