印刷専用ページへ

診療科・部門

糖尿病・代謝・内分泌内科

診療体制

写真
横手 幸太郎 科長(教授)

健康長寿の実現を目指し、代謝・内分泌の専門知識に基づいて全身を診る医療を実践します

糖尿病・代謝・内分泌内科は1型・2型糖尿病、脂質異常症、肥満症、メタボリックシンドロームおよび内分泌疾患(先端巨大症、尿崩症などの間脳下垂体疾患、バセドウ病などの甲状腺疾患、副甲状腺疾患、アルドステロン症、クッシング症候群、褐色細胞腫などの副腎疾患、性腺疾患など)と老年期特有の病態に注目した老年病について診療を行っています。
糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病や内分泌疾患は、全身に影響を及ぼし、さまざまな症状をもたらします。当科では、新患予約制・再来予約制を導入し、あらゆる患者さんに対して、専門スタッフがきめの細かい診療を実践しています。正確な診断はもちろんのこと、適切な治療と長期にわたる日常管理が大切な分野ですので、他の診療科や他病院の先生方とも密に連携して、全身を診る医療を心がけています。
さらに、PETやMRI等の画像診断、副腎静脈サンプリング(AVS)、24時間持続血糖モニタリングシステム(CGMS)やインスリンポンプによる持続的インスリン皮下注入療法(CSII)導入、肥満外科、遺伝子診断など最新技術に基づく医療を提供できる体制を整えています。

主な対象疾患と診療内容

主な対象疾患と診療内容 写真

全身疾患を対象とした診療科であり、最新の医学に基づいた適切な医療を提供すると同時に、臓器に偏らない全人的医療を心がけています。

主な対象疾患 診療内容
内分泌外来 内分泌外来では間脳下垂体疾患、甲状腺・副甲状腺疾患、副腎疾患、性腺疾患に加えて痛風・高尿酸血症まで、画像診断(MRI・CT・超音波)・代謝やホルモン診断を含め最高水準の診療を提供しています。また、内分泌に関わるさまざまな遺伝子疾患を取り扱っています。
糖尿病外来 糖尿病外来ではライフスタイルや糖尿病の病型、病期を考慮した血糖コントロールを含め、エビデンスに基づく総合的な診療を心がけています。インスリン治療、インスリンポンプ、インクレチン製剤など最新の糖尿病治療を積極的に行っております。他科手術前の血糖コントロールや妊娠中の糖尿病の管理なども積極的に行っています。
脂質異常症(高脂血症)外来 高脂血症の原因と動脈硬化症の状態を正しく診断し、病態に応じた治療を行います。難治性高脂血症にはアフェレーシス療法等の特殊治療が可能です。
肥満症外来 先進医療認定施設として、肥満外科手術を含む専門的治療が必要とされる高度肥満症患者(原則としてBMI35kg/m2以上で生活習慣病を伴う方)に 対する治療を行います。内科・外科・栄養士・心理士など多職種のスタッフにより手術などの治療適応を判断のうえ、必要なサポートを行います。
高齢者の病気 高齢社会の到来に伴い高齢者のからだとこころに配慮した診療・内科もの忘れ外来を行っています。

診療・研究内容

以下の各テーマに関する研究を推進するとともに、その成果に基づく最先端の医療を実践しています。

分野 内容
内分泌領域 内分泌疾患は診断されれば多くの場合、適切に治療できます。当科では下垂体、甲状腺、副甲状腺、副腎、性腺疾患などの内分泌疾患や痛風・高尿酸血症および骨粗鬆症の診断、成因解明とそれに基づく適切な治療選択・実施に取り組んでいます。また、内分泌に関わるさまざまな遺伝子疾患を取り扱っており、新たな治療法の開発を目指しています。
糖尿病・代謝領域 ライフスタイルや糖尿病の病型、病期を考慮した血糖コントロールを含め、エビデンスに基づく総合的な診療を心がけています。他科手術前の血糖コントロールや妊娠中の糖尿病の管理なども積極的に行っています。加えて糖尿病の分子メカニズムの解明やQOL(生活の質)を脅かす生活習慣病の合併症として、動脈硬化の成因解明と予防、糖尿病性腎症・網膜症の成因解明に取り組んでいます。さらに、肥満症に対する新しい治療法やLCAT欠損症に対する脂肪細胞自家移植による世界初の治療法を開発しています。
糖尿病合併症予防を目的とした他科、医療スタッフの連携深化と包括的治療を指向する糖尿病コンプリケーションセンター、および糖尿病足病変への集中的ケアを目指したフットケアも稼働を開始いたしました。
老年医学領域 加齢の影響を考慮した高齢者のための生活習慣病診療法の開発に加え、代表的な早老症であるWerner症候群の診断成因解明と新しい治療法の開発に取り組んでいます。

研究内容の詳細は、千葉大学大学院医学研究院の講座ホームページをご確認ください。

千葉大学大学院 医学研究院 細胞治療内科学ホームページへ新しいウィンドウで開きます

実績(クリニカルインディケーター)