印刷専用ページへ

診療科・部門

婦人科

診療体制

写真
生水 真紀夫 科長(教授)

女性の健康と生活の質の向上を生涯にわたって総合的に支援します

婦人科は腫瘍、ホルモン、不妊などを対象に診療を行っています。腫瘍領域に関しては、細胞診、超音波、MRIなどの診断から始まり、手術、放射線、化学療法を行っております。またホルモン、不妊領域では体外受精を含む難治性不妊症から更年期、老年期までの治療を行っています。
大学病院の高い専門性をいかした集学的治療を行っております。常にエビデンスに基づく診療を行うとともに、先端医療を提供しています。

重症・難治性の患者さんへの最適医療を提供します。本施設でのみ実施可能な高度医療を実践し、さらに良い医療を提供するための診断・治療法開発を目指します。

主な対象疾患

  • 婦人科腫瘍領域は、子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がん、絨毛性疾患などの悪性腫瘍を中心に診断・治療を行っています。
  • ホルモン、不妊領域は、子宮筋腫、子宮内膜症、不妊症、月経・ホルモン異常、不育症、先天性子宮奇形などを中心に診断・治療を行っています。

診療・研究内容

分野 内容
子宮頸部がん 細胞診専門医による厳格な診断を行い、病期にあった適切な治療を行っています。上皮内がん、初期浸潤がんに対して子宮温存治療(ループ式電気円錐切除)を外来で施行しています。進行がんに対しては手術療法、放射線治療(放射線科と共同)を行っています。
卵巣がん 手術療法と抗がん剤療法を組み合わせて治療を行なっています。手術においては、子宮全摘、両側付属器切除、大網切除術に加え、直腸など消化器合併切除、後腹膜リンパ節廓清も行い、目で見えるがん部分を全て切除することを目指しています。
絨毛性疾患 千葉県の胞状奇胎発生数は年間100例程度でありその約1/3は当院で管理されています。侵入奇胎、絨毛がんは年間10例前後治療していますが、他院で治療後再発症例が多数集まっています。侵入奇胎の寛解率は100%、絨毛がんでも90%程度となっています。
生殖内分泌 月経困難症・無月経・多嚢胞性卵巣・ホルモン異常などの検査・治療を行います。子宮・腟の奇形や思春期の異常にも専門的に対応します。更年期症状に対して、ホルモン補充療法のほか和漢診療科と連携した治療を行っています。
良性腫瘍 内視鏡(腹腔鏡・子宮鏡)による低侵襲手術を広く取り入れており、小さな創ですむため痛みも少なく、早期退院が可能です。また、子宮筋腫や腺筋症に対して、可能な限り子宮を温存しています。
不妊・不育 腹腔鏡検査、人工授精に加え、体外受精・顕微授精などの生殖補助医療を行っています。習慣流産などの不育症についての検査治療を行います。また、卵管の形成・吻合、癒着の剥離、子宮形成術など手術療法も組み合わせて診療を行います。
大学病院の特色を生かし、院内各診療科と連携することで、さまざまな合併症のある患者さんの治療を行うことが出来ます。
子宮筋腫 症例に応じ、薬物治療、手術療法をおこなっています。
子宮内膜症 低用量ピル、偽閉経療法、手術療法などおこなっています。
月経・ホルモン異常 月経異常の原因検索、ホルモン療法などおこなっています。また内科と連携してホルモン異常、多嚢胞性卵巣症候群等の管理をおこなっています。
その他 その他婦人科疾患一般を扱っています。

診療については、千葉大学病院婦人科・周産期母性科のホームページをご確認ください。

千葉大学病院 婦人科・周産期母性科ホームページへ新しいウィンドウで開きます

研究内容の詳細は、千葉大学大学院医学研究院の講座ホームページをご確認ください。

千葉大学大学院 医学研究院 生殖医学ホームページへ新しいウィンドウで開きます

実績(クリニカルインディケーター)