印刷専用ページへ

診療科・部門

脳神経外科

診療体制

写真
岩立 康男 科長
(教授)

脳神経外科は皆様と共に歩み、脳と脊髄を守るべく手を差し伸べます

人にとって唯一無二の存在である「脳」と、脳の命令を手足などの主要部位に伝える「脊髄」を診る科、それが脳神経外科です。脳腫瘍、脳動脈瘤、内頚動脈狭窄症、水頭症、脊髄外科疾患およびパーキンソン病などの機能的疾患など、さまざまな疾患を扱っています。

神経内視鏡の導入により、さらに低侵襲にかつこれまで到達困難部位の病変へアプローチができるようになりました。脳腫瘍治療においては、高度な手術技術をはじめ最新の画像診断、遺伝子発現解析、そして多様な放射線化学療法を用いた最先端の治療が可能となっております。脳動脈瘤や内頚動脈狭窄症に対して、血管内治療では確実にかつ低侵襲に治療を行っており、優秀な治療成績を挙げております。高齢化社会にて問題となる水頭症や脊髄外科疾患を解決すべく専門的治療を行っております。機能的疾患では神経内科との診療的コラボレーションを介して、より正確な診断および安全な治療をめざしております。

主な対象疾患

主な対象疾患 写真

間脳下垂体腫瘍および頭蓋底腫瘍、悪性および良性脳腫瘍(グリオーマ等)、神経内視鏡を用いる脳室内病変、くも膜下出血や脳内出血、超急性期脳梗塞などの脳卒中疾患、脳動脈瘤や脳脊髄血管奇形、内頚動脈狭窄症などの脳脊髄血管疾患、正常圧水頭症、頚椎症や脊髄腫瘍、キアリ奇形などの脊髄外科疾患およびパーキンソン病、三叉神経痛や顔面痙攣などの機能的外科疾患を中心に専門的診断および治療を行っております。

学会認定施設

  • 日本脳神経外科学会専門医研修プログラム基幹施設
  • 日本脳神経血管内治療学会認定研修施設
  • 日本脳卒中学会認定研修教育病院
  • 機能的定位脳手術認定施設
  • JCOG(日本臨床腫瘍研究グループ)脳腫瘍グループ参加施設

診療・研究内容

主な対象疾患・分野 診療・研究内容
脳血管障害、脳卒中医療 くも膜下出血、脳内出血および脳梗塞の救急治療および血管内治療による脳動脈瘤(コイル塞栓術)や頚動脈狭窄症(ステント留置術)等の予防的治療 を行っております。
間脳下垂体腫瘍 主として神経内視鏡を用いた経鼻的経蝶形骨洞手術を行っており、可能な限り負担の少ない低侵襲治療を行っております。
悪性脳腫瘍 神経膠腫(グリオーマ)、悪性リンパ腫等に対して、極力放射線治療を温存した治療戦略を取っています。また機能温存と最大限の腫瘍摘出を両立させるために、覚醒下手術等の高度な手術テクニックを導入しております。
頭蓋底腫瘍 聴神経鞘腫や頭蓋底部髄膜腫等に対して最新の画像診断技術を駆使し、ナビゲーションや電気生理学的モニタリング等を用いた安全かつ正確な手術を行うようにしております。
機能的疾患 三叉神経痛や片側顔面痙攣は薬物治療のみではなく微小血管減圧術を行います。パーキンソン病や不随意運動についても、神経内科やリハビリテーション科、精神神経科と共同に診療に当たっております。
脊椎脊髄外科疾患 頚椎症や後縦靭帯骨化症、脊柱管狭窄症の治療を行っております。
脊髄空洞症を伴うキアリ奇形では、豊富な手術件数を有しております。
水頭症 歩行障害や認知症状を認めた場合、正常圧水頭症である可能性があります。豊富な症例経験が正確な診断・治療を可能にしております。

研究内容の詳細は、千葉大学大学院医学研究院の講座ホームページをご確認ください。

千葉大学大学院 医学研究院 脳神経外科学ホームページへ新しいウィンドウで開きます

実績(クリニカルインディケーター)