印刷専用ページへ

診療科・部門

皮膚科

診療体制

写真
松江 弘之 科長(教授)

小児から高齢者まで、診断・治療の難しい皮膚疾患を
幅広く診療しています

皮膚は全身最大の臓器です。皮膚病変には皮膚症状だけでなく、内臓疾患の部分症状としての皮膚症状までさまざまな病態が含まれるため、皮膚科は「皮膚症状を通して全身を診る診療科」といえます。当院では湿疹・皮膚炎、蕁麻疹、中毒疹、薬疹、水疱症、膿疱性疾患、角化症、色素異常症、結合組織疾患、膠原病、母斑症、皮膚感染症、皮膚腫瘍といった幅広い疾患を扱っておりますが、特に悪性腫瘍、重症薬疹、乾癬、水疱症といった難治皮膚疾患を数多く、他科とも協力して診療しております。従来の視診に加えてダーモスコピーや、超音波、CT、MRI、PETなどの画像検査も行っており、最新の紫外線治療器も装備され、UVA以外にもnarrow-band UVBも使用できるようになりました。また重症薬疹や難治性水疱症では血液浄化法、悪性腫瘍ではセンチネルリンパ節生検など先進医療も行っています。

外来診療:月曜日、水曜日、金曜日の午前で、初診の方は初診担当医師が診察し、その後は再来担当医師が診察を行います。特殊外来は腫瘍外来が火曜日、診断・治療に検討が必要な方は木曜日のクリニカルカンファレンスで教授診察を行います。
入院診療:複数の主治医体制で診療を行い、朝夕の回診で状態の把握に努めています。
手術:外来手術は月曜日から金曜日までの午後、入院手術は中央手術室で月曜日と水曜日に行っております。

主な対象疾患

接触皮膚炎、アトピー性皮膚炎、蕁麻疹などのアレルギー性皮膚疾患、尋常性乾癬などの炎症性角化症、脱毛性疾患、天疱瘡や類天疱瘡等の自己免疫性水疱症、皮膚感染症(細菌、真菌、ウイルス)から悪性黒色腫、有棘細胞癌、基底細胞癌、乳房外パジェット病、皮膚血管肉腫等の皮膚悪性腫瘍まで、様々な分野を対象として扱っています。

特に皮膚悪性腫瘍は、手術療法、化学療法、放射線療法を組み合わせることで集学的に治療を行っています。

診療・研究内容

対象疾患・分野 診療・研究内容
皮膚真菌症 検鏡や培養により診断確定後、外用あるいは内服療法を行っております。
薬疹、皮膚アレルギー 検査による原因検索、治療を行っております。
アトピー性皮膚炎 外用療法から免疫抑制剤の内服療法まで症状に応じて適切に治療を行っております。
光線過敏性皮膚症 可視光線や紫外線のテストの後、診断確定しています。
膠原病 内科・小児科と連携して診療しています。
乾癬 外用療法、光線療法(narrowband-UVB、PUVA)、レチノイドや免疫抑制剤等内服療法に加え、生物学的製剤(インフリキシマブ、アダリムマブ、ウステキヌマブほか)による治療も行っています。
水疱症 蛍光抗体法などの検査による診断確定後、ステロイドや免疫抑制剤、血液浄化法による治療を行っています。
リンパ腫 菌状息肉症などを扱っています。皮膚生検、全身検索施行後、病期を決定。各病期に適した治療を行っています。
皮膚外科 ダーモスコピーや超音波体表エコー、皮膚生検を行って診断後、治療を行っています。特に悪性腫瘍に対しては、手術療法の他、病期に応じて放射線療法や化学療法を併用しています。またセンチネルリンパ節生検も行っています。

研究内容の詳細は、千葉大学大学院医学研究院の講座ホームページをご確認ください。

千葉大学大学院 医学研究院 皮膚科学ホームページへ新しいウィンドウで開きます

実績(クリニカルインディケーター)