印刷専用ページへ

診療科・部門

内視鏡センター

診療体制

写真
露口 利夫 センター長
(診療教授)

先端的な内視鏡診断・治療を安全に最も留意して行います

光学医療とは、内視鏡を用いた診断・治療を行う分野です。
その内容は主に、消化器内視鏡・気管支内視鏡における診断・治療と多岐にわたり、専門領域については各分野の専門医が当診療部にて診療を行います。当部所属の医師は、消化器内視鏡を専門としており、院外からの紹介症例、院内他科からの症例の各種消化器疾患の診断・治療を中心に診療を行っています。

当診療部では、各診療科の垣根を取り払い、食道胃腸外科と消化器内科、呼吸器外科と呼吸器内科が合同で診断、治療に携わることで質の高い内視鏡診療・治療を提供しております。

主な対象疾患と診療・研究内容

主な対象疾患と診療・研究内容 写真

対象疾患は、食道・胃・十二指腸・大腸の腫瘍性疾患や炎症性疾患の診断・治療を行っております。

当診療科では消化器内視鏡を専門としており、通常の上・下部内視鏡検査に加え、小腸内視鏡、カプセル内視鏡等の深部内視鏡も行っております。内視鏡診断の分野では、メーカーと共同して、特殊光内視鏡の開発に携わっております。また超音波内視鏡、拡大内視鏡を用いた診断も得意とする分野です。内視鏡下治療は粘膜がんや食道疾患など、確かな技術を持つ各専門医が担当しております。近年増加傾向にある食道逆流症に対しては食道内圧が測定できる特殊装置を備え、適切な治療の選択を行っております。

分野 内容
消化管がんの診断 食道がん、胃がん、大腸がんを色素や拡大内視鏡・分光内視鏡を用いるなどして微細に観察し、診断しております。そして、その内容は組織診断まで推定できるようになりました。これらは多くの症例観察の経験の積み重ねによるものです。
超音波内視鏡 細径超音波プローブ、リニア走査型、ラジアル走査型を部位、目的に応じ使い分け、がんの深達度やリンパ節転移の診断、粘膜下腫瘍の発生部位および質的診断などを行っています。また、超音波内視鏡下に消化管壁内外の組織採取も行っております。
早期消化管がんの治療 内視鏡的には、病巣部を切除し、組織診断ができる粘膜切除(ESD/EMR)を主として行っています。切除できない部位、大きさの病巣に対しては、組織焼灼法があります。個々の患者さんの病態やQuality of Lifeを考慮し最適な治療法を選択しております。
消化管出血の診断と治療 胃十二指腸潰瘍などによる消化管出血に対し、内視鏡、ダブルバルーン内視鏡、カプセル内視鏡を用いて診断、止血、治療を行います。
消化管狭窄の診断と治療 癌性狭窄あるいは良性瘢痕性狭窄に対する治療を病巣の形態により、高周波切開、ブジー法、レーザー照射、ステント挿入などで行っております。
食道運動異常の診断と治療 近年増加傾向にある胃食道逆流症(GERD)をはじめ、食道運動機能異常に対して、内視鏡検査の他、食道内圧検査(HIGH RESOLUTION MANOMETRY)や24時間Phモニタリングを用いた診断から、治療までを行っております。
その他 逆流性食道炎、胃十二指腸潰瘍などの良性疾患の診断と治療、大腸ポリープのポリペクトミー、内視鏡下胃瘻造設術など。

実績(クリニカルインディケーター)