印刷専用ページへ

診療科・部門

臨床工学センター

診療体制

写真
織田 成人 センター長
(教授)

生命維持管理装置をはじめとする医療機器の
信頼性・安全性の向上に努めています

現代医療は生命維持管理装置等、高度な医療機器(ME機器)に支えられ成り立っています。
千葉大学病院臨床工学センターには各分野の専門臨床工学技士が所属しており、医療機器の中央管理のほか、手術室、救急・集中治療、血液浄化、内視鏡センター、ペースメーカー・循環器業務などにおいて、生命維持管理装置や高度医療機器の操作を担い、これらの医療機器を常に安全かつ高性能に維持管理し、臨床の場にいつでも提供できる体制を整えることにより医療の質を高めることが大きな使命となっています。

主な業務内容

生命維持管理装置をはじめとする医療機器のスペシャリストとして、専門技術の提供と信頼性の高い機器運用を通し、安全で質の高い医療環境の構築を進めております。

臨床技術支援業務について

呼吸・代謝・循環領域をはじめとして、生命維持管理装置や、専門知識を必要とする高度医療機器の操作、診療の補助などの臨床業務を担っております。

ME機器管理について

病棟・外来・手術室等で使用されるME機器の、保守点検、修理、清潔処理、保管管理、貸し出し・返却業務を行い、安全で高性能な状態での効率的な運用を目標に行っています。

取り扱い機器

中央管理部門では、人工呼吸器、輸液ポンプ、シリンジポンプ、ネブライザ、生体情報モニタ、間歇的空気圧迫装置に加え、除細動器、AED、閉鎖式保育器の9種類、計約1800台の機器を管理対象としています。また、医療法の定める管理対象機器の保守点検・情報収集も行っています。
各領域の臨床工学技士はそれぞれ専門分野の生命維持管理装置・高度医療機器を操作・管理しています。

  • 取り扱い機器 写真
  • 取り扱い機器 写真

機器点検・整備

教育

全ての領域において、医療スタッフに対し、ME機器の取り扱い説明と実技指導および現場でのサポートを随時行っています。
また、病院全体の医療機器安全講習会を年間2回程度行うほか、新人看護師・初期研修医に対しては入職前医療機器実習も行っています。

医療機器安全講習会 写真1 医療機器安全講習会 写真2
医療機器安全講習会 生命維持管理装置装着中の患者さんの
搬送にも積極的に対応しています

実績(クリニカルインディケーター)

スタッフ一覧

氏名 役職・職位 専門分野 認定医・専門医等
織田 成人 センター長、教授 医療機器安全管理責任者  
山根 慎滋 副センター長、臨床工学技士 血液浄化療法担当 透析技術認定士
石井 祐行 臨床工学技士 血液浄化療法担当 透析技術認定士
アフェレシス認定士
臨床ME認定士
並木  陸 臨床工学技士 血液浄化療法担当 透析技術認定士
小林 美知彦 臨床工学技士 血液浄化療法担当 臨床高気圧酸素治療技士
3学会合同呼吸療法認定士
CDR(Cardiac Device Representatives)
横尾 裕太 臨床工学技士 手術室、高気圧酸素治療室担当 臨床高気圧酸素治療技士
鳥海 翔平 臨床工学技士 手術室、高気圧酸素治療室担当  
飯島  唯 臨床工学技士 手術室、高気圧酸素治療室担当  
嶋林 浩一 臨床工学技士 体外循環担当 透析技術認定士
人工心臓管理技術認定士
体外循環技術認定士
山口 直孝 臨床工学技士 体外循環担当 透析技術認定士
人工心臓管理技術認定士
体外循環技術認定士
三髙 裕之 臨床工学技士 体外循環担当 透析技術認定士
人工心臓管理技術認定士
体外循環技術認定士
小池 祐大 臨床工学技士 体外循環担当  
小野  仁 臨床工学技士 循環器(不整脈・ペースメーカー)担当 透析技術認定士
消化器内視鏡技術認定士
不整脈治療専門臨床工学技士
CDR(Cardiac Device Representatives)
Certified Cardiac Device Specialist
細谷 裕一 臨床工学技士 循環器(不整脈・ペースメーカー)担当 透析技術認定士
臨床ME認定士
3学会合同呼吸療法認定士
菊地 厚子 臨床工学技士 光学医療担当 透析技術認定士
藤江  舞 臨床工学技士 光学医療担当 消化器内視鏡技術認定士
長野  南 臨床工学技士 集中治療機器管理担当 透析技術認定士
宮崎 瑛里子 臨床工学技士 集中治療機器管理担当  
古川  豊 臨床工学技士 医療機器安全管理・集中治療機器管理担当・人工呼吸療法担当 3学会合同呼吸療法認定士