印刷専用ページへ

診療科・部門

食道・胃腸外科

診療体制

写真
松原 久裕 科長(教授)

人にやさしく、かつ質の高い最先端の医療を提供いたします

当科では、食道・胃・小腸・大腸・肛門のがんの手術・抗がん剤・放射線治療、さらに食道アカラシア、逆流性食道炎、胃・大腸のポリープなどの良性疾患の治療を行っています。安全に治療すること、患者さんの治療による苦痛を軽減することを心がけて、積極的に内視鏡治療、腹腔鏡手術を取り入れています。食道がんは、日本で最も古くから積極的に治療を行っている施設の1つです。次世代の標準治療確立を目指し、臨床研究・先端医療にも積極的に取り組んでいます。

主な対象疾患と診療・研究内容

主な対象疾患と診療・研究内容 写真

食道がん・胃がん・大腸がんなどの悪性疾患、食道アカラシア、胃良性腫瘍、潰瘍性大腸炎やクローン病といった炎症性疾患などの良性疾患の診断と治療を行っています。

主な対象疾患 診療・研究内容
食道・胃・小腸・大腸・肛門のがんの診断 内視鏡検査による微細病変の診断。ポジトロン検査によるリンパ節転移診断。超音波内視鏡検査による腫瘍の深達度診断。3次元CT検査による他臓器浸潤の診断。PETによるがんの診断。現在、国内で使用可能なあらゆる診断機器を駆使して、患者さんに負担とならぬように、精密な診断を行います。
食道・胃・小腸・大腸のがんの治療 腹腔鏡を用いた身体にやさしい手術。合併症の少ない、早期退院可能な手術をそれぞれの専門チームが専属で治療を担当します。早期がんに対しては、積極的に内視鏡手術を採用して患者さんの負担を軽減しています。da Vinciサージカルシステムを用いたロボット手術も2013年より行っています。また、重粒子線を用いた治療や、免疫療法、温熱療法などの新しい治療法の開発も積極的に行っています。

研究内容の詳細は、千葉大学大学院医学研究院の講座ホームページをご確認ください。

千葉大学大学院 医学研究院 先端応用外科学ホームページへ新しいウィンドウで開きます

実績(クリニカルインディケーター)