印刷専用ページへ

診療科・部門

神経内科

診療体制

写真
桑原  聡 科長(教授)

脳・神経・筋疾患全般にわたり最先端の医療を提供しています

神経内科領域では近年の医学の進歩により、診断・治療の手法が急速に進歩しつつあります。私どもは最新かつ最善の診療を提供できるよう努力しております。また、長期的な療養を視野に入れた福祉サービスのご提案など、患者さんに寄り添う医療を心がけています。

主な対象疾患と診療内容

主な対象疾患と診療内容 写真

  • 脳卒中、パーキンソン病、認知症、脊髄小脳変性症、筋萎縮性側索硬化症、多発性硬化症、重症筋無力症、末梢神経疾患、自律神経疾患、感染・炎症性疾患(脳炎等)、機能性疾患(頭痛やてんかん)など。
  • 各種神経疾患に関し国内でも有数の患者数の診療にあたっており、それぞれの専門医が高度医療を提供できる体制が整っています。
主な対象疾患 診療内容
認知症 高齢化社会となり、認知症は現代社会の大きな問題となっています。当科では、認知症の診断・治療を行っています。
パーキンソン病 神経変性疾患にはパーキンソン病、脊髄小脳変性症、筋萎縮性側索硬化症などがあり、千葉大学神経内科ではこれらの病気の診断・治療を行っています。また、パーキンソン病の深部脳刺激療法を当院脳神経外科と協力して行なっています。
脳卒中 脳卒中(脳梗塞及び脳出血)は、最も多い神経内科の疾患の一つです。当科では、この脳卒中の診断と治療を日常的に行っております。
末梢神経疾患 末梢神経障害は糖尿病、自己免疫異常(ギラン・バレー症候群)、膠原病、栄養障害、遺伝などで起こります。当科では、様々な末梢神経疾患の診断・治療を行っています。
神経免疫疾患 神経免疫疾患には、多発性硬化症、重症筋無力症、ギラン・バレー症候群などがあります。これらの疾患には免疫治療が有効であり、千葉大学神経内科では積極的に治療を行っています。
自律神経疾患 自律神経が障害されるとたちくらみ、失神、排尿障害、便秘、発汗異常などがみられます。当科では、自律神経疾患の診断と治療を行っています。
遺伝性神経疾患 遺伝性神経疾患には遺伝性脊髄小脳変性症、ハンチントン病などがあり、当科ではこれらの遺伝子診断が可能です。対症療法になりますが、治療も行っております。

診療・研究内容

分野 内容
認知症 アルツハイマー病などの認知症性変性疾患を対象に、治療やケアを提供しています。核医学検査など最新の手法を用いた研究を行っています。
パーキンソン病 パーキンソン病などの錐体外路系疾患を対象とした診療を行っています。患者様の状態に応じて、薬物療法やリハビリテーション、脳深部刺激療法等をご提案しています。
末梢神経疾患 ギラン・バレー症候群を始めとした様々な末梢神経疾患の診療を行っています。正確な診断と最適な治療の提供を心掛けています。病態研究や新規治療開発を積極的に行っています。
ボツリヌス治療 片側顔面攣縮、眼瞼痙攣、痙性斜頸、痙縮を対象とした専門外来を行っています。患者様の状況に応じたきめ細やかな治療をご提供するよう心がけています。
多発性硬化症 多発性硬化症、視神経脊髄炎などを対象とした専門外来を行っています。新規治療の治験へも積極的に参画しています。免疫学的なアプローチによる病態研究を積極的に行っています。
重症筋無力症 国内有数の患者様の診療にあたっています。生物学的製剤などの新規治療開発にも参加しています。病態解明に関する基礎的研究も精力的に行っています。
排尿機能検査 神経内科疾患(特に神経変性疾患)における下部尿路機能障害の診断、薬物による対症療法を行っています。
自律神経疾患 新規の自律神経検査法を開発し、診断・予後評価に役立てています。自律神経疾患の専門的な治療を行っています。
神経画像検査 脳や脊髄の画像診断の専門家が診断を行っています。

研究内容の詳細は、千葉大学大学院医学研究院の講座ホームページをご確認ください。

千葉大学大学院 医学研究院 神経内科学ホームページへ新しいウィンドウで開きます

実績(クリニカルインディケーター)