印刷専用ページへ

診療科・部門

感染症内科

診療体制

写真
猪狩 英俊 科長
(准教授)

重症感染症、免疫不全感染症や渡航医学など含め、幅広い感染症診療を提供しています

千葉大学病院は高度先進医療を提供する病院です。免疫を抑制する薬剤をつかった医療や抗がん剤を使用した医療を行う患者さんにとって感染症への対応は重要な課題になります。感染症の診断、治療を通して適切かつ安心して医療を受けられるように努めていきます。
また外来ではHIV感染者の診療を行っていますが、千葉県エイズ拠点病院会議を通じて教育・地域連携に努めています。

主な対象疾患と診療内容

すべての感染症の診断、治療の相談を受けております。重症感染症における適切な抗菌薬の使用方法、免疫不全患者における感染症の予防や海外渡航前の予防接種の相談など幅広い診療を行っています。

主な対象疾患と診療内容 写真

主な対象疾患

  • 一般感染症:細菌・ウイルス・真菌・寄生虫・結核・非定型抗酸菌症
  • 真菌感染症:専門外来を設置しています。
  • HIV感染症:カウンセリングも含めた診療体制をとっています。
  • 移植感染症:臓器移植前の感染症コンサルテーション、移植後の感染症マネジメント。
  • 輸入感染症:旅行後の感染症、新型インフルエンザ対応など(感染症病室を有しています)。
  • 渡航前相談:渡航前の予防接種、マラリアなどの予防内服などの相談に応じます。

診療内容

感染症内科では、感染症全般をカバーする診療を行っています。

  • 外来診療では、インフルエンザ、HIV・AIDS、輸入感染症、結核等に対応した診療を行っています。千葉大学病院は第二種感染症指定医療機関となっています。
  • 診療体制は感染症全般に関するコンサルテーションとなっています。当科に入院のご相談はお引き受けしておりません。
  • 当院はエイズ中核拠点病院になっています。HIV感染は慢性疾患となりつつあり、感染者の高齢化や生活習慣病が問題となっております。これらの問題に対してより良い医療を提供するための臨床研究を行っております。
  • 真菌症外来は、千葉大学真菌医学研究センターとコラボレーションして専門的な診断と治療を行っております。また真菌感染症の治療や診断に関する基礎研究も行っております。
  • 免疫不全や免疫抑制剤を使用して抵抗力が低下した患者さんに発症する感染症に対応した診療を行っています。臓器移植前の感染症対策や移植後の感染症診療もしております。
  • 病院感染対策は、患者さんが安心して治療を行うために重要です。ICT(インフェクション・コントロール・チーム)は、医師・看護師・薬剤師・検査技師などが協力して日々の活動を行っています。
診療業務 内容
感染症の治療外来 細菌・ウイルス・真菌・寄生虫・結核などさまざまな感染症診療に対応します。
インフルエンザ、海外から帰国後に発症する感染症、HIV/AIDSなども診療します。
感染症の治療入院 各診療科に入院する患者さんが感染症を発症した場合には、コンサルトを受けています。
診断、抗菌薬の使用方法、検査の進め方などについて、診療支援を行っています。
真菌症専門外来 入院患者さんの中でも、免疫抑制状態にある患者さんに発症する頻度の高い感染症です。
千葉大学には真菌医学研究センターがあり、この施設とのコラボレーションです。
サーベイランス 入院患者さんの感染発生状況を把握したり、検査室から分離される微生物をモニターしています。
HIV/AIDS 当院は中核拠点病院になっています。カウンセリングを行う体制も整備しています。

診療・研究内容

専門スタッフによる感染症全般にわたる診断・治療・予防への幅広い対応を行っています。また、地域医療機関や行政と連携をとりながら病院感染対策を行っています。

分野 内容
HIV感染症 千葉県エイズ中核拠点病院として他の拠点病院と連携して、診療・予防啓発を行っています。
インフルエンザ菌・
肺炎球菌感染症
インフルエンザ菌・肺炎球菌による侵襲型感染症は全数届出疾患になっています。診断・治療・予防に関する臨床研究ならびに、他の医療機関も含め分離された菌株の血清型等の解析を行っています。
真菌症専門外来 千葉大学真菌医学研究センターとのコラボレーションで診療を行っています。
コンサルテーション
サーベイランス
千葉大学は高度先進医療を行う医療機関です。これらに伴う感染症は治療効果を損ねる因子となります。各診療科からの相談に応じ、患者さんが安心して診療をうけられるように支援しています。
抗菌薬の適正使用 抗菌薬の適正使用は、耐性菌をつくらないためにも重要です。抗菌薬の使用状況をモニターしながら、適正使用につとめています。

実績(クリニカルインディケーター)