印刷専用ページへ

診療科・部門

認知行動療法センター

診療体制

写真
清水 栄司 センター長
(教授)

医師・臨床心理士・看護師等が連携し、個人認知行動療法を提供します

医師の指導のもと、臨床心理士あるいは看護師等が対面でのマンツーマンの個人認知行動療法の提供を行い、患者さんの問題および生活の質(QOL)の改善を目指します。

原則的に、毎週1回50分の個人面接を連続16~20回程度行い、料金は1回50分1万円(消費税別)で、各種公的医療保険は適用されません。

対象疾患

不安障害(パニック、社交不安、強迫、PTSD、恐怖症など)、うつ病、過食症、不眠症、慢性疼痛、身体症状症、自閉スペクトラム症など。

診療・研究内容

千葉大学子どものこころの発達教育研究センター、千葉大学大学院医学研究院・認知行動生理学と連携しています。
お問い合わせ、お申し込みは、千葉認知行動療法ホームページからお願いいたします。

千葉認知行動療法ホームページ新しいウィンドウで開きます

スタッフ一覧

氏名 役職・職位 専門分野 認定医・専門医等
清水 栄司 センター長、教授 認知行動療法 精神科専門医、指導医
関  陽一 特任研究員 認知行動療法 臨床心理士
中川 彰子 特任教授 認知行動療法 精神科専門医、指導医
浅野 憲一 特任助教 認知行動療法 臨床心理士
大島 郁葉 特任助教 認知行動療法 臨床心理士
浦尾 悠子 特任助教 認知行動療法 看護師
沼田 法子 特任研究員 認知行動療法 看護師