呼吸器内科

診療体制

写真
巽 浩一郎 科長(教授)

常に先進かつ最良と考えられる呼吸器領域の医療を提供します

近年増加傾向にある呼吸器内科領域の外来及び入院診療を幅広く行っています。特に診断・治療の難しい肺線維症・サルコイドーシス・過敏性肺炎をはじめとする間質性肺炎、肺循環障害(肺血栓塞栓症、肺高血圧症)、難治性気管支喘息や慢性閉塞性肺疾患(COPD)、近年増加傾向にある睡眠時無呼吸症候群などの症例については、適切かつ迅速に解決の路を示せるよう専門外来を設けて対応させていただいております。
最先端の臨床と研究の実践、医師をはじめとする医療人の臨床教育、受診される患者様にとって安心できる呼吸器領域の医療の提供を心がけています。

主な対象疾患と診療内容

肺炎などの肺感染症、気管支喘息などのアレルギー免疫疾患、慢性閉塞性肺疾患(COPD)などの慢性呼吸不全、肺線維症・過敏性肺炎などの間質性肺炎(IP)、肺高血圧症などの肺循環障害を来す疾患、睡眠時無呼吸症候群(SAS)、肺がんを中心とした呼吸器悪性腫瘍。
現時点での医療では完治は望めない疾患は多いのですが、専門家として可能なかぎり解決の路を示すように努力しております。

主な対象疾患 診療内容
肺がん 画像診断、気管支鏡・CTガイド下生検などによる確定診断、化学療法・放射線療法、中枢気道狭窄に対するステント留置など
肺高血圧症 肺血栓塞栓症では、東日本の中心として診断・治療を行っている、肺血栓塞栓症・肺高血圧症の診断および肺血管拡張療法を主体とした内科的治療・外科的治療の適応決定、肺動静脈奇形のコイル塞栓術
睡眠時無呼吸症候群 診断と治療(CPAP治療、マウスピース作成など)
慢性閉塞性肺疾患 診断と呼吸リハビリテーションを含めた包括的内科治療
気管支喘息 ガイドラインに基づいた内科的治療
間質性肺炎 気管支鏡などを用いた診断と内科的治療

診療・研究内容

分野 内容
睡眠時無呼吸症候群
(専門外来:月曜・火曜・水曜・金曜)
当院では常時、入院による睡眠検査を施行の上、診断・治療(CPAP治療、マウスピース治療など)を行っています。
COPD/気管支喘息
(専門外来:火曜・金曜)
千葉市が行っている肺がん(COPD)検診の胸部精密検査協力医療機関として、呼吸機能検査、胸部CTなどによる精査を行っています。病診連携が重要であり、当科で適切な治療方針をたて、近医で経過観察をして頂く方針にしています。
間質性肺炎
(専門外来:月曜・木曜)
特発性間質性肺炎、肺胞蛋白症、リンパ脈管筋腫症、好酸球性肺炎などの病態を対象として、画像診断、気管支鏡検査、気管支肺胞洗浄検査を行い、治療を行っています。
肺高血圧症 Multi-detector CTを用いた画像診断、血流スキャン検査、心臓エコー検査、右心カテーテル検査を含めた病態診断に基づき治療を行っています。原因不明の息切れ、心不全と考えられた症例の中に、肺高血圧症が含まれていますので、できるだけ早期からの紹介をお願いします。
肺がん 当院臨床腫瘍部、呼吸器外科と協力の下、診療にあたっています。毎年120人前後の新規肺がん症例を診療しており、新規抗がん剤を含む化学療法・放射線療法などを行い、治療成績の向上に努めています。

研究内容の詳細は、千葉大学大学院医学研究院の講座ホームページをご確認ください。

千葉大学大学院 医学研究院 呼吸器内科学ホームページへ新しいウィンドウで開きます

実績(クリニカルインディケーター)