印刷専用ページへ

診療科・部門

遺伝子診療部

診療体制

写真
市川 智彦 部長
(教授)

遺伝や遺伝病についての悩み・不安に対応し、遺伝子検査の最新情報を提供します

疾患関連遺伝子研究の進歩により各科の日常診療において、遺伝に関する相談を受けたり、確定診断や発症リスクの予測のために遺伝学的検査が実施される機会が増えています。遺伝子診療部では専門分野が異なる16名の専門医と2名の認定遺伝カウンセラーが遺伝カウンセリング(遺伝相談外来)を担当し、遺伝性疾患に関するさまざまなご依頼や患者さんの不安・悩みに対応しています。また、検査部遺伝子検査室と一体となって、遺伝子検査に関する最新情報を提供しています。

主な対象疾患と診療内容

院内診療科、地域の医療施設、一般住民を対象に

  • 遺伝病とその遺伝形式、発症リスクに関する説明
  • 最新の遺伝子検査関連情報の提供と検査の実施
  • 遺伝子検査前後の心理サポート
  • 個別化医療のためのファーマコジェノミクス

診療・研究内容

検査部(遺伝子検査室)と遺伝子診療部が一体となって活動している特徴を活かし、家族性腫瘍や神経難病の発症前診断を担当しています。また、今後の医療のキーワードである個別化医療の実践に必要な検査体系の構築にも取り組んでいます。

診療については、千葉大学病院遺伝子診療部のホームページをご確認ください。

千葉大学病院 遺伝子診療部ホームページへ新しいウィンドウで開きます

遺伝子検査については、千葉大学病院検査部ホームページをご確認ください。

千葉大病院検査部・遺伝子検査室紹介ホームページへ新しいウィンドウで開きます

実績(クリニカルインディケーター)