印刷専用ページへ

診療科・部門

放射線科

診療体制

写真
宇野  隆 科長(教授)

最新の診療機器を用いて最先端の画像診断・高精度かつ低侵襲な
放射線治療を提供しています

画像診断・IVR・がん放射線治療といった診療技術の進歩がきわめて速い分野において、それぞれの専門医が各科と協力して高度で専門的な最先端の医療を提供しています。

画像診断部門(CT、MRI、PET、核医学検査, 血管撮影など)は迅速かつ正確な医用画像の診断を通じて、患者さんが最速の医療を受けられるように努めています。
IVR(血管内治療)では様々な疾患の患者さんに臓器横断的に低侵襲治療を提供しております。
放射線治療(外部照射、小線源治療およびRI治療)部門は最先端の高精度放射線治療システムを用いて、強度変調放射線治療(IMRT)や定位照射、呼吸同期照射などの効果が高く副作用の少ない最適な放射線治療を提供しています。

主な対象疾患と診療内容

放射線診療はすべての患者さんの診断・治療にとても重要な役割を担っています。放射線診療には、画像診断とその手技を利用した治療(IVR)、核医学診断と治療、そしてがん放射線治療の3つの領域があります。放射線科はこれらのすべての領域で、各診療科と連携して大切な役割を果たします。千葉大学病院では放射線診療はすべての分野で最新で高度な技術を迅速かつ低侵襲な方法で患者さんに提供しています。

主な診療 内容
画像診断 画像診断部門は全身のすべての疾患を対象としています。CT・MRI等の画像診断およびそれらを用いて病気の治療に直接役立つ特殊画像の作成を行います。IVRでは肝細胞がんや肺動静脈奇形、緊急止血、ステントグラフトなど多くの領域を対象としています。
核医学検査 核医学部門はPET-CTのほか、各種SPECT検査、甲状腺、副腎、骨シンチグラフィーなどの核医学検査を行っています。
放射線治療 放射線治療部門は全身のあらゆる悪性腫瘍(がん)と一部の良性疾患に対する高精度放射線治療を行っています。

診療・研究内容

分野 内容
画像診断部門 320列CTをはじめとする3台のCT、3T MRI2台を含む5台のMRIにより、最新の画像診断を正確かつ迅速に行っています。最新のPET-CTが稼働するほか、各種脳SPECT検査、甲状腺、副腎、骨シンチグラフィーなどの核医学検査を行っています。
IVRでは血管造影等の検査と、その手技を用いた血管塞栓術、血管形成術や腫瘍の治療、肺動静脈奇形の治療、緊急止血、ステントグラフトなど侵襲の少ない各種血管内治療を行っています。
各診療科やフロンティア医工学センターと連携した研究を行い、最先端のMRI画像に関した研究を行っています。
放射線治療部門 画像誘導機能を有する放射線治療装置を備え、3次元放射線治療を主体に、強度変調放射線治療(IMRT)、体幹部定位放射線治療(SBRT)、呼吸同期照射などの高精度治療を行っています。各種がんに対する化学放射線療法を各診療科と協力して行っています。婦人科がんや前立腺がんに対する小線源治療や、甲状腺がんに対するヨード治療、骨転移に対するストロンチウム89によるアイソトープ治療も行っております。
日本では数少ないMRIを用いた3次元画像誘導小線源治療(3D image-guided brachytherapy:IGBT)を行っています。
JCOG(日本臨床腫瘍研究グループ)など全国規模で行われている数多くの多施設共同研究に参加しています。

研究内容の詳細は、千葉大学大学院医学研究院の講座ホームページをご確認ください。

千葉大学大学院 医学研究院 画像診断・放射線腫瘍学ホームページへ新しいウィンドウで開きます

実績(クリニカルインディケーター)