印刷専用ページへ

診療科・部門

放射線部

診療体制

写真
宇野 隆 部長(教授)

最先端の放射線機器を用いた、安全かつ高度な医療を提供します

3T-MRI装置、320列マルチスライスCT装置、Angio-CT装置、フラットパネルディテクタによるX線撮影システム、SPECT-CT装置、PET-CT装置、高エネルギー放射線治療装置など最先端の医療機器を有し、大学病院として地域医療をリードする画像診断、血管内治療(IVR)および放射線治療を各診療科に提供しています。また、患者さんおよび放射線診療従事者の放射線安全管理ならびに危機管理の充実を図っています。

MRI検査部門

MRI検査部門 写真

3T-MRI装置2台と1.5T-MRI装置3台で検査をおこなっております。2016年に設置した3-MRI装置では、狭いMRI装置本体の中で患者さんが映像と音楽を楽しみながらリラックスした環境で検査を受けることができるAMBIENT EXPERIENCE「Inbore solution」を導入しております。

CT検査部門

CT検査部門 写真

2014年度にすべてのCT装置を最新型に更新し、320列マルチスライスCT1台と80列マルチスライスCT2台で検査を行っており、最先端の心臓CT検査も実施しております。

血管造影検査部門

血管造影検査部門 写真

最新の脳血管Angioシステムのほか、心臓AngioシステムとAngio-CTシステム有し、複雑で微細な血管を正確に描出して、診断と血管内治療(IVR)を行っております。
脳血管検査室には、間接照明・映像・音響を駆使し、患者さんがリラックスして検査・治療が受けられる環境を提供するAmbient Experienceシステムを導入しております。

一般撮影部門

一般撮影部門 写真

最新のフラットパネルディテクタシステムを導入し、これまでよりも低被ばくで高画質なX線写真を提供しております。

核医学部門

核医学部門 写真

SPECT-CT装置2台と最新のPET-CT装置1台を有し、さまざまな核医学検査に対応しております。乳がんの手術前検査としてセンチネルリンパ節シンチグラフィも行っております。

放射線治療部門

放射線治療部門 写真

画像誘導機能を有する放射線治療装置を備え、3次元放射線治療を主体に強度変調放射線治療(IMRT)、体幹部定位放射線治療(SBRT)、呼吸同期照射などの高精度治療を行っています。婦人科がんや前立腺がんに対する小線源治療や、甲状腺がんに対するヨード治療、骨転移に対するストロンチウム89によるアイソトープ治療も行っております。2014年からはMRIを用いて3次元画像誘導小線源治療(3D image-guided brachytherapy: IGBT)を開始しております。

放射線部の詳細は、千葉大学病院放射線部のホームページをご確認ください。

千葉大学病院放射線部ホームページへ新しいウィンドウで開きます

実績(クリニカルインディケーター)

スタッフ一覧

氏名 役職・職位 専門分野 認定医・専門医・
認定技師・専門技師等
宇野  隆 部長、教授 放射線治療 放射線治療専門医
がん治療認定医
がん治療暫定教育医
第1種放射線取扱主任者
桝田 喜正 副部長、診療放射線技師長 MRI検査、医用画像工学 第1種放射線取扱主任者
上級磁気共鳴専門技術者
堀越 琢郎 診療講師 画像診断 放射線診断専門医
検診マンモグラフィ読影認定医
日本核医学会専門医
黒川 正行 副診療放射線技師長 放射線治療 放射線治療専門放射線技師
放射線治療品質管理士
今井 博久 副診療放射線技師長 X線一般撮影 第1種放射線取扱主任者
加藤 英幸 副診療放射線技師長 血管造影、医療放射線被ばく 第1種放射線取扱主任者
血管撮影・インターベンション専門診療放射線技師
石井 照之 主任診療放射線技師 主任診療放射線技師 医療情報技師
梅北 英夫 主任診療放射線技師 血管造影 血管撮影・インターベンション専門診療放射線技師
奥村 健一郎 主任診療放射線技師 乳腺撮影 第1種放射線取扱主任者
検診マンモグラフィ撮影認定診療放射線技師
飯森 隆志 主任診療放射線技師 核医学検査、放射線管理 第1種放射線取扱主任者
核医学専門技師
松本 浩史 主任診療放射線技師 MRI検査 磁気共鳴専門技術者
太田 丞二 主任診療放射線技師 CT検査 第1種放射線取扱主任者
X線CT認定技師
血管撮影・インターベンション専門診療放射線技師
救急撮影認定技師
医療情報技師

他 診療放射線技師39名、事務職員1名