印刷専用ページへ

診療科・部門

形成・美容外科

診療体制

写真
三川 信之 科長
(准教授)

形態や色調異常を手術治療によって改善し、QOL(生活の質)の向上を目指した治療を行っています

形成外科は体表のあらゆる形態異常や色調異常を手術治療によって改善し、患者さんの精神的負担を軽減させ、社会に復帰してもらうことを目的とした科です。そういう意味ではquality of lifeを最も重視している診療科の一つであるといえます。また形成外科は多くの他の診療科とは異なり、特定の臓器のみを対象とするものではなく、全身のあらゆる部位を扱っています。そのため治療にあたっては全身の形態、機能についてあらゆる知識を有していなくてはなりません。また他科と連携し診療を行うことが多いというのも形成外科の特徴といえます。形態改善を治療することが、患者さんの社会生活において大きな利益をもたらすことを実感しています。患者さんが社会復帰し、前向きな人生を再び歩み出してゆけることが形成外科診療の最高の醍醐味であります。今後もより多くの患者さんに最良の診療を還元できるよう努める所存です。

主な対象疾患

主な対象疾患 写真

  • 頭蓋顔面骨変形、顎変形症
  • 口唇口蓋裂、耳介、眼瞼などの先天性異常
  • 乳房再建、頭蓋顔面再建などの各種再建手術
  • 顔面神経麻痺の外科的治療
  • 手・足の先天異常および手足のリンパ流異常の外科的治療
  • 体表の母斑、血管腫・血管奇形、あざの外科的治療
  • 外傷(顔面骨骨折、顔面外傷、手指など)
  • 熱傷と熱傷後瘢痕拘縮
  • 美容外科手術(顔面骨の輪郭形成手術、しわとりなど若返り手術、重瞼術、隆鼻術、乳房など)
  • 褥瘡、四肢の潰瘍
  • 創傷外科
  • その他

診療・研究内容

世界に先駆けて頭蓋顎顔面骨延長術を行い、我が国の頭蓋顎顔面外科の拠点として最先端の医療に取り組んでいます。

主な対象疾患・分野 診療・研究内容
悪性腫瘍摘出後の再建外科 主に皮膚軟部組織悪性腫瘍(皮膚癌、乳癌、頭頚部癌など)摘出後の組織欠損に対して、種々の皮弁(マイクロサージェリーを含む)や植皮術を用いて再建を行っています。
頭蓋顎顔面外科 頭蓋、顎、顔面の先天異常に対して骨切り術や骨延長術を行ったり、顔面骨骨折の整復を行っています。
体表面・四肢の先天異常 口唇口蓋裂、多指症、合指症、小耳症などの治療を行っています。
乳房再建 乳癌切除後の欠損に対して整容的な再建を行っています。
顔面神経麻痺 眉毛、眼瞼、頬部など、麻痺の部位に応じて各種の再建を行っています。
リンパ浮腫 悪性腫瘍切除後のむくみや、生まれつきのむくみについても治療を行っています。
血管腫 血管腫に対してレーザー治療、硬化療法、手術などを行っています。
腫瘍外科 主に皮膚軟部組織腫瘍の診断、治療(再建)を行っています。特に顔面などの露出部では、整容的手術を行っています。
熱傷および瘢痕(傷跡) 種々の熱傷の治療や熱傷後の傷跡の形成術を行っています。また、交通事故など外傷の傷跡に対しても形成術を行っています。
美容外科 美容外科全般、加齢に対する美容外科の相談、手術を行っています。

研究内容の詳細は、千葉大学大学院医学研究院の講座ホームページをご確認ください。

千葉大学大学院 医学研究院 形成外科学ホームページへ新しいウィンドウで開きます

実績(クリニカルインディケーター)