印刷専用ページへ

診療科・部門

乳腺・甲状腺外科

診療体制

写真
長嶋 健 科長(准教授)

最新の技術とエビデンスに基づいたがん治療を実践しています

最新の技術を用いた診断とエビデンスに基づいた治療を実践しています。乳がん罹患率は年々増加傾向にありますが、乳房温存手術やセンチネルリンパ節生検、乳房再建術など、患者さんの術後の生活の質(QOL)も考慮した手術を行い、術前後の全身治療を含めた一貫した医療を行っています。甲状腺の診療では近年の画像診断の進歩により、微小な病変も多く発見されるようになってきましたが、必ずしも外科的治療を必要としない場合もあるため、数多い治療法の中からテーラーメイド医療を実践できるように努めています。

主な対象疾患と診療内容

診療内容

乳がん患率は年々増加傾向にあり、女性においては現在第一位となっています。それに伴い乳がんの診断、治療に対する考え方、方法も進歩しており、情報も日々更新されています。私たちは情報を常に吟味し、最新の技術を用いた診断とエビデンスに基づいた治療(EBM)を実践しています。

主な対象疾患 診療内容
乳がん 術前診断:マンモグラフィ、高解像度超音波装置、ヘリカルCT、MRI、穿刺吸引細胞診、針生検を行っています。
治療:手術、化学療法、内分泌療法、放射線療法を組み合わせた多方面からのアプローチ。センチネルリンパ節生検による腋窩郭清の省略を早期より導入、乳房再建手術にも対応しています。

甲状腺腫瘍は、近年の画像診断装置の進歩等により、微小なものも多く発見されるようになってきました。しかしその多くは人体に与える影響は少なく、がんであっても必ずしも治療を必要としない場合のあることは事実です。そこで手術が本当に必要であるかどうかをよく検討し、患者本人および家族と十分に相談し、インフォームドコンセントを得たうえで治療方針を決定しています。

主な対象疾患 診療内容
甲状腺がん 術前診断:高解像度超音波装置、ヘリカルCT、穿刺吸引細胞診
治療:機能温存を考慮した甲状腺手術。

診療・研究内容

マンモグラフィ・超音波・CT・MRIなど最新機器を駆使した画像診断や、細胞診・針生検を用いた正確な術前評価を行い、センチネルリンパ節生検、非触知病変に対するステレオガイドアプローチやナビゲーションサージェリー、乳房再建を含めた種々の外科治療を行っています。また、術前後の化学療法や内分泌治療、分子標的薬による全身療法まで一貫した治療を実践しています。

分野 内容
臨床的研究
  • 非浸潤性乳がんに対するMRIナビゲーション手術
  • 乳がんに対する新規CT撮影法およびナビゲーション手術
  • 画像解析による術後整容性評価法
  • ホスト側マーカーを用いた乳がん微小転移診断
  • 乳がんに対する薬剤抗果予測法
  • ラジオ波治療など新規治療法
基礎的研究
  • 転移臓器のホスト細胞と乳がん細胞との相互作用の研究
  • 乳がん転移成立におけるプロテオミクス
  • 転移巣におけるがん幹細胞と薬剤耐性の研究
  • 転移成立後のがん細胞分化に関する研究

研究内容の詳細は、千葉大学大学院医学研究院の講座ホームページをご確認ください。

千葉大学大学院 医学研究院 臓器制御外科学ホームページへ新しいウィンドウで開きます

実績(クリニカルインディケーター)